Mac

Macbookの保護の為に、最初にこれだけは買うべきもの

先日、Macbookの画面を見ていたら、ポツン、と何か透明のものが画面上に付着しているのが見えました。

なんだこれ、と爪で引っ掻いてみてもとれない。アルコールで拭いてもとれない。

接着剤のたぐいがついているのかと思って、溶剤でこすってもとれない。

そして僕は、頭にチラチラと浮かんではいたけれど、見ないようにしていた結論にたどりつきました。

「あ、傷だわコレ。」

そういえば、その前日、部屋の掃除を大急ぎでやっていたときに、誤っておしりの下に、ケースに入ったMacbookを一瞬だけ敷いてしまったのです。

Macbookは閉じた時、キーボードとディスプレイが触れ合う

これは前々から気になっていて、Macbookをパカーンと開くと、キーボードの跡がうっすらとディスプレイについてるんです。

いくら薄くしたいからってディスプレイにパーツ当たるのはダメだろって思っていました。

そしてこの事がとうとう、ディスプレイの傷につながってしまったようです。

Macbookを座布団にしてしまったとき、おそらく何らかのゴミがパームレスト(手首を置く所)にあって、それがディスプレイに傷を付けたんでしょうね。

ということで・・・

Macbook買ったらまず、ディスプレイを保護するシートを買ったほうがいいよ

僕のつけた傷は幸い1ドット程度のものだったので、修理の必要はないんですが、ディスプレイを修理しようとした場合、RetinaDisplay13.3inchの場合4万円くらいするらしいです。

コレ以上傷を付けないためにと、ディスプレイの保護シートを購入しました。

この商品、厚さは0.2mmといえど、やはりその中でも光は乱反射しているようで、Retina Displayの良さは2割減ってところです。

おかげで、ディスプレイの小傷は目立たなくなりましたけどね。サイズは完璧でした。

上でも書いているとおり、Macbookはキーボードとディスプレイが触れてディスプレイが汚れますので、保護シートさえ貼っておけば付いた汚れもゴシゴシ拭けるので調子がよいです。

ついでに、トラックパッドが割れる事もあるという話を聞いていたので、ここも保護しようという事で、こいつも同時に購入しました。

パワーサポート トラックパッドフィルム for MacBook 13inch/MacBook Pro 15inch PTF-50
パワーサポート (2008-12-05)
売り上げランキング: 788

ちなみに、Macbookを持ち歩く時には、僕はこのケースを使っています。

以前買ったときはもうちょっと高かった気がしますが、ずいぶん安くなっていますね。

このケースは本当に、安価なわりによく考えてあってとても使えます。

サブポケットにはタブレットも入りますし、イヤフォンを常備するのにも使っています。

本日もG線上のきりんにおこしいただきありがとうございます。

これらを買ったからと言って、便利になったり性能が上がったりするわけではないんですけどね。

安くないものには保険をかけておくのも大切な事ですね。

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう
🍀

更新情報をお届けします

スポンサーリンク

関連記事

  1. コンピューター

    プログラミング技術が必修になる。2020年からの小中学教育

    先日、会社に18歳のハーフの子が短期のバイトとして入ってきました。…

  2. コミック

    コミック「メイドインアビス」を読んでみた感想

    久しぶりにすごい漫画に出会ったなっていう感じです。前回のコミック「…

  3. お店紹介

    Evernote使っている人は絶対買ったほうがいいiPhoneアプリ「Todayee」

    周りを見渡してみると、Evernoteを使っていない人の方が多い感じな…

  4. コンピューター

    “仮想通貨の価格:0.06BTC”って分かんないから簡単に換算できるウェブア…

    久しぶりにウェブアプリを作りました。暗号通貨・仮想通貨変換機 Fo…

  5. レビュー

    無意味で、全てであるもの。映画「セッション」を見た感想。

    先日、「セッション」という映画を見ました。※多少中身に触れるの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

スポンサーリンク

  1. レビュー

    肩すかしブレードランナー2049と”新米野郎!”の呼び声…
  2. 日記

    誤解を恐れずにいえば、私は天才なのだと思った事。
  3. 写真

    HTBよ永遠に。HTBpark last partyの写真
  4. 祝させぼ通信1周年。なぜ山頂の野良猫に餌を与えてはいけないのか
  5. お店紹介

    波佐見町にある整骨院的なところ「ゼロ均整院」に行ってきた話
PAGE TOP