こころ

道に横たわるホームレスの見る夢はどんなものだろう

先日、福岡の天神まで遊びに行ってきました。

多くの人が急ぎ足で流れる道の脇に、一人の老人がぐったりと力なく横たわって居ました。その身なりからして、すぐにホームレスの人だと分かりました。
うなだれるその姿を哀れに思った僕は、その人にいくらかの金を渡そうと思いました。

しかし大都会天神には人が余りにも多すぎた。
周りの人からどう思われるだろうかという気がして、お金を渡す事ができませんでした。

という話を先輩に語ったところ

「お前金渡さなくて良かったよ。そんな所に寝転んでる奴は頭おかしくなってるんだから、お前、金渡したら殴られてたかもよ。」

と言われました。なるほど。

妻にもその、ホームレス的な人の話をしました。

「俺らも2つ3つ間違えたら、あんな風になる可能性があるんじゃないだろうか」と。

妻は「ならんならん。なるわけない。」とあっさり否定しました。強い。

確かに、例え僕が全てを失ったとしても、あそこであんな風な姿になって寝転ぶという事になるだろうか、と言われると、わかりませんが多分、そうはならない気がします。

先輩は

「オレなら最寄りのコンビニに強盗しに行くよ、一応刃物出して"こんなもん出してすまんけど、怪我はさせとうないから金を出してくれ"って言う。それで警察に行けばなんとかなるやろ。」

と言っていました。強い。
いざという時は使わせてもらいたいと思いました。

物事は最悪のケースを考えて、受け容れる事で楽観的になれるという話を見たことがあります。最悪のケースが訪れたとしても、まあ何とかなるという上の様な話は、この日本で生きてゆく中で、いつでも自分を助けてくれる杖のようなものになるのではないかと思います。

本日もG線上のきりんにおこしいただきありがとうございます。

どうにも難しい話ですが…
究極的に、人は自分の一番楽だと思う方へ向かってゆくものだと思うんです。

忙しく仕事をしている人
ニートをやっている人
いつも笑顔で愉快な人
いつも泣いていて悲しい人
悲しいから怒っている寂しい人

人の生き方はそれぞれですが、皆「そうしている事が楽」というのは共通しているんじゃないかと思うんですよね。

そして「そうしている事が楽」な事が、いつしか一番得意になったりもするのでしょう。

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう
🍀

更新情報をお届けします

関連記事

  1. 教育

    子供に何かを強いてはいけない。僕の水泳のおもいで。

    ぼくは物心がついた時にはもう泳いでいました。というのもぼくの父…

  2. お金

    バイトじゃなくて正社員だから安定で安心なの?みんなが「自分のしごと」を探すべき理由。

    僕もありがたい事に通うべき会社がある会社員でありまして、日々職場で働い…

  3. 日記

    温泉の良さは水風呂にあると見つけたり

    気温が低くなってくると総アルミボディーのMacBookに触るのが億劫に…

  4. 日記

    悲しみにむせび泣き!かじりついたあのベッドの香り

    「生きるとは苦しみである」こう語ったのはお釈迦さまであるが、お…

  5. レビュー

    これからの時代のデジタルカメラの選び方

    結構カメラの事で相談される事があるんで、これからのカメラを買いたい人に…

  6. こころ

    人間関係、人付き合い、幸せであるための生き方について考えてみたのです

    ある人は、人の悩みの100%は人間関係での悩みであると言っていました。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

スポンサーリンク

  1. コンピューター

    ネットから家電を操作する未来が既に来ていたとは。しかも結構お安いのね。
  2. コンピューター

    Adobe Premiereでα7iiiのプロキシー動画を活用する方法
  3. こころ

    実験してみた。人の目を見て緊張する人は、本当に鼻を見ると良いのか
  4. レビュー

    2016年1月版!いま選ぶべきソーラー発電機器とモバイルバッテリー
  5. お店紹介

    穴あきのパーカーと打ち捨てられたエビたちの尻尾
PAGE TOP