こころ

道に横たわるホームレスの見る夢はどんなものだろう

先日、福岡の天神まで遊びに行ってきました。

多くの人が急ぎ足で流れる道の脇に、一人の老人がぐったりと力なく横たわって居ました。その身なりからして、すぐにホームレスの人だと分かりました。
うなだれるその姿を哀れに思った僕は、その人にいくらかの金を渡そうと思いました。

しかし大都会天神には人が余りにも多すぎた。
周りの人からどう思われるだろうかという気がして、お金を渡す事ができませんでした。

という話を先輩に語ったところ

「お前金渡さなくて良かったよ。そんな所に寝転んでる奴は頭おかしくなってるんだから、お前、金渡したら殴られてたかもよ。」

と言われました。なるほど。

妻にもその、ホームレス的な人の話をしました。

「俺らも2つ3つ間違えたら、あんな風になる可能性があるんじゃないだろうか」と。

妻は「ならんならん。なるわけない。」とあっさり否定しました。強い。

確かに、例え僕が全てを失ったとしても、あそこであんな風な姿になって寝転ぶという事になるだろうか、と言われると、わかりませんが多分、そうはならない気がします。

先輩は

「オレなら最寄りのコンビニに強盗しに行くよ、一応刃物出して"こんなもん出してすまんけど、怪我はさせとうないから金を出してくれ"って言う。それで警察に行けばなんとかなるやろ。」

と言っていました。強い。
いざという時は使わせてもらいたいと思いました。

物事は最悪のケースを考えて、受け容れる事で楽観的になれるという話を見たことがあります。最悪のケースが訪れたとしても、まあ何とかなるという上の様な話は、この日本で生きてゆく中で、いつでも自分を助けてくれる杖のようなものになるのではないかと思います。

本日もG線上のきりんにおこしいただきありがとうございます。

どうにも難しい話ですが…
究極的に、人は自分の一番楽だと思う方へ向かってゆくものだと思うんです。

忙しく仕事をしている人
ニートをやっている人
いつも笑顔で愉快な人
いつも泣いていて悲しい人
悲しいから怒っている寂しい人

人の生き方はそれぞれですが、皆「そうしている事が楽」というのは共通しているんじゃないかと思うんですよね。

そして「そうしている事が楽」な事が、いつしか一番得意になったりもするのでしょう。

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう
🍀

更新情報をお届けします

関連記事

  1. こころ

    みんな感じることがあると思う。又吉直樹氏著「火花」を見た感想

    先日、おくればせながら標題の通り、又吉直樹氏著の「火花」を読みました。…

  2. レビュー

    長時間のバスなどの車中旅行の前に準備しておくと良いもの。A.首枕

    先日、ぼくは鹿児島県の東側の半島、大隅半島に向かっていました。…

  3. 日記

    上手くやる必要はないから、とにかく表現を重ねて行くことが重要。公開が恐ろしいものであればあるほど、い…

    ぼちぼち始めて3ヶ月くらいになるこのブログですが、たまに「書くことない…

  4. 日記

    温泉の良さは水風呂にあると見つけたり

    気温が低くなってくると総アルミボディーのMacBookに触るのが億劫に…

  5. 人間関係

    悲しい先入観はもたない。

    人との付き合いの中で、誰かのうわさ話を聞いてしまう事はよくあること…

  6. レビュー

    堀江貴文氏著「ゼロ」を読んだ感想

    「35歳までに読んでおくべきビジネス書」という記事を見て、ランク入りし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

スポンサーリンク

  1. コミック

    「皇国の守護者」を読んだレビュー
  2. スポット

    長崎県西海市の馬、西海橋公園の菜の花の写真
  3. 教育

    金のさかなのお話
  4. レビュー

    ヒトの心の探求を助ける名著「嫌われる勇気」と「幸せになる勇気」
  5. 日記

    させぼ市民活動交流プラザのコンピューター講座に行ってきました。
PAGE TOP