Mac

タイピングのレベルまで上がっちゃう。世界最高峰のキーボードブランド HHKBの lite2レビュー

どうもこんにちはこんばんは。

本日もタイピングする時間がやってきました。

みなさんにおかれましてはいかがお過ごしでしょうか。

先日MacBookPro ME865J/Aを購入したんですが、キーボードがWindowsのキーボードと違うんですよね。

大きく違うのがコントロールキーがAの左側についてるんですよね。これUnixマシン系のキーボードの特徴なんですけど。

それで、自宅のメインマシン(LINUX)の方もこの際この配列にあわせてしまおうと思い立ちまして。

ということで昔友達にもらったキーボードを取り付けて使い始めてみました。

最近気づいたんですが、これ想像以上に結構高価なものでした。

大介くんありがとう・・・

HHKB(ハッピーハックキーボード) lite2

何よりシンプル

これがMacbook
IMG_6220

マックブックも相当シンプルですが、HHKBはキーボード単体なので更にシンプルに感じます。
IMG_6222

今まで使っていたキーボードを引っ込めてこれを使い始めたところ、机がめちゃくちゃ広くなりました(笑)

まあしかしもうちょっとカーソルキー大きいほうが自分的には感じがいいかなとも思いますが、これ完全に慣れですよね。

心地よい(らしい)音

普段僕がキーボードを叩いていても、誰かに何か反応されるといった事はほとんどないんですが、先日このキーボードを叩いていると「その音すごくいいねえ」と言われました。

僕的にはキーボード叩く音でかいなコレw と思っていたのですが、その音が心地よいと感じる人もいるようです。

さすがですねHHKB。音までもハッピー!

タイプミスがすごく減りました

明らかにタイピングのしやすさが違うなと感じました。

本当に、僕の場合このキーボードを使うとタイピングのミスが減ります。

おそらくその秘密は適度なキーボードの沈み込みの「あそび」なのだと思うんですが、なんとも表現が難しいです。

なんか昔使ってたPC98とかのキーボードを思わせる佇まいです。

IMG_6226

最近のキーボードはペラペラなやつおおいですよね。

僕はそういうのも嫌いじゃないんですが、やっぱりこういうキーボードの方が打ちやすいのは確かなようですなー。

カコカコっていう打ち心地が非常に心地よいです。

こればっかりは使ってみないとわかりづらいと思いますが。

地味に後側のUSBポート×2が嬉しいかも知れない

13949535538_404e3ae8e4_b
とはいえ今時USB1.1なので用途はだいぶ限られてきそうですが・・・。

・・・USB1.1の使いドコロが思いつかない。

夏の暑い盛りにはUSB扇風機とか回せまーすってか(笑)

まああるに越したことはないですよね!


このハッピーハックキーボード、UNIX系PCユーザーに、実は絶大な人気を誇っていまして、これの最上位版HHKB proなんて約25,000円(!)もするのです。

しかしそのタイプし心地たるや、まさに超一流のフィーリングとの事で。

僕は使ったことないんですが、一度触ってみたいなあと思っています。

きっとすごく手に馴染むのだろうなあ。

本日もG線上のきりんにおこしいただきありがとうございます。

それではまた。

後日談ですが、その後いただいたキーボードが壊れてしまいまして・・・

最高にオススメできるキーボード!HappyHackingKeyboardLite2を買い直しました。


この記事に続きます~。

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう
🍀

更新情報をお届けします

スポンサーリンク

関連記事

  1. コンピューター

    子供たちに通信端末を持たせることについての功罪

    彼女の妹へのプレゼント先日、彼女の妹が11歳の誕生日を迎えると…

  2. コミック

    世の男たちは猛男を見習うべし!映画化された「俺物語!!」の原作コミックが愛おしすぎた感想

    まさか自分が32歳になってマーガレットコミックスにハマるとは・・・。…

  3. コンピューター

    IIJmioのSIMカードのサイズを変更する際に気をつけておきたい事

    先日、ついに画面バリバリの携帯からピカピカの携帯に替えることができまし…

  4. 日記

    生きることはそれ自体、すべてが仕事なのかも知れない。

    最近は仕事が面白くなってきた。やっぱりふと考えてみたときに、い…

  5. レビュー

    無意味で、全てであるもの。映画「セッション」を見た感想。

    先日、「セッション」という映画を見ました。※多少中身に触れるの…

  6. レビュー

    DJ10-46プロデュース、ラッパー「ホロンバイム」による「ローカリスト」

    僕の同級生である彼の名前は「(10-46)トシロー」僕の20代はス…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

スポンサーリンク

  1. レビュー

    JBL Everest Elite700 実に高性能な耳栓としてのノイズキャンセ…
  2. 日記

    何歳から子供にスマホを与えようと思っていますか。私の考える携帯通信端末との付き合…
  3. 写真

    SIGMA 12-24mm F4.5-5.6 II DG HSM 試し撮り二日目…
  4. 日記

    虫とか出来れば殺したくないし、他者の命を閉じる時は覚悟をもって成すべきだと思う
  5. スポット

    江戸時代の豪農の家が想像以上に立派だった。諫早ゆうゆうランド
PAGE TOP