日記

  1. 象印とサーモスの水筒を比べた。豊かさとともに穏やかなる象の容貌(かお)

    水筒が欲しい。車でどこかへ出かける度にコンビニの100円コーヒーを買っている事実を、いいかげんにどうにかしたいと思った。コンビニのコーヒーはとて…

  2. モンゴルに到達するも夢叶わず。名護屋城にみた兵どもが夢の跡

    以前に「鷹島いいっすよ〜」という話を聞いて以来、ずっと心の中に鷹島の事が引っかかっていた。最近はわりと暇になったので、「どれ鷹島という島でも見てやるか」…

  3. 自分のイビキの確認がしたい人へ。睡眠中の様子を見守るSleep Cycleが面白かった

    私の年代はいわゆるデジタルネイティブの1世代目に当たるのではないだろうか。物心がついた頃、家には既にスーパーマリオがあった。昼から夜の間スーパー…

  4. iPhoneに帰ってきました。AndroidからiPhoneに代えて感じたこと5つくらい

    ずいぶん昔、iPhone3GSを使っていた。その頃はMVNO(格安SIM)はおろか、iPhoneを使うためにはソフトバンクと契約をする他がないという状況…

  5. 肩すかしブレードランナー2049と”新米野郎!”の呼び声に秘められた愛につい…

    今月もまた映画の日につられてホイホイと映画を見に行くことにした。「関ヶ原」と「ブレードランナー2049」とどちらにしようか迷ったのだが、結局ブレードラン…

  6. 穴あきのパーカーと打ち捨てられたエビたちの尻尾

    そろそろ冬がやってくる。特段に冷えた10月上旬のある夜、今年初めての長ズボンをはいた。約一年ぶり、太ももに感じるスウェットのモコモコ感が心地いい。…

  7. 悲しみにむせび泣き!かじりついたあのベッドの香り

    「生きるとは苦しみである」こう語ったのはお釈迦さまであるが、お釈迦さまがどうやらその様な事を言ったらしいと妻に伝えると「暗い所にばかり目を向けてんじゃな…

  8. スケートパークを求めて。佐世保市民と佐世保犬のオアシス、烏帽子岳

    久しぶりに家の近くの烏帽子岳という山に登ってきた。近くとは言え、今調べてみると標高は568メートルもあり、車であってもグネグネとした山道の上り下りは一苦労の…

  9. 海、耳抜きの実際が分かった34歳の夏

    小学生の頃には毎年夏休みになると、フェリーに乗って崎戸という島に渡ったものだった。父の高校時代の友人がその場所で漁師を営んでおられたので、数日間そこに泊めて…

  10. あなたはもう、バーチャル・リアリティ(VR)の欠点をご存知だろうか

    先日、友達がVRデバイスOculus Rift(以下オキュラス)を購入したと言うので、どんなもんか試しに遊ばせてもらいに行って来ました。Oculus R…

最近の記事

最近の記事

  1. レビュー

    象印とサーモスの水筒を比べた。豊かさとともに穏やかなる象の容貌(かお)
  2. 日記

    わたしという人間
  3. レビュー

    世界平和の実現には、すべての情報がオープンになればいい。
  4. お金

    「心の豊かさ」とは何か
  5. レビュー

    DJ10-46プロデュース、ラッパー「ホロンバイム」による「ローカリスト」
PAGE TOP