日記

ばあちゃん

2週間前、祖母が入院した。

もう父方の祖父母と母方の祖父を亡くしてしまった私にとって、唯一残ってくれている母方の祖母です。

急に熱がでて手が腫れて、食欲がないということで入院の運びとなったが、入院直後に会いにいった時には割と元気に見えた。

もう随分耳が遠くなってしまっていて、私の言葉がおそらくあまり聞こえてないと思われる中でも、ニコニコとうなづいて問いかけに応えてくれた祖母でした。

しかしつい昨日、病院を移ったということでお見舞いに行くと、祖母はまるで2週間のうちに10年も年をとったかのような状態になっていました。

とても辛そうな表情で、声は音にならず、ベッドに体重を預けっぱなしの祖母。

見ていてとても辛かった。

私の知る限り、祖母は決して、運命からそういう仕打ちを受けるような人ではないはずだった。

戦後の貧しさの中で3人の子供を育てあげ、職人仕事をしていた祖父を支え、たくさんの愛情を私達に注いでくれた。

病床の祖父を身を粉にして看病し、最期を看取った。

「じいちゃんは寂しがりだったから、私が最後までついていて見送れたのが本当によかった」と、よく笑っていた。

そんな祖母が、今は老人たちのベッドが4つ並ぶその一つに、静かに横になっている。

よく見えない目、よく聞こえない耳、思う通りに動かない痛い体で、ながいながい時間を耐えている。

かすかに聞き取れた祖母のかすれた声は「こんなになっても、まだ死にきらん(死ぬことができない)」と言っていた。

私は、もう、まだ祖母が元気で希望にあふれていた頃の、きれいな思い出の夢を見せる薬があるなら、それをしこたま祖母に打ってあげてほしいと思った。

そうでなければ、あまりに人生は悲しい。

あんな祖母をみたあとに「まだ若い私達は、今を楽しんで生きよう」なんてまったく思えない。

数十年後、私が年老いて、もう思い残すことがなくなった時には、最後くらいきれいな夢の中で逝きたいと思うとおもうよ。

今日もこれから会いにいくよ、ばあちゃん。

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう
🍀

更新情報をお届けします

関連記事

  1. コンピューター

    最近の僕の仕事と、プログラミングというものについて

    最近は人の血糖値を光を使って測定する装置のソフトウェアを作っているんで…

  2. 日記

    32歳になりました

    2015年8月16日、僕は32歳になりました。32歳になってから既に…

  3. 写真

    「誰かのため」と言うことが最高?私はあえて「自分のため」と言いたい。

    文章を書いていると、色んな人を思い出します。色んな人が私の心の中に…

  4. 日記

    仕事が大好きな職人だった、爺ちゃんの話

    僕のじいちゃんは、もう亡くなったんですが、ペンキ職人で、腕一本で沢山の…

  5. レビュー

    世界には神も魂もない。初期仏教がじつに科学的なことに驚いたこと。

    最近ぼくは仏教に興味があるということを以前、記事に書きました。…

  6. 日記

    市場の中での自分の価値を1/100万人に出来る話が面白かった

    僕は以前より「ナンバーワンにならなくてもいい、もっともっと特別なオン…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

スポンサーリンク

  1. レビュー

    映画「この世界の片隅に」を見てきたよ!
  2. 写真

    ふくろう写真。ハウステンボスで見て触ってきました
  3. こころ

    人と宗教 – 私たちはどこから来たのか
  4. コンピューター

    歳をとってからの方が挑戦しやすいと思う理由。まだ間に合う、ちょっと未来の話。
  5. お金

    お金と責任と自由の話をしよう。
PAGE TOP