レビュー

革のツヤを引きたたせるため、ミンクの油を買って塗ってみた

先日の誕生日に革靴をプレゼントにいただきまして、これはもう大切にせんといかんと思いたち。

革靴のお手入れキットを購入しました。

試しに磨いてみたところ、一瞬、クリームの塗りすぎで色がまだらになってあせったのですが、最終的には綺麗な感じの色におちつきました。

そして最後に靴底の革をしなやかにするために、ミンクオイル(ミンクの油)が良いということを知り、ミンクオイルを購入したのでした。

以前買った革の札入れや、プレゼントしてもらった革の小銭入れなどにも、ミンクオイルを塗りつけると良いということを聞いていたので、一石三鳥のミンクオイル作戦です。

僕の購入したミンクオイルはこちら

ミンクのキリっとした姿のパッケージが特徴的です。

そもそもミンクってこんなにイタチっぽいのだなあ、と思って調べたらやっぱりイタチでした。

14598236829_9eae2ec7b8_c

ミンクについてのwikipediaの項を見ると、ミンクのコートについて言及があり、ミンクのコートを一枚つくるには30頭のミンクが必要だとか。

これに怒った動物保護の団体の人が、ミンクの飼育小屋のカギや扉を壊してミンク達を逃がしてしまうような問題も起こっているらしい。

エコ・テロリストってやつですね。

しかし30頭ものミンクの命を奪って一人の人間を温めるコートを作る気にはなかなかなれませんね。

死にそうなくらい寒かったらやるかもしれませんが。

と、こんな事を思っていると、先日読んだ本の一節を思い出しました。

確かインドの人は魚を食べることをあまり好まないらしいです。

なぜかというと、魚は一匹一匹が小さくて腹持ちが悪いので、お腹をふくらませるにはたくさんの魚を殺さないといけないから。

それなら、でかい獣を一匹獲ってきて、みんなで分けあって食べたほうが、殺す命の数が少なくなるという考えらしいです。

一寸の虫にも五分の魂ってことですねー。

ミンクオイルによお財布のお手入れの方法

いくつかのサイトを参考にして、財布にミンクオイルを塗ってみました。

1.まず、革の表も裏もまんべんなくミンクオイルを塗ります。

2.しばらく放置します(ぼくは15分くらいおいてました)

3.拭きあげ

という簡単な工程です。

15分間放置して拭きあげの工程にうつる時にはすでにミンクオイルは十分に財布に染みこんでおり、拭く必要あるのかこれって感じでした。

オイルにはロウも含まれているようで、拭きあげた直後はなんだかロウで固めたような質感になりました。

僕のイメージではもっとピカピカになるイメージだったんですが、まあ時間が経つとなにか変化が起こるのかもしれません。

ただ、革の柔軟性が増した感じはしますね。

100%ピュアミンクオイルとかって言うのもあるらしいので、そういうを使うとまた感触が異なるのかも?

いずれにしても「手入れをした」という満足感は得ることができたので良しとしたいと思います。

本日もG線上のきりんにおこしいただきありがとうございます。

673602073_3ab81a4d4a_z

ミンクから取れた油で保護した財布、これからも末永く大切に使っていきたいと思います。

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう
🍀

更新情報をお届けします

関連記事

  1. レビュー

    相手のわかりやすい言葉で語るという事

    人に理解してもらいやすい言葉をえらんで話すというのは結構、たいせつ…

  2. レビュー

    MediaMation MX4Dの映画を体験した感想

    日本に16箇所しか設置されていないというMX4Dという映画視聴システム…

  3. ニュース

    AmazonでFireTVStickを3000円値引きで買った話

    この記事は2015年9月26日に書かれたもので、現在はキャンペーン終了…

  4. ニュース

    履くと足が臭くなる靴の持ち主に朗報。超すごい最強の消臭剤見つけました

    小学生の頃は学校の靴を庭先で洗っていたりしていたもんです。しかし…

  5. レビュー

    SSD安っ!最近値下がりしたので買ったパソコンのパーツなどについて

    これまでプログラミングや写真の現像に関して、iMacを使っていました。…

  6. レビュー

    無意味で、全てであるもの。映画「セッション」を見た感想。

    先日、「セッション」という映画を見ました。※多少中身に触れるの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

スポンサーリンク

  1. ニュース

    TPPが5分で大体分かった感じになるページ
  2. 写真

    カメラは本当に、人間の目よりも美しく景色を撮影できるのか。
  3. こころ

    気負う必要がないのは、人生がほぼ100%運ゲーだから
  4. レビュー

    DJ10-46プロデュース、ラッパー「ホロンバイム」による「ローカリスト」
  5. 写真

    プラスでもマイナスでもなく、あるがままに見ること
PAGE TOP