レビュー

本を集中して読むために使えるテクニック

最近気になる本はすぐに買ってしまうために、部屋に未読の本が積みあがる、いわゆる積ん読状態になってしまいました。

これはどげんかせんといかんと思い、かつて志した「速読」というものに改めて取り組んでみようと思い立ちました。

と言っても、あるウェブサイトを読んでる最中に速読の話が目にとまったというだけなんですけどね。

おうおうにして、目に留まること、気になった事というのは、今の自分にとって必要だったりするものです。

色々な速読のテクニックは存在するようですが、その中でも目を引いたのは「フォトリーディング」というものでした。

フォトリーディング

いまだ3分の1くらいしか読めていないのですが、なかなかおもしろい内容です。

たとえば、本を集中して読む方法というものが書いてありました。

みかんを後頭部15センチくらいの場所に浮かべる

突然でまったく意味がわからないと思いますが、これが本当に書いてあるからおもしろい。

本を読むときは、後頭部上空15センチほどの場所に意識を集中して見るとよい。という事なんですが。

実は古来よりこういう事は知られていたようで、たとえば魔法使いの三角帽子は、後頭部に意識を集中するためにある、などという事が書いてあります。

読む前に意識を集中する。

その本によるには、読む前には背筋を伸ばして姿勢を正し、軽く瞑想をして、なぜ自分はその本を読むのか、目的を明確にしたうえで読むように、とかいてあります。

読書は甘くないってことですね・・・。

しかし、このフォトリーディングをマスターすると、一ページを約1秒で読むことができ、それを3回くらい繰り返す事で内容の75%くらいを理解する事ができるという事です。

まったくもってまゆつばの話やな(笑)と感じていらっしゃると思いますが、なかなか読ませる本です。

しかし僕はダラリと寝転がった状態で本を読むのが好きなので、いつも姿勢を正さなければいけないという事になればこれは困ったなあと感じております。

はてさて、私は速読法「フォトリーディング」をこれからマスター出来るのでしょうか。

マスターする気はまんまんですが、まあたとえ10%でも読むスピードがあがるとすれば、それだけでも十分に価値があるものだと思いますね〜。

偶然にもちょうど今しがた「ヒストリア」を見ていて、徳川家康は読書によって知恵をえて、国を治めていたという話がありました。

「物事のただしい筋道を知るには本によってしかない、みんなが本を読めば争いはなくなる」というような事を言っていたらしいです

(ブログを書きながら見たのであいまいですみません(笑))

本当に読書は世界を救うのか?すくなくとも僕の事は救ってくれているのかな。w

本日もG線上のきりんにおこしいただきありがとうございます。

それではまた♪

[新版]あなたもいままでの10倍速く本が読める
ポール R.シーリィ
フォレスト出版
売り上げランキング: 9,479

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう
🍀

更新情報をお届けします

関連記事

  1. レビュー

    自分のイビキの確認がしたい人へ。睡眠中の様子を見守るSleep Cycleが面白かった

    私の年代はいわゆるデジタルネイティブの1世代目に当たるのではないだろう…

  2. Linux

    リナックス(Linux)入門におすすめの学習本!漫画で最高にわかりやすい「シス管系女子」レビュー

    今日はLinuxの便利さについて、とても分かりやすく説明してある本をご…

  3. レビュー

    失敗した買い物シリーズ〜macアプリ「OmmWriter」その致命的バグ〜

    既にタイトルで出落ち感半端ないのですが。ものごとには失敗がつき…

  4. レビュー

    長時間のバスなどの車中旅行の前に準備しておくと良いもの。A.首枕

    先日、ぼくは鹿児島県の東側の半島、大隅半島に向かっていました。…

  5. レビュー

    肩すかしブレードランナー2049と”新米野郎!”の呼び声に秘められた愛につい…

    今月もまた映画の日につられてホイホイと映画を見に行くことにした。…

  6. ゲーム

    「連鎖ノ試練」 答え合わせ- エンジニア専用RPG CODE QUESTで使ったコード

    ツイッターを見ていたら面白そうなツイートが流れてきた。┏┳┳┳…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

スポンサーリンク

  1. 日記

    食事をしながら本を読むことについて。
  2. お店紹介

    穴あきのパーカーと打ち捨てられたエビたちの尻尾
  3. 日記

    (どうでもいい)悪い(?)事を無くそうとしたら、かえって悪くなる話 –…
  4. 健康

    早起きの習慣がほしくて、早起きについて調べたこと、そして感じたこと。
  5. 人間関係

    人の幸せを自分の事のように喜べるという事。
PAGE TOP