日記

小さな頃から世話になっているスゴイおじちゃんの夢

そのおじちゃんは僕と直接血がつながっているのではないが、僕が物心つくころには、既におじちゃんはいたのだった。

もともとは僕の父の飲み友達だったという。

僕が小さい頃は、おじちゃんの子供も混ざって、家族ぐるみでよく遊んだものだった。

月日は流れ最近は、僕がコンピューターに多少詳しくなったことで、おじちゃんがパソコンを買うときのアドバイスや、パソコンにトラブルがあった時のヘルプをさせてもらっている。

かつては、人にパソコンの事を聞かれて、それを修理してというのが嫌だったが、最近はボランティアも悪くない、と思えるようになってきた。

そんなおじちゃんは僕がいくと必ずご飯を食べさせてくれる。

おじちゃんが、というよりもおじちゃんの奥さんが作ってくれるわけだが、これが実に美味いので、呼び出されるとホイホイ行ってしまうという次第だ。

この間いつもの様に、パソコンがおかしくなったという事で呼び出しがかかり、おじちゃんのお宅におじゃました。

おじちゃんは一級建築士の資格を持っていて、60歳を超えた今でもばりばり現場に出て働いている。

「毎日だんじゃなか。たまらん、きつかー。」

そう言いながらもおじちゃんは働く事が大好きな様子だ。

佐世保の街のどこどこが何千万円で開発されて、どこどこの場所の設計をしているという事を酒を飲みながらよく喋る。

僕はそういう話が嫌いではないので、作ってもらったご飯を食べながらうなづく。

おじちゃんの夢

そんなおじちゃんが次にやりたい事があると語った。

信じられないような話だが、現代においても、貧しい家庭の子どもたちが満足にご飯を食べられないという現実があるらしい。

そんな子どもたちがいつでもやってきて、ご飯を食べられるような施設を、私財をはたいてでも作りたいという。

その施設では老人達の遊び場としての機能もあって、暇な老人と、子どもたちとのふれあいの場所になればいいと。

僕は、もしそういうものが実現するのであれば、精一杯お手伝いしたいと思うと伝えた。

依存先を増やすという事

きっと上に書いたような、食べる事に困っている子供達の身の回りには、頼れる大人がたった一人しか居ないのだろう。

祖父母や親戚などに頼る事ができないのだろう。

ただ毎日、今日のご飯が食べられるかどうかという不安と日々戦っている子供が現代の日本に存在しているとしたら、これはどんなに悲しい事かと思う。

皆が食うや食わずやの世の中ならいざしらず、この飽食の時代にそういう境遇にあるというのはどんなに辛い事だろうか。

だからといって、彼らは自分で誰か頼る相手を、他に探す事もできない。

これを書いていて、先日、ツイッターで流れていた文章を思い出した。

自立とは、依存先を増やすこと。
少しずつ多様に色々なところを頼れるから自立しているように見えるのであって、依存先が少ない(頼る先に多くの役割を求めすぎてる)から破綻する。

という。

依存する所が少ないゆえに、子どもたちが飢えに苦しんでいるのなら、僕は、きっとその子たちの依存先のひとつになりたいと思う。

その為に何が必要なのか。もっともっと、ちゃんと勉強する事がたくさんあるのだと、なんだか心に熱いものを感じたのです。

本日もG線上のきりんにおこしいただきありがとうございます。
4312072914_5008dd4b0d_z

まだまだ、この国と世界の未来のために学ぶべき事、やれる事がたくさんあるはず。

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう
🍀

更新情報をお届けします

スポンサーリンク

関連記事

  1. 日記

    人はなぜ眠るのか。30代になってから変わった睡眠に対しての意識

    最近はJazzが熱くてですね〜。ということでイカした1トラック、Ac…

  2. 日記

    虫とか出来れば殺したくないし、他者の命を閉じる時は覚悟をもって成すべきだと思う

    最近虫を殺す必要性をあんまり感じなくなりました。突然、近くを飛んで…

  3. ウェブサービス

    パソコンとウェブサービスを使った情報の保管と、その功罪。

    猫も杓子もインターネットのこのご時世では、みなさんいろんな方法でネット…

  4. ニュース

    熊本に支援物資を送るお金があるなら、はじめからお金を送るべき。

    Facebookやその他SNSなどで支援物資を送ります、送ってきま…

  5. 教育

    子供に何かを強いてはいけない。僕の水泳のおもいで。

    ぼくは物心がついた時にはもう泳いでいました。というのもぼくの父…

  6. こころ

    人を嫌いになってはいけない理由。嫌いになる前にできること。

    最近、人を嫌うということについて少し考えていたのですが、いつのころから…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

スポンサーリンク

  1. スポーツ

    クーピーさん
  2. 日記

    北朝鮮はミサイルを撃ってこないと私が確信している理由
  3. カメラ用品

    遠隔操作ができるストロボを買ったのでテストしてきました
  4. 【写真】近所の山に登って、初めて本気の夜撮影をしてきた話
  5. スポット

    長崎県美術館のミュシャ展に行ってきました。
PAGE TOP