コミック

世の男たちは猛男を見習うべし!映画化された「俺物語!!」の原作コミックが愛おしすぎた感想

まさか自分が32歳になってマーガレットコミックスにハマるとは・・・。

最近映画化されたということで評判「俺物語!!」のコミックスを見てみました。

俺物語!!の主な登場人物

高校生とは思えないほど体格に恵まれた剛田 猛男が本作の主人公。
ormngtr_007

ormngtr_043

完璧な肉体にやどる完璧な魂。

まさに人間離れした聖人です。本当にありがとうございます。

そしてこの猛男が大好きなのが本作のヒロイン、大和 凛子
dlmangaBK.info_037

さすがは猛男の彼女、この子も容姿、性格ともに完璧です。

猛男の事が大好きで、趣味はお菓子づくりという乙女っぷりは非の打ち所なしです。

そして本作のヒーローandヒロインを支える重要な人物 砂川 誠

01_p100

ご覧の通りの彼は凄くモテるのに全く女子に興味を示さず、猛男の事を(友達として)愛してサポートするという参謀キャラです。

そして彼の姉は小さい頃から猛男の面倒を見ているのですが、彼女もまた猛男の事を(男として)愛しています。

01_p122

俺物語!!のストーリー

上に紹介した3人を軸に高校生の学生の日常が描かれています。

基本的には猛男がいかに大和の事が好きか。

大和がいかに猛男の事が好きかという事が綴られていきます。

猛男が大和を喜ばせようという時には砂川 誠(スナ)が一緒になってプランニングしてくれます。

3人の聖人から紡がれるストーリーは一切の嫌味がなく、ものすごく朗らかな気持ちで読み進める事ができます。

猛男の大和を見る目はいつも優しい

そもそも僕はこの素晴らしいバランスのストーリー(原作/河原和音)もさる事ながら、絵(作画/アルコ)がかなり気に入っていまして。

巻を追うごとに少しずつ角が取れていく猛男の描写がすばらしくてですね。

ore-monogatari-08_166

すごくセンスいいなと思います。

ore-monogatari-08_193

Amazonでの評価も文句なしの★5。

俺物語!! コミック 1-10巻セット (マーガレットコミックス)
アルコ
集英社
売り上げランキング: 3,844

少女漫画というと、どの女がどの男を狙って寝とって三角関係でドロドロですごい。的なイメージでしたが、この「俺物語!!」は本当に清々しいです。

万人に心からオススメできる様なこういう漫画は結構珍しい気がします。

僕は猛男も大和も砂川も大好きになりました。

現実につかれた時に癒やしてくれる、こういう漫画がもっと世界に増えて欲しいなと思います。

正月休みは「俺物語!!」を大人買いして、こたつやフトンの中でごろ寝して読んで、「俺物語!!」の3人の織りなす採れたて果汁みたいなキュルルン☆感に身もだえしてみてはいかがでしょうか。

本日もG線上のきりんにおこしいただきありがとうございます。

それではまた。

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう
🍀

更新情報をお届けします

関連記事

  1. Mac

    壊れたCFカードから写真データCR2を取り出すことに挑んだ記録 その2

    ふて寝して翌日。途方にくれた僕はこんな顔をして過ごしていました。…

  2. コミック

    何かを追究している人が見るべき良作。東村アキコ氏著「かくかくしかじか」を読んで

    ずっと気になっていた漫画なんですが、ようやく見ることが出来ました。…

  3. お店紹介

    佐世保産のはちみつが美味しかった。長崎花蜜の話

    僕の中でいま、はちみつが小さなブームになっている。人生で二度目の出来事…

  4. お店紹介

    Evernote使っている人は絶対買ったほうがいいiPhoneアプリ「Todayee」

    周りを見渡してみると、Evernoteを使っていない人の方が多い感じな…

  5. レビュー

    象印とサーモスの水筒を比べた。豊かさとともに穏やかなる象の容貌(かお)

    水筒が欲しい。車でどこかへ出かける度にコンビニの100…

  6. こころ

    夏フェスに行く前に準備するもの!スカイジャンボリー2017に行ってきた

    タイトルどおりなんですが、先日、生まれてはじめて「夏フェス」というもの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

スポンサーリンク

  1. ウェブサービス

    新しい習慣を作りたい人に教えたいタスク管理ツールToodledo
  2. お金

    国は借金を返す為にお金を刷りまくればいい。何が悪いの?
  3. レビュー

    DJ10-46プロデュース、ラッパー「ホロンバイム」による「ローカリスト」
  4. スポット

    長崎県美術館のミュシャ展に行ってきました。
  5. 日記

    どこまでワガママなんだろう。僕がブログを書き続ける理由を語ります。
PAGE TOP