1. こころ

    原爆投下、そして終戦から75年。今日も愛ゆえに人は

    あるところに一人の男が住んでいました。男は男の住む村の長で、村には彼の家族と、たくさんの仲間が住んでいました。男には3人の子供がいて、一番下の子はまだ生まれたばかり。彼らは幸せに暮らしていました。しかしある夏、村を洪水が襲いました。稀に見る長雨で、近くの川が氾濫してしまったのでした。秋になり、いつもは十分な実りをもたらす小麦畑でしたが、今…

  2. こころ

    私達が何を好きになるかは運次第だし、好きの気持ちに貴賤はない。

    多分、私はちょっと人より変わっているのだと思う。テレビに出てくる人を好きだと思ったことはないし。というとちょっと語弊があるのかもしれない。きれい…

  3. こころ

    さよならの豚にありがとうの歌を

    先日、車で道路を走っていたら、目の前に豚さんを運ぶ車があらわれた。2階建てのトラックの1階部分に、豚さんたちは身を寄せあって、荷台から外を眺めていた。…

  4. こころ

    わたしは今日も自由という名の夢を見る

    宇宙のはじまりのこと今から138億年前にビッグバンという現象が起こったという。何もなかった無の中の1点に突然、この世のすべてが生じた。狭…

  5. 日記

    地元佐世保のリゾートホテル「弓張の丘ホテル」に宿泊してきました

    行政がやっている宿泊助成金を使って地元で有名なリゾートホテル「弓張の丘ホテル」に泊まってきた。弓張の丘ホテルは、弓張岳という山の上に立っている。…

  6. こころ

    気負う必要がないのは、人生がほぼ100%運ゲーだから

    夜に電話がなった。発信元を確認すると母からだった。この時間に母からの電話というのは珍しい。電話に出ると嫌な予感は的中して、母は「よく聞い…

  7. こころ

    人生が原理的にどこまでも自分の思い通りな件

    先日、面白い記事を見ました。その記事の中では、人間の錯覚に関する実験が行われていて、実験者は被験者に対して1枚の写真を見せます。写真の中には白衣…

  8. 音楽

    音楽のこと

    私の父は作詞作曲家で、私が幼い頃にはもう、自宅のスタジオにこもって音楽の制作に打ち込む父の姿は私の日常そのものでした。そんな父の影響を受けてギターを弾く…

  9. こころ

    友達と遊ぶことのハードルが年々あがる件

    10代、20代の頃はよく、意味もなく友達をさそってドライブに行ったり、海辺で夕日が沈むのを見ながらくだらないことを話したりしていた。しかし最近は、めっき…

  10. ニュース

    新型コロナウィルスCOVID-19についてのデータまとめ

    連日、新型コロナウィルス(以下コロナ)の動向を見ているので、情報をまとめたいと思います。世界的なコロナ感染者数の現状2020年3月24日時点で世…

フェイスブックページ

ツイッター

インスタグラム

スポンサーリンク

  1. お金

    仮想通貨は終わりじゃない?Zaifハッキングに思う、仮想通貨のこれから
  2. 人間関係

    人は褒めて伸ばすべきか、叱って正すべきか。それを知るための一つの事実
  3. Linux

    Linuxを愛する私がMacBookPro ME865J/Aを一日さわってみた感…
  4. スポット

    400年近く前の木造建築に圧倒されました!京都、清水寺の写真
  5. 写真

    写真コンテストで銀賞をいただきました。
PAGE TOP