日記

仕事が大好きな職人だった、爺ちゃんの話

僕のじいちゃんは、もう亡くなったんですが、ペンキ職人で、腕一本で沢山の家族を養って居ました。

それこそ仕事仕事の人で、僕の叔父に事業を譲ってからもずっと、現場の事を気にして、七十くらいに癌にかかって働けなくなってからも、死ぬまで仕事を愛した人でした。

そんな爺ちゃんの後ろ姿をみて育ったので、僕も仕事というものについて結構真剣に考えています。

この人生できっと、僕も爺ちゃんの様に大好きな仕事に巡り会えると信じているんですね。

そんな事を思ったのはこの間仕事について書いてある本を読んだからなんですが。
そこに結構刺さる言葉が書いてあったのでご紹介したいとおもいます。(大体のニュアンスで)

仕事というのは、究極まで分解すると「繰り返される作業」であると。

その作業をどれほど繰り返しても苦にならない作業を見つける事が、仕事を心から好きになれる方法である
と。

その時、人は大きな事をなすことが出来ると。

僕の好きな事ってなんだろう。
少なくとも今勤めている会社の作業が、全て好きであるとはいいにくいです。

例えば僕はプログラムを書くのが好きなんです。

自分の書いたコードが無駄なく、理路整然と動く事に芸術性を感じるからです。

でも、フールプルーフと言われるような、設計時に意図しないような入力が行われた時に、それを警告する的なコードを書くのは好きではありません。

似たような振る舞いの為に、少し変更したコードを書く様なことも出来ればやりたくありません。

あえて非常にわがままを言わせて貰えば、本質の部分が書けたらそれで満足で、それをサポートする部分を書くのは好きでないんですよね。

でもほとんどの場合、そこをおろそかにした場合、商品にならないんですよね。

だから、百パーセント好きな事ではないのかもしれません。

なるほど、道理で出世しないはずです笑

書いてみて凄く納得してしまって自分でも驚いていますが。

やはり、自分は芸術に魂の救いを求めている気がします。

ほかの誰にも出来ない自分にしかなし得ない事に、出来ればずっと労力を注いでいたい。

改めてそう思いますね。

そう言う気持ちがこのブログを始めた気持ちの源泉なのですかね。

自分語りになってしまって申し訳ないんですが、自分のブログなんで好きに書かせてもらいました笑

うちの爺ちゃんは、体を動かす事やペンキを塗るのが本当に大好きだったんだろうなあ。

爺ちゃんの孫として生まれてきて本当によかったと思うよ。

ありがとう爺ちゃん。

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう
🍀

更新情報をお届けします

関連記事

  1. こころ

    自由に恋い焦がれるから自由主義者なんだね

    先日書いた記事に、下記のコメントをいただいた。拝読して、ジョジ…

  2. 日記

    大人の強みを活かしたい。30歳を超えた人の生き方。

    32歳になる記念にーとはじめたこのブログも、一年の月日が流れました。…

  3. 日記

    例えばあなたが署名を求められたとき、無意識の中で起こる「知っておくべきこと」

    人間の意識というのは顕在意識と潜在意識に分けられているといいます。…

  4. レビュー

    安くて超便利の最強テレビ録画装置「ナスネ」が欲しくなりました。

    友達から「トルネ」をもらってからというもの、テレビ欄を見て気になる…

  5. こころ

    人と話をすることのハードルが年々あがる件

    最近は昔ほど脊髄反射的に口を開かなくなり、そうすると会話というものは案…

  6. 日記

    誤解を恐れずにいえば、私はもう頑張る事をやめようとおもった話

    本日紹介する楽曲は完全に懐メロで、私がまだ幼い子供の頃に親が聴いていた…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

スポンサーリンク

  1. イベント

    「デカフェで」というオシャレ気取り。カフェインのデメリットと離脱症状に襲われて
  2. 写真

    冬の国見峠の山頂、激寒いっす。私の星空撮影テクニックをご紹介
  3. スポーツ

    僕が写真を始めた理由、これから撮りたいもの、情熱の在処
  4. 日記

    2020年を生きる
  5. こころ

    人と話をすることのハードルが年々あがる件
PAGE TOP