スポット

400年近く前の木造建築に圧倒されました!京都、清水寺の写真

先日、京都に行ってきました。

いろいろと寺を回りたかったのですが、土地勘がない事と時間の制約上、四条通りを通って清水寺に行く事に決めました。

それらの写真をご紹介します。

京都、清水寺とそこに至るまでの道の写真

朝から新幹線に乗って京都に向かいました。佐賀の辺りで電車からみた日の出が美しかったです。

朝から新幹線に乗って京都に向かいました。佐賀の辺りで電車からみた日の出が美しかったです。

京都についたら、和服を着て撮影をしている外国人がたくさんいました。観光客相手に旅の想い出になる写真を撮影しているカメラマンがたくさんいるようです。観光地の強みですねえ。

京都についたら、和服を着て撮影をしている外国人がたくさんいました。観光客相手に旅の想い出になる写真を撮影しているカメラマンがたくさんいるようです。観光地の強みですねえ。

西陣織はとても美しく、これらの布を使った小袋のおみやげを大量に購入しました。

西陣織はとても美しく、これらの布を使った小袋のおみやげを大量に購入しました。

京都といえば静謐なイメージがありましたが、ご覧の通り人人人。 まあそりゃそうですよね。青かった自分のイメージに苦笑。

京都といえば静謐なイメージがありましたが、ご覧の通り人人人。
まあそりゃそうですよね。青かった自分のイメージに苦笑。

歴史ある木造建築物は細部にいたり細かい意匠がほどこしてありました。

歴史ある木造建築物は細部にいたり細かい意匠がほどこしてありました。

こちらが有名な清水寺の入り口です。2匹の狛犬が門前をまもっていました。

こちらが有名な清水寺の入り口です。2匹の狛犬が門前をまもっていました。

清水寺の建立は1633年と言われています。意外にも眩しいほどの朱色に驚きました。

清水寺の建立は1633年と言われています。意外にも眩しいほどの朱色に驚きました。

このあたりの意匠の細かさはさすがですね。美しい。

このあたりの意匠の細かさはさすがですね。美しい。

古い建物の美観を損なわずいるため、メンテナンスはかかせません。 この日も、いたるところで工事があっていました。

古い建物の美観を損なわずいるため、メンテナンスはかかせません。
この日も、いたるところで工事があっていました。

IMG_7413-2

これが有名な清水の舞台です。飛び降りたらちゃんとヤバい高さでした。

これが有名な清水の舞台です。飛び降りたらちゃんとヤバい高さでした。

IMG_7483

IMG_7486

清水寺の木造建築のレベルの高さには本当に驚きました。
柱が太い太い。

このお寺が、今から400年近く前からこの場所に建ち続けていると思うと、不思議な気持ちになりましたね。

これからも長くこの偉業を次世代に伝えていってほしいものだと思いました。


はじめてその土地をきちんと踏んだ大阪は、活気にあふれた街でありました。

しかし久々に地元を離れると、地元の良さっていうものも改めて感じる事ができますね。

僕はやっぱり田舎が好きなようですね〜。

IMG_7510

本日もG線上のきりんにおこしいただきありがとうございます。

それではまた♪

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう
🍀

更新情報をお届けします

関連記事

  1. お店紹介

    東彼杵にあるSorriso risoの中にあるGONUTSという古着屋さん

    以前は川棚町でお店をされていたこちらGonutsですが、東彼杵の方に移…

  2. 冬の早朝の国見峠、朝焼けキレイだけど寒すぎっす。国見湖畔公園でモデルさんの撮影写真と撮影テクニックの…

    スタジオ時代から懇意にしていただいている坂本さんと、国見峠の頂上付近に…

  3. 写真

    佐世保市鹿子前町にある古い建物の写真

    めちゃくちゃ古い記憶をたどれば、ここは確か昔、ライブハウスだったんじゃ…

  4. イベント

    川棚で行われたヨサコイ祭りに行ってきました。

    今回もYosakoiはーとらんどの随伴カメラマンとして参加してきました…

  5. お店紹介

    お造りの撮影〜生まれて初めて本気で刺身と向き合った件

    先日、佐世保のニュースを配信するウェブメディア「させぼ通信」を運営して…

  6. のぐちさん

    のぐちさんは、僕の5さい年上の先輩で、後輩の面倒見のいい、優しいひとで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

スポンサーリンク

  1. レビュー

    本を集中して読むために使えるテクニック
  2. 写真

    授業参観に行った時の写真
  3. コンピューター

    大切なデータを個人でバックアップする。私の考えうる最高の方法
  4. 日記

    焦らず一歩一歩を踏みしめながら大切な物を拾ってゆく2016年にしたい。
  5. 日記

    人がよく生きる為に気をつけることは、たった一つで十分だよね。
PAGE TOP