日記

海、耳抜きの実際が分かった34歳の夏

小学生の頃には毎年夏休みになると、フェリーに乗って崎戸という島に渡ったものだった。
父の高校時代の友人がその場所で漁師を営んでおられたので、数日間そこに泊めて頂いて、海のレジャーを存分に楽しませてもらったのだった。

ボートで沖に向かい海に潜ってアワビやサザエを手づかみで捕らせてもらっていた為に、ちょろっと海に潜りさえすればどこにでも、アワビやサザエはいくらでも居ると思っていた。

あれは実は養殖されていたものだったと気づいたのは高校生くらいになった時だったと思う。

当時の私にとってアワビやサザエを捕獲するまでがレジャーで、捕獲したそれらを大人たちが嬉しそうに炭火で焼いているのを見ても、まったく食指は動かなかった。今だったら小躍りしながらビールとともに胃腸に流し込んでいるだろうと思うが、その頃はまだ実に残念なる子供口だったというわけだ。

思えば酒を飲みはじめてからかなり味覚が変わったようだ。昔は魚を食うなんてあり得ない事だと思っていたが、気がつけば最近は秋になればサンマが食いたいなどと思うようになってきた。

先日も「秋のサンマ焼き会」的なBBQに、サンマを手に入れられなかった私はししゃもを持参の上参加させてもらったが、人の情けでなんとかありつける事のできたサンマのうまさと、空に輝く月を見て「花より団子」ならぬ「団子よりさんま」というような風情を感じたものだった。

話は戻るが、この崎戸連泊時代に私の素潜り技術はかなり高められ、おかげで今でも海に行くとかなり深いところまで潜る事ができる。

近所の海水浴場には浜辺から少し離れた、足の付かないくらいの水深の場所にイカダが組んであるのだが、このイカダから飛び込んでイカダ直下の海底を探索するのが、最近の私の毎年の楽しみである。

イカダの上から落としたのであろう、ゴーグルや水中メガネ、シュノーケルなどが海に行けばほぼ毎回イカダの下で見つかる。落とした人には可哀想であるが、このまま海底に沈んでいても意味がないので、見つけたら頂く事にしている。

いつか「金のネックレスやダイヤモンドなどを見つけてしまったらどうしよう」などと思う事もあるが、幸いな事にまだそういう事態に出会った事はない。

本日もG線上のきりんにおこしいただきありがとうございます。

実は耳抜きのやり方を皆さんに伝えたくて、このエントリーを書きはじめたのですが、一番最後になってしまいました。

自分はいままで耳抜きとは「口をつぐみ、鼻をつまんで息を吐くこと」だと思っていたのですが、「口をつぐみ、鼻をつまんでツバを飲み込む」方が断然耳抜いた感じがする事に今年気づく事が出来ました。

 

押されると
よろこびます
🍀

更新情報をお届けします

スポンサーリンク

関連記事

  1. 健康

    夏に海で頭が痛くなる理由はこれだったのか。ビールによる脱水症に気をつけましょう。

    本日、金重島という佐世保市大潟町の沖にある無人島に遊びに行ってきました…

  2. 日記

    中学生の頃に友達に催眠術をかけた話

    前回のエントリーで世界の果てまでイッテQ!の事にちょっと触れました。…

  3. レビュー

    スマートフォンの手帳型カバーの功罪

    この間画面バリバリになったスマホを交換してから、次は絶対に割るまいと決…

  4. 日記

    風呂の窓をぶち破って、落とし物を探して雨の中さまよっても元気

    おとといの夜に「明日は早起きしてやろう!」と思いたち、昨日は朝6時に目…

  5. 日記

    生きることはそれ自体、すべてが仕事なのかも知れない。

    最近は仕事が面白くなってきた。やっぱりふと考えてみたときに、い…

  6. 日記

    上手くやる必要はないから、とにかく表現を重ねて行くことが重要。公開が恐ろしいものであればあるほど、い…

    ぼちぼち始めて3ヶ月くらいになるこのブログですが、たまに「書くことない…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

スポンサーリンク

  1. お話

    世界には神も魂もない。初期仏教がじつに科学的なことに驚いたこと。
  2. スポット

    ハウステンボスで面白かったアトラクションの事と夜の部の写真
  3. 日記

    「日々を大切に生きる」の具体的なこと
  4. こころ

    皆さんとっくにご存知かな。価値の正体ってなんでしょう
  5. 日記

    懐かしさのかおり
PAGE TOP