レビュー

気持ちが落ち込んだ時に僕が考えている事。「反応しない練習」を読んで。

3668323842_4c0cce1536_z

生きてたら色々ありますので、なんだか暗い気持ちになってしまうことも多いかと思います。

そういう気分におちいったとき、いかに早くフラットな気分に戻すことが出来るかっていうのが、いわゆる「人間力」とかって話になってくるのだと思うんですが、自分にとって結構いい方法を見つけたのでシェアしたいと思います。

「反応しない練習」

を読んでっていうか、オーディブルっていうサービスで読み聞かせしてもらったんですけど。
http://giraffeong.com/?p=3526

「これは妄想である」

人間が妄想することというのは、脳内では実際に起こっていることのように扱われているみたいで、人は妄想に入り込んでいる時に、すぐさまそれを妄想と気づくのはなかなか難しい事らしいです。

しかし自分が妄想をしている事に気づいた時にはこう言いましょう「これは妄想である」と。

過去は既になく、未来はまだ無い

過去のことを思いわずらうのは無意味です。それは妄想です。

未来のことを思いわずらうのは無意味です。それは妄想です。

誰かが自分の事をどうおもっているのかを思いわずらうのは無意味です。それは妄想です。

という具合です。

我々にとってはこの瞬間しか存在せず、期待も恐れも過去も未来も妄想ならば、この瞬間に全力を投入して出来る事を精一杯やろうじゃないかという事ですね。

これがもっとも合理的なことだよというお釈迦様の教えです。

仏教というのは無論、宗教の一つなわけですが、その実態はお釈迦さま(ブッダ)が生涯をかけて探求した「人生の苦悩を避けるための哲学」なんですよね。

宗教である仏教は後の世でブッダの弟子の誰かが作ったものなワケで。まあ僕はカトリックなのですが、有用なものは何でも使いたいと思っています。

僕がブッダの教えの中でも一番ありがたく感じているのは「悩みを逃れるために自分を苦しめる事(苦行)が無意味である」と語ってくれたことですね。
この教えによって我々はあえて自分を痛めつける必要がなくなりました。

本日もG線上のきりんにおこしいただきありがとうございます。

妄想に心を振り回されそうになった時には「これは妄想である」と心でつぶやいてみましょう。
もっとも集中するべき現実に立ち返ることができるかもしれません。

それではまた♪

反応しない練習  あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」
草薙龍瞬
KADOKAWA/中経出版 (2015-07-31)
売り上げランキング: 371

次回もくもく会の告知

あ、次回の「(もくもくしてない)もくもく会」は4月30日(土)に決定いたしました!(わーぱちぱち)
よろしくお願いしまーす♪

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう
🍀

更新情報をお届けします

関連記事

  1. Mac

    タイピングのレベルまで上がっちゃう。世界最高峰のキーボードブランド HHKBの lite2レビュー

    どうもこんにちはこんばんは。本日もタイピングする時間がやってきまし…

  2. レビュー

    MediaMation MX4Dの映画を体験した感想

    日本に16箇所しか設置されていないというMX4Dという映画視聴システム…

  3. レビュー

    我が家スマートホームになれり!から2週間経った今の感想

    前回の記事で、我が家がスマートホームになったことを書きました。ht…

  4. 日記

    ルールは人を守ったり、ダメにしたりする

    先日、叔父の家でテレビを見ていました。政府の元偉い人が偉かった…

  5. 人間関係

    あなたは私であり、私はあなたである。全ては自分自身だ。

    先日、大切な友人と美味しいご飯を食べていた時のこと。好きな人と…

  6. 日記

    いわゆるひとつのライアーゲーム。「人狼ゲーム」で男泣き

    皆さんは人狼ゲームというものをご存知だろうか。僕も名前だけは知…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

スポンサーリンク

  1. 日記

    ルールは人を守ったり、ダメにしたりする
  2. スポット

    【写真大量】佐世保市の軍港クルーズに行ってきました
  3. ニュース

    99円で4ヶ月!本と音楽が楽しみ放題 – Amazonが期間限定キャ…
  4. ライフハック

    人は習慣によって作られる。良い習慣を簡単に身につける方法
  5. ニュース

    Appleが広告ブロック機能を標準搭載した事で変わる、これからのネットの未来
PAGE TOP