カメラ用品

西海市の自然は僕の心の故郷感。西海橋公園を散歩してきました写真

先日購入したカメラ用肩かけホルスターの長時間使用の具合を確認するために西海橋公園に散歩に行ってきました。

邪魔にならないしすぐに構えやすい!カメラを首にかける時代の終焉。StrapShotEV1レビュー

うんうん、これはかなり調子がいいぞ!

ホルスターとカメラの結合部は金属が良いって言っておりましたが、これはやっぱりプラスチックで正解なのかも知れない。

金属だったらガリガリ引っかかって大変だよね。

プラスチック同士だからスムーズに滑ってハマっていい感じです。

うん、もうストラップ首かけには戻れない感じです。

西海橋公園をブラブラしてきました

という事で写真をどうぞ

なおちゃんは今日も元気です

なおちゃんは今日も元気です

針尾無線塔

針尾無線塔

旧西海橋

旧西海橋

新西海橋

新西海橋

ぞくぞくする幾何学模様。圧倒的存在感

ぞくぞくする幾何学模様。圧倒的存在感

IMG_6282

新西海橋の下の方に遊歩道が作られており、人の足で渡る事もできるのです。

新西海橋の下の方に遊歩道が作られており、人の足で渡る事もできるのです。

遊歩道から下をみやると、船の上で釣りをしている人。

遊歩道から下をみやると、船の上で釣りをしている人。

遊歩道の中にはアクリルで作られた透明な床があり、そこの上に乗ると尻のあたりがもぞもぞする感じを味わう事ができます。足元を偶然通過する船を撮影

遊歩道の中にはアクリルで作られた透明な床があり、そこの上に乗ると尻のあたりがもぞもぞする感じを味わう事ができます。足元を偶然通過する船を撮影

とんび。いっぱいいます。

とんび。いっぱいいます。

スパルキシスの花が咲いていました。花言葉は「神秘の人」

スパルキシスの花が咲いていました。花言葉は「神秘の人」

でかいたんぽぽみたいな奴もいました。綿毛がたくさん出来る。

でかいたんぽぽみたいな奴もいました。綿毛がたくさん出来る。

数在る桜の木の中でたった一本だけ、たった一つだけ蕾が花開いているものがありました。春まだ遠し。

数在る桜の木の中でたった一本だけ、たった一つだけ蕾が花開いているものがありました。春まだ遠し。

椿を撮影していると偶然、ミツバチがやってきました。この花が一番きれいだったからね。花の「がく」の根本を熱心に調査

椿を撮影していると偶然、ミツバチがやってきました。この花が一番きれいだったからね。花の「がく」の根本を熱心に調査

そしておもむろに中央部に登ったと思ったら・・・

そしておもむろに中央部に登ったと思ったら・・・

ずぼりと顔をつっこみまして、この後動かなくなりました。ミツバチ至福の時

ずぼりと顔をつっこみまして、この後動かなくなりました。ミツバチ至福の時

西海橋公園の鯛宝楽というたいやき屋さんの、芋あんをつかったたい焼きがすごく美味しかったです。

梱包とレジ担当の店員のやるきの無さ不気味なほどでしたが(笑)

奥のほうで働いているおばさんは手慣れた様子でたいやき器を駆使していました。

おばちゃん、たい焼きやいてくれてありがとう。

本日もG線上のきりんにおこしいただきありがとうございます。

それではまた。

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう
🍀

更新情報をお届けします

関連記事

  1. コミック

    新しい世界の未来予想。まもなくバーチャル・リアリティの時代が来ます。

    先日、テレビでバーチャル・リアリティ(以下VR)についての特集を見まし…

  2. 写真

    カメラは本当に、人間の目よりも美しく景色を撮影できるのか。

    写真を人に見せると、よく「目で見るよりも綺麗に見えるね。」とおっしゃる…

  3. 写真

    2015年ヨサコイ佐世保祭りのお写真

    もう1週間経つのですねー。早い!2015年ヨサコイ佐世保祭りを撮影…

  4. 写真

    紫陽花の頃の写真コンテストで入賞をいただきました。

    ずっと実家に置きっぱなしだった入選のお知らせを、家に持って帰ってきまし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

スポンサーリンク

  1. 日記

    北朝鮮はミサイルを撃ってこないと私が確信している理由
  2. 日記

    giraffeong.comは1歳になりました
  3. コミック

    何かを追究している人が見るべき良作。東村アキコ氏著「かくかくしかじか」を読んで
  4. スポット

    戦時中に小学生が掘った大規模な防空壕「無窮洞」に行ってきた
  5. こころ

    慣れること、飽きること、僕らはいつも新しいこと
PAGE TOP