日記

ろうそくの炎のゆらぎと人の矛盾

矛盾をかかえて生きる

全てが一貫している人というのは存在するでしょうか。

多分、そういう人はいないんじゃないかな。

自分では一貫していると思い込んでいても、他人から観てもそうであるとは限らない。

それを言い始めると結局は主観の話に戻るほかないのだけれども、僕は自分自身を考えてみたとき、結構な矛盾をはらんでいるものだと感じます。

旧い矛盾、新しい矛盾、その時々の色々な矛盾があるんですが、最初は単なる矛盾だったものが、時を経て心の中に不自然なく収まるという事があるなという事をこの頃思いました。

例えば新しい事を学ぶときが小さな矛盾を生むときなのかなと思います。

新しい事を学んで最初、どうしてそうなるのか、なんでその必要性があるのかわからなかったものが、しばらくの時間が経ったあとに、やはりそうでなくちゃいけなかった事が解る瞬間など。

この時、心のバランスが一旦ニュートラルに戻って、そういう瞬間に人は安らぎを感じたりするのかも知れません。

しかし、そのままひとつのところにとどまって動く事のないものというのはまた、つまらなく感じてしまうものかも知れません。

ひところ、1/fゆらぎという言葉が流行りましたね。まあ僕は詳しいことは分からないのですが、要するに、風の渡る音、木々のざわめき、川のせせらぎ、炎のゆらめきなど、自然界に存在するものは、「ゆらぎ」を持っていて、このゆらぎが人を心地よくさせるという一つのお話です。

人間も自然の一部であるならば、そのゆらぎを持っているという事になります。

そのゆらぎは心の動きにも当てはめる事ができるのかな。と。

心がゆらぐには、新しい経験、刺激が必要です。

その刺激は新しい矛盾を生み、時とともに昇華されていく。

そういう生き方をしている心に対して、ある種の魅力を、人は感じるものなのかなあと。

本日もG線上のきりんにおこしいただきありがとうございます。

ぼくは優しく揺れるろうそくの炎を見ていて、飽きたと感じる事は一度もありません。

candle-darkness-light-candlestick-fire

それではまた♪

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう
🍀

更新情報をお届けします

関連記事

  1. 日記

    この世はやるかやられるか…?僕がこの手にかけた命の話

    先日車でご機嫌なロードを快適なスピードで走行していた時の話です…

  2. 日記

    近況的なこと – 地獄の引っ越し騒ぎをこえて

    最近はこちらのブログがすっかりなおざりになっており、たまには何か書くか…

  3. 健康

    一日に何時間寝るのが限りなく正解に近いのか

    昨夜、早寝早起きをしようと思って21時に床についたら翌朝8時に目覚めて…

  4. 日記

    いちばん近くて、いちばん遠い、自分自身。

    「みんなが決めたからそうする。」ということが社会にはとてもおお…

  5. レビュー

    終わらない青春と、眠らない体を。

    生きていると定期的にジャッキーチェンが見たくなること、みんなにもあるん…

  6. レビュー

    自分の記憶を外部に持つという発想。日記のすゝめ。

    いいなと思った事はとりあえずやってみようと思っていて、日記をはじめまし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

スポンサーリンク

  1. こころ

    実験してみた。人の目を見て緊張する人は、本当に鼻を見ると良いのか
  2. 日記

    32歳になりました
  3. 写真

    石木ダム建造予定地の川原地区に行ってきて、ダムについて調べてみたよ
  4. 祝させぼ通信1周年。なぜ山頂の野良猫に餌を与えてはいけないのか
  5. 健康

    20日間に及ぶ風邪で感じたこと。お届け時点で電池切れだった体温計とともに
PAGE TOP