こころ

私達が何を好きになるかは運次第だし、好きの気持ちに貴賤はない。

多分、私はちょっと人より変わっているのだと思う。テレビに出てくる人を好きだと思ったことはないし。

というとちょっと語弊があるのかもしれない。

きれいな人だなとか、かっこいい人だなとは思うことがある。

とはいえ、芸能人の誰それが出るからという動機でテレビ番組を見たことは、これまで一度もないと思う。

ましてや芸能人を好きだと思ったことは一度もない。

子供のころは人とはなしを合わせるためにテレビの誰々が好きだなんて言っていたこともあった。

しかし当時、あれは無理やりひり出したアレだった。

実際に私が好きだったのはゲーム、漫画、パソコンだったのだ。

完全に陰キャです。本当にありがとうございました。

そんな私なので当然のようにアイドル等には今も昔も興味がない。

しかし最近、義妹があるアイドルグループにハマってしまった影響で、妻もそのアイドルグループの映像を見たり曲を聞いたりするようになった。

そんな中ふと、アイドルにどハマって何十万というお金を浪費してしまったという人のはなしを思い出して、妻がそんなふうになってしまいやしないか、心配になったのだった。

そこでひとつ、妻はそんな風になったりする感じはあるのかどうか聞いてみることにした。

すると妻は、全然そんな大金をかけたりするような好きさではないと答えた。

私はその答えを聞いてホッとしたが、妻は言葉を続けた。

「でも、あなたはパソコンに何十万円もかけているよね。それと本質は一緒だよね。」

私は一瞬、ムっとしたのだった。

私のコンピューターに対する真摯な愛と、アイドル好きの気持ちを一緒にされては困るぜ、と。

すぐにもっともらしくその旨の反論をしようと思ったが、私の口から客観的に見てイケてそうな答えが出ることはついぞなかった。それはそうだ。

私がちょっと高尚だと思いたかったコンピューターや漫画やゲームに対する愛は、アイドルが好きという気持ちと何ら変わらないのだから。

ちょっと考えると当たり前のことかもしれないし、妻にとっては多分ずっと前から当たり前のことだったのだろう。

どうやら自分はいつからか勘違いをしていたようだ。

好きの気持ち

好きっていう気持ちが、能動的なものなのか、受動的なものなのか、自分にはいまいちよく分からない。

いや、多分受動的なものなんだろう。気づけばそこにあるのが「好き」ってやつだ。

そう言えばプロゲーマーの梅原大吾氏が自著の中で「好きというのは呪いのようなものだ」ということを語っていた。

世の中であまり良いものとされていないことを好きな人、みんなが共感できることじゃないだろうか。

対象がなんであれ、好きである以上、好きになっちまったもんは仕方ない。

ただその人が好きなモノゴトというのは、言わばその人が信仰する宗教のようなもので、誰かの信じる宗教を馬鹿にしたり、無理矢理改宗させるようなことがあるとすれば、そこに戦争が起こることもまた歴史の必然なのであった。

そんなワケでこの度、高尚なモノ、高尚でないモノ、なんていう括り方は無意味であるという結論に至りました。

とはいえ往々にして、昨日は自分と同じ価値観だったあの人が、今日はもう自分とは別の世界の住人になってしまっていたりするワケで、それが近しい人間なら離れて暮らすのがお互いの平和のためによかったりだったりして。

人生って相変わらず運要素ハンパねーなーなんて、今日も思ったのでした。

気負う必要がないのは、人生がほぼ100%運ゲーだから

ジャンルとしては同じ「ゲーム」に違いないのに、将棋は一日中やることが許されて、スマホのゲームは良くない、みたいな風潮、気を抜くと作りがちですね。

両者の違いはそれが社会的にどれほど認められているか、とか、将来的にどれだけ金になりそうか、ってところでしょうか。

こんな理由ならばクソくらえって思いますが、自分も割と毒されやすいんですよね。

おしまい。



本日もG線上のきりんにお越しいただきありがとうございました。

スポンサードサーチ

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう
🍀

更新情報をお届けします

関連記事

  1. 日記

    なぜ自分が知識を得る事を好むのかという事について考えたこと

    僕は本を読んだり、文字を読んだりするのが好きです。知識をえるのが好…

  2. 日記

    戒めとしての浮かれすぎキャンプ体験日記

    さる土曜日、アウトドア導師である友人Tに誘われ、キャンプをする事になっ…

  3. 日記

    3年前から決めていた日に結婚しました。結婚して変わったこと

    5月の7日に結婚式をあげてから、早くも2ヶ月が経ってしまいました。…

  4. こころ

    人は錯覚の中でしか生きられないけれど、それを選ぶことは出来る

    先日、久々に友人たちと火を囲んでのバーベキューを楽しみました。ここ…

  5. こころ

    人と話をすることのハードルが年々あがる件

    最近は昔ほど脊髄反射的に口を開かなくなり、そうすると会話というものは案…

  6. レビュー

    堀江貴文氏著「ゼロ」を読んだ感想

    「35歳までに読んでおくべきビジネス書」という記事を見て、ランク入りし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

スポンサーリンク

  1. 未来

    自動運転車の普及した未来のメリットを5つ考えた
  2. 健康

    究極のアンチエイジング!美しさと健康のもとはタンパク質にある。
  3. お金

    不自由な自由市民たちの詩
  4. 結婚式のメインカメラマンをやってきました。ストロボを使っても間接照明を美しく撮影…
  5. スポット

    江戸時代の豪農の家が想像以上に立派だった。諫早ゆうゆうランド
PAGE TOP