日記

大人と子供のちがい。その場でしっかりと物事の始末をつけること。

いろんなしごとをやってみるのもいいと思います。

結局、どのしごとにも共通して大切なことがわかる可能性があるからです。

また、一つのしごとを続けるのも良いと思います。

最近ぼくはしごとでミスをしました。

3年ほど前のしごとのなりたち、なりゆきをきっちり書いておかなかったために、確かに自分が書いたはずの設計図が、なぜそうなっているのかわからなかったのです。

当時のメールのやりとりなどをしらべることで、なんとか輪郭を思い出し、また、先輩の助けを得ながら事なきを得ることができました。

しかし、ほんとうにあせりました。じぶんの記憶力のなさが恐ろしかった。

当時の資料をしらべているうちに「ああ〜こんな事あったなあ。」と思い出すのですが、そのきっかけがなければ、まったく思い出せる気がしませんでした。

3年前のじぶんというのが、いかに現在のじぶんとは別人であるかを思い知らされた気分です。

こういう経験をするためには、すくなくとも3年以上同じしごとを続けていなければ、実感として味わうことのできないことだったりします。

今回ぼくが学んだことはただひとつ。

ひとつひとつのものごとに対して丁寧にこなすことという、この一点につきます。

丁寧にこなすというのはつまり、しっかりと始末をつけるということです。

なんでしっかりと始末をつける必要があるのかというと、未来の自分のためです。

適当なことをやってしまうと、そのツケを払うのはいつもじぶんなんですよね。

だから大人になると、人はだれしも少なからず落ち着いて、きっちりと物事をこなすようになっていくのかもしれません。

今やっていることについてその場その場でしっかりと始末をつけることができなければ、のちのち困ったことになるということを実感として知るからです。

その対応に追われて、そもそも必要だった時間の何倍もの時間を無駄にすることを知るからです。

こういうことが増えていくっていうのが、大人が大人になっていくゆえんなのかもしれませんね。

本日もG線上のきりんにおこしいただきありがとうございます。

4628508410_8d3ac3235f_z

じぶんのやったことのツケはいずれにしても全てじぶんが払うことになる。

このことを普段から、つよく意識して生きていきたいものです。

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう
🍀

更新情報をお届けします

関連記事

  1. レビュー

    象印とサーモスの水筒を比べた。豊かさとともに穏やかなる象の容貌(かお)

    水筒が欲しい。車でどこかへ出かける度にコンビニの100…

  2. こころ

    怒った自分を観察していると、ふしぎと怒りが鎮まったよ。

    先日、久しぶりにすごく嫌なことがあって、怒りましたよぼくは。そ…

  3. 日記

    鹿児島の知覧にある、特攻平和記念館に行ってきました。

    鹿児島の知覧にある特攻平和記念館に行ってきました。…

  4. コンピューター

    最近の僕の仕事と、プログラミングというものについて

    最近は人の血糖値を光を使って測定する装置のソフトウェアを作っているんで…

  5. 日記

    スケートパークを求めて。佐世保市民と佐世保犬のオアシス、烏帽子岳

    久しぶりに家の近くの烏帽子岳という山に登ってきた。近くとは言え、今…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

スポンサーリンク

  1. 写真

    佐世保ぶらりチャリ旅
  2. コンピューター

    電子ペーパーの利点、液晶端末との違い。Kindle Paper Whiteが素敵…
  3. ニュース

    配偶者控除の廃止に想う常識の移り変わり
  4. 日記

    誤解を恐れずにいえば、私はもう頑張る事をやめようとおもった話
  5. お金

    「心の豊かさ」とは何か
PAGE TOP