レビュー

スマートフォンの手帳型カバーの功罪

この間画面バリバリになったスマホを交換してから、次は絶対に割るまいと決心していました。

「手帳型カバー」を付けて、これでもう安心と思われた。

でも、僕はこのカバーに次第に不満をつのらせていったのです。

液晶バックライトの点灯が確認できないカバー

僕のスマホは、そのカバーを閉じた時に、液晶のバックライト点灯が自動的にOFFになるものではなかった。

スマホで一番電池を食う部分。それが液晶のバックライト。

カバーを閉じてしまうと、バックライトが点いてるのか点いてないのかわかりづらい。

カバーを閉じた以後もバックライトがつけっぱなしになっている事が頻発していた。

勝手に閉まり、片目を覆うカバー

その上、より丈夫さと安全さを求めるあまり、わりと堅めのカバーを買ってしまっていた。

常にフタが閉じる方向に応力がかかっている方が、安心と思われたためだった。

しかしこれが間違いだった。

画面が見えるようにカバーを開き続けるためには、結構な力を必要とするのだ。

電話がかかってきて、とっさに電話を取ると、スマホの画面を守るカバーの「フタ」部分が片目を覆ってしまうのだった。

というか顔面を使ってカバーが閉じるのを阻止しないと、ひとりでにカバーが閉じてしまうのでどうしようもない。

いちど福岡の天神のあたりで、人がたくさん居る中そのような事になり、電話中に片目を完全に覆われて軽くパニックになってしまい悲しい思いをした。

スマートフォンを使っている姿がまったくスマートに見えないというのは、これはちょっと問題であった。

使いたい時に3アクションを必要とするカバー

スマホを使いたい瞬間は日々、衝動的に訪れる。

手帳型カバーはその衝動を果たすために3アクションを必要とする。

スマホを手に取り、画面を見たいと思ってから、

1.カバーのストッパー部分を外す。
2.カバーを開く
3.スマホのロック解除ボタンを押す

の3アクションだ。

閉じる時も同じく3アクション。

毎日何度もスマホを見る僕にとって、この手間が積もり積もると、かなりの時間になってしまう。

いくら画面を割らないためと言っても、これはいくら何でもやりすぎじゃないかという気持ちが沸き起こるのにそう時間はかからなかった。

こんな状態は月々の生命保険料が生活を圧迫するのと同じことだ。

そう思ってから、手帳型ケースとはお別れしようと思いました。

本日もG線上のきりんにおこしいただきありがとうございます。

その後スマホにはクリアケースと、アンカーリングを付けて使っています。

クリアシェルcover_smartphoneと表面ガラスカバーを使うことで画面割れは果たして防げるのでしょうか。

そして念のためと思って買ったアンカーリングが想像以上にアレで困惑しています。

なにしろ、スマホの画面は絶対に割れない、割らないことが最前提ですよね。

Gショックの様な「絶対に壊れない超丈夫なスマホ」っていうのが発売されたらすごい需要あると思いますね。

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう
🍀

更新情報をお届けします

スポンサーリンク

関連記事

  1. レビュー

    もっと早く買えばよかった。お掃除ロボットの素晴らしさに感動した

    Amazon Unlimitedで購読した雑誌にロボット掃除機について…

  2. お金

    「心の豊かさ」とは何か

    先日、昭和初期に生まれたおばあちゃんと話をしました。おばあちゃ…

  3. 日記

    もっと身も心も軽やかになりたい。心にしたがって取捨選択するという事。

    どうもこんばんは。もう今年も残り一週間なんですね。最近は今年こ…

  4. 日記

    ルールは人を守ったり、ダメにしたりする

    先日、叔父の家でテレビを見ていました。政府の元偉い人が偉かった…

  5. レビュー

    相手のわかりやすい言葉で語るという事

    人に理解してもらいやすい言葉をえらんで話すというのは結構、たいせつ…

  6. 日記

    朝からジョギングをしてみました。

    最近、朝からジョギングをはじめてみた。とはいえまだまだ始めたば…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

スポンサーリンク

  1. 日記

    ぼくが自分の直感を信じずにバカを見たはなし
  2. 日記

    将棋の一戦の中に見る、人間の知恵と哲学
  3. 日記

    神の存在を証明できる時
  4. スポーツ

    僕が写真を始めた理由、これから撮りたいもの、情熱の在処
  5. スポット

    400年近く前の木造建築に圧倒されました!京都、清水寺の写真
PAGE TOP