こころ

  1. 不自由な自由市民たちの詩

    私達は封建制度の時代を超え、民主主義かつ資本主義の時代を生きています。どうやらこれは、人類歴史上における自由の頂点にあるようです。つまり私達はと…

  2. 人と話をすることのハードルが年々あがる件

    最近は昔ほど脊髄反射的に口を開かなくなり、そうすると会話というものは案外難しいものだなあ、、、と思うことが増えてきました。たとえばどの会話術の本にも書い…

  3. この心の底から湧きいでる、人に好かれたいという気持ち

    皆さんは人に嫌われるのと好かれるの、どちらが好きですか?私は、人に好かれるのが好きな方の人間です。おそらく、現代に残っている人々のほとんどは、人に好かれ…

  4. 楽しかったあの頃のことは、世界中の金を積んでも買えない。

    だいたいの大切にされている古いものというのは、たくさんの人の命に触れてきたものですね。この命というのはつまり、時間のことです。ふだん意識すること…

  5. バチなんて当たらないから、思うように生きなさい

    先日、妻の元気がなかったので話を聞いていると「私があんなことをしたから、バチがあたったのかなあ」と珍しく気弱な発言をしてきたので、私は驚くとともにこう思いました…

  6. 人間関係、人付き合い、幸せであるための生き方について考えてみたのです

    ある人は、人の悩みの100%は人間関係での悩みであると言っていました。つまりここ、人間関係をクリアすれば人間は幸せに生きられるはずなのですが、さて、どう…

  7. 恋人が欲しいひとへ送る、人から拒絶されない方法

    先日、友人と話していて彼は「恋人が欲しい気持ちはあるけれど、声をかけるのは面倒くさいという気持ちになってしまう。でもそんな自分を変えたいとも思っている。…

  8. 私は欲のかたまりで、覚悟なんて持っていなかったと胸を張る

    私はこれまで、覚悟があれば人は何をしてもいいよね。と思っていました。つまりスポーツハンティングなんていう、非道に思えるような事も「何を言われてもいい!俺はや…

  9. 3.11から7年 – 嫌われ松子の一生の中に見る自己責任という無責任

    「嫌われ松子の一生」という映画を見たことがあるでしょうか。2006年に製作されたこの映画を、私が初めて見たのは、10年くらい前だったかと思います。映画は…

  10. 久々に思いきり風邪を引いてしまい困りはてた感想

    悲しいかな、私はあまり体がつよくはないのだろうなあという事を、最近よく思う。近頃はだいたい月に一度くらいの頻度で、何かしら体の不調を感じている。まあその…

スポンサードサーチ

最近の記事

最近の記事

スポンサーリンク

  1. こころ

    この心の底から湧きいでる、人に好かれたいという気持ち
  2. 日記

    コロナウィルスの影響によるマスク買い占めについて思うこと
  3. スポット

    佐世保観光マイスターの旅。旧陸軍佐世保要塞跡地「石原岳森林公園」
  4. 人間関係

    わざわざスピードを上げて、車線に入ろうとする車を妨害するドライバーについて
  5. レビュー

    全てのものは無言のメッセージを発している。情報過多の時代の僕らの生き方。
PAGE TOP