ライフハック

掃除の習慣を身につけたい人は、お掃除ロボを買うとよい3つの理由

お掃除ロボの素晴らしさに引き続き感動するとともに、この機械のもたらす相乗効果がすばらしいので、まとめて書かせてもらいます。

お掃除ロボがもたらす掃除の習慣

掃除を始めるのがとにかく簡単

スイッチひとつで自動的にお掃除をはじめてくれるので、じつに簡単です。

この「かんたんなとっかかり」というのが、じつはものごとを始めるにあたって一番大切だったりするんですよね。

人は、物事を一度初めてしまうと、それに対してやる気が湧いてくるものらしいです。慣性の法則ですね。

無理やり始める事で“やる気”が出てくる!『作業興奮』という心理 – NAVER まとめ

掃除のはじまりは、とにかくお掃除ロボのスイッチを押すだけでいい。

お金を出して導入したお掃除ロボなので、働いてもらえばもらうほどお得なわけです。

その意識があれば、なおさらスイッチを押したくなる。

ものすごいハードルの低さで掃除を始めることができます。

床にものを置きたくなくなる

お掃除ロボが動きはじめると、床にものがおいてあった場合、お掃除ロボがそれを回避して掃除をすることになります。

たいていの人にとっては、床のものをソファの上に移すくらいのことは簡単なことだと思います。

ぼくも、お掃除ロボがうごき始めると、床においてあるものをどこかに避難させます。

これによって、床に着替えが散らばっていたり、箱が置きっ放しになっていたりということを自然な流れでなくすことができます。

少なくとも床面のコンディションは常にリセットできるということです。

床からひきあげたもの達を適切な場所へ片付けたくなる

床のものをお掃除ロボの邪魔にならないところに移動してたりすると、自分のなかのお掃除スイッチが入ります。

床のことはお掃除ロボにまかせて、床上から移動させたものを適切な場所にしまっている自分がいます。

気づくと部屋の掃除が終わっていて、あとは自分の時間を楽しみつつ、お掃除ロボには引き続き掃除をやってもらえるというわけです。

まとめ

ここで強く伝えたいのが、とにかく掃除を始めるためのトリガーの軽さが段違いになるということです。

ぼくはワリときれい好きな方です。汚い部屋にいると落ち着かず、モチベーションが落ちます。

そのため、これまでは重い腰を上げて掃除をしていた自分ですが、今ではごく自然に掃除作業に入ることができるようになりました。

床を掃除してくれる機械があるというだけで、ここまで精神的に楽になるものかと、ほんとうに驚いています。

思えば、物心ついた時にはすでに家には洗濯機がありましたが、これがないときは本当に大変だっただろうなあと。

洗濯板でゴシゴシ、洋服をこするわけですよね。洗濯物をためればためるほど作業量が増える。

ほんと、洗濯機の登場は人類にとっての革命だったと思うんですよ。

そしてお掃除ロボもまた、革命なのです。

きれいな部屋が好きな人はお掃除ロボをすぐにも導入することを心からおすすめします。

もっと早く買えばよかった。お掃除ロボットの素晴らしさに感動した

上の記事に書いたように、すごく安くなりましたしね。

本日もG線上のきりんにおこしいただきありがとうございます。

5924363750_0c892b2a8a_b

優れた道具は作業の効率を何倍にもあげてくれることで、楽しみさえ見出させてくれます。

お掃除ロボはまさに、ぼくにとってそんな存在です。

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう
🍀

更新情報をお届けします

スポンサーリンク

関連記事

  1. 日記

    「日々を大切に生きる」の具体的なこと

    このブログの読者の人たちは何歳くらいの人たちなのか。アクセ…

  2. mvno格安SIM

    佐世保でWimaxはツラすぎたのでSIMフリーのスマートフォンZE500KLを新しく買い直しました

    これまでF01-Fという富士通のスマートフォンを、3年弱くらい使ってき…

  3. レビュー

    神さまを想うという事。星野源「SUN」を聞いて感じたこと。

    最近、星野源という人が歌っている「SUN」という曲が気に入っています。…

  4. コンピューター

    Amazonの7インチタブレットが今なら5,000円で買えちゃうよ!電子書籍の時代です。まだタブレッ…

    Amazonがまた面白いセールをやっているのでご紹介したいと思います。…

  5. レビュー

    これからの時期の汗臭い人々に朗報。一本あれば3年持つコスパ最強の防臭用品

    先日、福岡へ向かっている途中の事でした。その日は彼女と…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

スポンサーリンク

  1. 日記

    わたしという人間
  2. 写真

    ふくろう写真。ハウステンボスで見て触ってきました
  3. 写真

    紫陽花の頃の写真コンテストで入賞をいただきました。
  4. 日記

    僕の隣のおばあさんが顔を赤らめた時に起こった事
  5. 日記

    焦らず一歩一歩を踏みしめながら大切な物を拾ってゆく2016年にしたい。
PAGE TOP