写真

写真コンテストで銀賞をいただきました。

株式会社インターライフさん主催のコスプレ写真コンテストにて銀賞をいただきました!
フォトコンテスト|インターライフ コスプレ写真コンテスト結果発表 |

賞をいただいたのはこの写真です。

22017073540_095ff92c58_h

いやあ、嬉しいですね。

いま、この写真を撮った日の事を思い出しています。

とても寒い日のよる、烏帽子岳の山頂で撮影したのでした。

【写真】近所の山に登って、初めて本気の夜撮影をしてきた話


必要なのはドラマ性である

銀賞かあ。

でも確かに金賞の人の写真の方がドラマがありますね。

綺麗なだけの写真ではまだ弱いのだと最近、つよく思っています。

瞬間を切り取った写真の、その前後の出来事をみる人に想像させる作品。

考えをめぐらさせる事の出来る作品が「芸術」なのだと思います。

それは「答え」ではなく、「問い」なんですよね。

それに触れた人たちが、作品の世界を自分自身でひろげる事のできる余白。

僕は、芸術とは「問い」であるべきなのだと思います。

人々を駆り立てるのは想像の物語だ

一流だと思うのはやっぱりディズニーで、このCMをご覧になった事があるでしょうか。

細かいディズニーランドの中の紹介なんて一切ぬきで、少女の人生に寄り添う「イメージ」にフォーカスしたCMです。

それはもちろん、既にディズニーの知名度が圧倒的であるからなせる技であると思うんですけどね。

これに比べて日本企業のCMはだいたいこんな感じだと思うんです。

たとえば、僕の使っている富士通のスマホのCM

バッテリーが長持ちするという事を伝えたいというのがすごくわかりやすくて、良いCMだと思います。

でも、感動するかどうかと言われたら、しない人が多いんじゃないでしょうか。

つづいてAppleのCM

こちらも静かにしみるCMです。

ちょっと参考の製品が古くてもうしわけないんですけど、僕の好きなものを紹介したらこんな感じになっちゃいました。

多くの人は性能は二の次で、感動を求めているのだと思う。

人は理性のいきものだと思われていますが、実はそうでもないって事をご存知でしょうか。

私達はたとえば、ものを買ったりするときに、性能がどうだこうだという事を最初の段階では考えていないのです。

まず「ほしい」という気持ちがあってから、それを手に入れるための「りゆう」や「いいわけ」を考え始めます。

たとえば、脳内の感情の部分を病気によって失くしてしまった人がいました。その人は完全に論理的な判断を下す人間になったかというとそうではなく、むしろなんの判断も下せない状態になってしまったといいます。

論理的な意思決定には「感情脳」が必要:研究結果 | ライフハッカー[日本版]

私達は感情の動物です。

これからも僕は、より人の感情を揺さぶる事のできる作品作りにはげんでいきたいと思います。

ぼくはそのことを、人生をとおして問い続けていこうと考えています。

本日もG線上のきりんにおこしいただきありがとうございます。

それではまた♪

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう
🍀

更新情報をお届けします

関連記事

  1. 日記

    「G線上のきりん」の記事数が300に到達しました。

    当ブログの記事数がこのたび、300に到達いたしました。いつもい…

  2. 日記

    肝心な事は演奏する姿ではなく音だと思う。ギターのチューニングと掃除はよく似ている。

    お正月間際なので今日は掃除関連について話してみたいと思います。僕の…

  3. 日記

    きれいすぎる水に魚は住めないの

    ある、殺虫剤の会社の社長さんが言ったそうです。「売らなくても売…

  4. スポット

    孔子廟での撮影

    先日、スタジオ時代から懇意にしていただいている坂本さんから撮影を依頼し…

  5. お金

    三菱東京UFJ(MUFG)も扱い始める「仮想通貨」、時代は変わり続けるよ!

    もしも10年前に戻れるとしたら・・・皆さんは何をするでしょうか。ぼ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

スポンサーリンク

  1. こころ

    不安に対抗する術。悲しくはないけど、ただ少し寂しいだけ
  2. 日記

    男にも生理があるらしい…。落ち込んだ時にさっさと回復する方法を考える
  3. 日記

    全体は細部を、細部は全体をあらわす。美しさと強さについて。
  4. 写真

    SIGMA 12-24mm F4.5-5.6 II DG HSMを購入したので写…
  5. 世間話

    ひび割れた水瓶のお話
PAGE TOP