コミック

(親孝行も親不孝も)世のマザコンの皆さんにおすすめしたいと思った漫画

先日、こんなツイートが僕のタイムラインに流れてきました。

気になってリンク先に行きましたところ、面白そうだったので購入してみました。
すると何だかとても感情が動いてしまったので、皆さんと共有したいと思いました。

母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った

作者の人のお母さんに病気が見つかった所から物語が始まるのですが、お母さんが徐々に弱って行き、息を引き取り、それから後の日々が作者の心情とともに描かれます。

絵柄がサザエさん的な見やすい絵柄で、その事が感情移入を手伝っているのかなあなんて思いました。

母親って、最も近しい肉親だと思うんですよね。みんな例外なく、母親の血肉を分けられて産まれてくるので。こう書くと自分の分身である様な存在なのですが、自分以外であるという意味で原理的に他人であるという不思議な関係だなあと思います。

まあ世の中には色々な母親が居る事ですので、なんとも一概には言えないのですが、マザコンの皆さんには一読の価値があると思います。

母親が存命の方には今何が出来るかという事を、そして既に亡くしてしまった人は共感を、得られるものかも知れません。

この本を見終えた後、僕は実家に帰って母の作ってくれた夕飯を感慨深く頂いたのでした。父と母がいつか死んでしまうなんて、まだ僕も信じられないですねえ。

作中に妻を亡くして酒浸りになったお父さんが「オレはもう金も何も要らない。死にたいんじゃー。」と泣き叫ぶシーンがあるのですが、大切な人の命の前には何もかもが霞んでしまうという努力ではどうしようもないハードルを、この世界はまだまだ用意しているという事実に、空恐ろしさを感じずにはいれませんでした。

本日もG線上のきりんにおこしいただきありがとうございます。

コンプレックスというと、「劣等感」と言った風に認識されている事が多いと思いますが、goo国語辞典で調べてみると

精神分析用語。情緒的に強く色づけされた表象が複合した心理。抑圧されながら無意識のうちに存在し、現実の行動に影響力をもつ。マザーコンプレックス・エディプスコンプレックス・インフェリオリティーコンプレックスなど。複合感情。複合観念。

という意味がありまして、この意味においては育ててくれた人間に対してコンプレックスを抱いていない人間は果たして存在するのかというような気がしてきます。(居ないだろ)

例に漏れず僕もコンプレックスの塊でありますけれども、願わくばそれらを正しく自覚できる知恵が欲しいと思いますね。

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう
🍀

更新情報をお届けします

関連記事

  1. コミック

    漫画ハルロックを読んだ感想 電子工作の楽しさと可能性を描いた漫画

    日本財団って所が選んだ学習まんが100選というのが最近話題になりました…

  2. レビュー

    我が家スマートホームになれり!から2週間経った今の感想

    前回の記事で、我が家がスマートホームになったことを書きました。ht…

  3. キャンプ

    これはあったほうがいいと思う、キャンプを便利にする道具たち

    前回はキャンプをするにあたって最低限必要なものを紹介したhttps…

  4. レビュー

    Tevaのサンダルを使ってみた感想!おすすめできない2つの理由

    2年ほど前にTEVAというメーカーのサンダルを買ったんです。…

  5. コミック

    コミック「メイドインアビス」を読んでみた感想

    久しぶりにすごい漫画に出会ったなっていう感じです。前回のコミック「…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

スポンサーリンク

  1. 知識は転ばぬ先の杖。生涯私たちに寄り添い、私たちを助ける。
  2. 友人の結婚式のお写真
  3. プロジェクト

    3/26(土)させぼ市民活動交流プラザで「無理のない」ことをしたい。
  4. こころ

    「幸せになる考え方」って間違ってはないけど、結構違うと思った話
  5. レビュー

    DJ10-46プロデュース、ラッパー「ホロンバイム」による「ローカリスト」
PAGE TOP