スポット

【写真】武雄「白岩スケートパーク」に行ってきた

休みの日、ついつい武雄の方に足が向いてしまうのは、「めん勝」のうどんが好きだからだろうか。

僕の住んでいる場所から車で約1時間の武雄「白岩スケートパーク」は、ドライブするにも最適の距離にある。

そして、既にスケートボーディングについては完全にOBのつもりである自分も、ここに来たらついつい滑りたくなってしまう。

だいたい1時間も滑れば、自分の理想と現実のギャップを思い知らされて、いっそすがすがしい気持ちになる事ができる。

もうそろそろ帰ろうかという時に白岩スケートパークの管理人であるジュンペイがやってきた。

その日は写真を撮るつもりもなかったのだが、ジュンペイも来たことだし、機材は積んでいたので、武雄の地元の若いスケーター達の写真を撮らせてもらう事にした。

写真

気のいいスケーター「SEIYA」 スタイルのあるオーリーだった。

気のいいスケーター「SEIYA」
スタイルのあるオーリーだった。

堅実な反復練習が大物になる予感を感じさせる「KOUSEI」

堅実な反復練習が大物になる予感を感じさせる「KOUSEI」

Kグラの安定感

Kグラの安定感

できる事を精一杯やってくれた「RYUKU」

できる事を精一杯やってくれた「RYUKU」

今回ストロボ用のフィルムを買ったのではしゃいでみた。

今回ストロボ用のフィルムを買ったのではしゃいでみた。

いかにも360Flipな写真

いかにも、な360Flip

Model : Seiya
(@seiyamafin) • Instagram photos and videos

Model : Kousei
(@juskousei) • Instagram photos and videos

Model : Ryuku
(@ryuku_skate) • Instagram photos and videos

夜の、しかも複数のストロボを使った撮影は意外と手間がかかる。

撮影の度に写真を見返して、セッティングを変えて撮り直したりする。

にも関わらず根気強く付き合ってくれた彼らに本当に感謝している。

加えて、ジュンペイが照明、その他を手伝ってくれた事も大きい。

IMG_1734

この場を借りてお礼を言いたいと思う。ありがとう。

大きなサイズの写真はこちらから見ることができる。

Takeo Park Session | 920’s Portfolio

パソコンユーザーの方には是非、大画面でご覧いただきたい。

本日もG線上のきりんにおこしいただきありがとうございます。

今回撮影してみて、やってみたいライティングがいくつか出てきた。

実際に試してみてどうなるものか、近々やってみたいと思う。

 

この記事がおもしろかったら
ポチリと押してみるボタン

更新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. スポット

    400年近く前の木造建築に圧倒されました!京都、清水寺の写真

    先日、京都に行ってきました。いろいろと寺を回りたかったのですが、土…

  2. レビュー

    マクロ撮影にも良く、軽くて強い!ポータブル三脚 Rangers RA010を使ってみた感想

    自転車で移動しながら街の様子や夕日を撮影するという事をやってみたんです…

  3. エッセイ

    写真コンテストで銀賞をいただきました。

    株式会社インターライフさん主催のコスプレ写真コンテストにて銀賞をいただ…

  4. スポーツ

    ケアハウス和楽園にてYosakoiはーとらんどの演舞を撮影してきました。

    昨日、Yosakoiはーとらんどがケアハウス「和楽園」の秋祭りにて演舞…

  5. 写真

    七五三の写真を撮ってきました

    「今度、娘の七五三なんですよ。」とお話をいただいたので、撮影してきまし…

  6. 写真

    SIGMA 12-24mm F4.5-5.6 II DG HSM 試し撮り二日目

    明日天気になれーと思いながら眠って目覚めた日曜日、外はいい感じに晴れて…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

フェイスブックページ

最近の記事

  1. お話

    ひび割れた水瓶のお話
  2. 日記

    クルマのない日常
  3. エッセイ

    わたしという人間
  4. エッセイ

    肝心な事は演奏する姿ではなく音だと思う。ギターのチューニングと掃除はよく似ている…
  5. エッセイ

    コンピューターのちょっと未来のこと、最近の技術
PAGE TOP