スポット

自律神経と浅子海水浴場

先日、モニターを見ていると頭が痛くなるという状態異常に見舞われた。

例えば人ひとりが一生の間にモニターを見られる時間が定められていて、その時間を超えると頭痛が起こりモニターを見ることができなくなるということだとする。

であれば私はすでにその規定時間を超えていて、今後はロスタイムを使ってだましだましモニターを見ることしかできないのだろう。

しかし最近の頭の重さ、倦怠感。この感じは以前にも感じたことがあると思い、耳鼻科の門を叩いた。

毎度の如くアレルギー性鼻炎(もしくは副鼻腔炎)であるという診断を受けるのだが、今回の不調もこの問題に起因していると今は信じる他ない。

また、最近は赤子と布団を並べて眠るようになったことも原因の一つかもしれないと思う。

赤子は夜中に突然泣く。それは一晩で一度きりだったり、3度泣いたり、時間も2時だったり5時だったりする。

子育て中の両親に安眠はないのである。

これまで夜にまとまった睡眠を取れていた肉体が、それが叶わなくなり、そういったところで歪(ひずみ)が生じているのかもしれないと感じる。

私の中の自律の神経がヘソを曲げている可能性。

すべて自分で望んだこととは言え、こんなことは経験してみなければわかるはずがなかった。

空が白み始めた頃にひょこりと起き上がり、無邪気に笑いながら私の睡眠を妨害してくる赤子を、私は泣きながら笑って抱くのだ。

「今日も元気で本当によかった。かわいいなあ。」と。



そんな折、兄と予定があったのでワクチンを2回接種した者同士、二人で小さな旅に出た。

兄は車の運転が上手いと感じる。車一台がギリギリ通れるかどうかという産道のような道を抜けると、浅子海水浴場に到着した。

この海水浴場に訪れたのは始めてで、それどころか名前も聞いたことがなかった。

この町のことは全部知っているつもりでいたが、全くそんなことはなかったのであった。

あいにく天気は雨だったが、久しぶりに踏んだ砂浜はじわりと緩み、足跡には海水が流れ込む。

歩みをすすめるたびに並列に繰り返される淀みないプロセス。お父さんが釣りをしていた。

海水浴場の先一帯は半島になっており、半島の付け根の両端は砂浜になっている珍しい場所だ。

私の命とこの浜、どちらが先に時の流れに押し流される運命にあるのか。

防人が海を睨んでいた。

そのあとは昔石炭を船に積んだか揚げたかしたという場所の前を通ったり

冷水岳公園に行ってみたりした。

展望台に設置してある望遠鏡はいつからか無料で使えるようになっており、防人はずっと相浦方面を見ていた。

いつの間にか顔を出した太陽が、私たちの頬を照らしていた。

スポンサードサーチ

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう
🍀

更新情報をお届けします

関連記事

  1. ライフハック

    人は習慣によって作られる。良い習慣を簡単に身につける方法

    人は習慣によってつくられる ということを西洋最大の哲学者アリストテレス…

  2. レビュー

    象印とサーモスの水筒を比べた。豊かさとともに穏やかなる象の容貌(かお)

    水筒が欲しい。車でどこかへ出かける度にコンビニの100…

  3. 写真

    2015年ヨサコイ佐世保祭りのお写真

    もう1週間経つのですねー。早い!2015年ヨサコイ佐世保祭りを撮影…

  4. 写真

    おはし観音 彼岸花撮影会

    本日は僕の写真のお師匠とおはし観音の彼岸花を撮影してきました。花の撮…

  5. 日記

    生きることはそれ自体、すべてが仕事なのかも知れない。

    最近は仕事が面白くなってきた。やっぱりふと考えてみたときに、い…

  6. スポーツ

    僕が写真を始めた理由、これから撮りたいもの、情熱の在処

    今夜もチルアウト僕は当時、スケートボードに夢中…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

スポンサーリンク

  1. Mac

    Macbookのコントロールをコマンドキーにするけどターミナルではコントロールに…
  2. レビュー

    もっと早く買えばよかった。お掃除ロボットの素晴らしさに感動した
  3. プロジェクト

    3/26(土)させぼ市民活動交流プラザで「無理のない」ことをしたい。
  4. 世間話

    ひび割れた水瓶のお話
  5. Linux

    壊れたCFカードから写真データCR2を取り出すことに挑んだ記録 その1
PAGE TOP