日記

わたしという人間

6073414571_7071236cae_z

僕は怖がりなんだった。

僕はたぶん、他の人よりも怖がりなのだと思う。

怖がりだから、多分じっとしていられなくて、こんな風に文章を書いたりしているのだろう。

怖がりだから、怖くなくなるための考え方を身につけようとしたりしているんだろう。

ついでに言ってしまえば、僕の生来の性格は多分普通の人より苛烈なものだろうと思う。

怒りっぽくて、利己的で、嫉妬深くて、攻撃的、かつ臆病な人間です。

精神的な障害者の様な人間、というのが本来の僕なんだろう。

僕はこのいびつな精神を共として、これから先の人生を生きていく間、少しでもマシであれるように、色々な事を考えているのかも知れません。

どこまで行こうとも決して逃げる事ができない、自分自身を嫌いでい続けるには、人生はあまりにも長い。

僕は生まれつきまっすぐで温厚な人を羨ましいなあと思う。

まあでもそれでもいいかな。

上の事についてちょっと物寂しげに語っては見たものの、僕はそれらの事についてなんら悲観はしていない。

どこか外国のマハラジャを見て「羨ましいな」って言うのと同じような気持ちなんだと思う。

僕はどこまで行っても僕で、配られたカードで勝負するしかないのだから。

カードが配られたら、次は手元の役が揃うまで、山からカードを引き続けるのみ。

ただそれだけの事だ。

幸い、カードを引き続ける権利はみんなに平等に与えられている。

いつか死ぬまで、僕は好きなカードの山から次のカードを引くのです。

こんな適当な僕でも、もう32年間も生きる事ができた。

この事が、僕は大丈夫だという事を、一番の説得力で語ってくれているように思う。

いい加減、目の前のわずかのゆらぎに大慌てするような事はやめよう。

まあ、問題の渦中にあると相変わらず大あわて、ビビってダサい事しちゃうんですけどね。

それもまた一興で、オールOK。

本日もG線上のきりんにおこしいただきありがとうございます。

もっと言えば多分、死んでも大丈夫なのだと思います。

まだ死にたくないけどね。

7835623466_a755179c3a_z

それではまた♪

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう
🍀

更新情報をお届けします

関連記事

  1. 日記

    ネガティブな事には同じだけポジティブな要因が潜んでいる。

    先週大阪にいたんですが、さすがは「くいだおれ」発祥の地でありました。…

  2. お店紹介

    富安秀行さんのライブを見て、音楽観が変わった夜

    人生には時に、わずかのきっかけでその後の人生が変わってしまうような出来…

  3. 日記

    誤解を恐れずにいえば、私は天才なのだと思った事。

    今日は変な話なので変な曲を紹介しようと思う。ロシアの「Capric…

  4. 日記

    不二家の金のシュークリームが美味しかったので、普遍性について考えてみた。

    昼食を終えて歩いていてると、不二家の前に立っている看板が見えました。…

  5. 文章テクニック

    書き言葉で受ける印象は。僕はですます調だけれども。

    最近のぼくは、ブログの文体をですます調で書くことが多いです。べ…

  6. こころ

    3.11から7年 – 嫌われ松子の一生の中に見る自己責任という無責任

    「嫌われ松子の一生」という映画を見たことがあるでしょうか。2006…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

スポンサーリンク

  1. 日記

    食事をしながら本を読むことについて。
  2. 子育て

    あなたはもう知っているだろうか、子育てと仕事の両立について
  3. 日記

    自分のために生きるという事の追記
  4. ゲーム

    「連鎖ノ試練」 答え合わせ- エンジニア専用RPG CODE QUESTで使った…
  5. 日記

    ぼくの、年々減り続けているプライドについて
PAGE TOP