レビュー

DJ10-46プロデュース、ラッパー「ホロンバイム」による「ローカリスト」

僕の同級生である彼の名前は「(10-46)トシロー」

僕の20代はスケートボードとともにあったのですが、僕が何年も費やしてもなお、彼の足元にも及びませんでした。

佐賀のスケートボードをやる人間で彼の名前を知らない人はいない。そんなスケートボードの達人です。

そして彼は優れたDJであり、トラックメーカーでもあります。

僕は先日、彼の家に遊びに行きました。

ずっと前から彼の音楽には興味があって、一度作る所を見てみたいものだという気持ちからでした。

彼の家にはレコードがたくさんあります。そのレコードの数は、彼いわく「ちょっと部屋がゆがんで来ている」ほどの量です。

それらのレコードの音をサンプリング(コンピューターに取り込んで)して、彼は新しい音楽を作ります。

そんな彼が作った音楽が、先日CDとして完成しました。

IMG_0294

IMG_0295

ローカリスト
ローカリスト

posted with amazlet at 16.04.30
ホロンバイム
TRIP SOUND RECORDS (2016-01-27)
売り上げランキング: 453,195

彼の作った音楽の上にラッパー「ホロンバイム」が詩を乗せて歌っています。

アルバムのタイトルにもなったトラックNo.6「ローカリスト」の歌詞にはグっときましたね。

全曲彼のプロデュースしたバックミュージックは、彼らしい、実に味のあるサウンドでした。

彼の音楽は素晴らしいと思っていましたが、本当にCDになっちゃうなんて感慨深いです。

皆さんも是非、機会があれば耳をすませて聴いてみてください。

そして彼のスケートボーディングをそのうち撮影したいねっていう事で。

近々かっこいい彼の事をもっとみなさんに紹介できればと思っています。

ちなみに昨日スマホで撮った映像がこちら

@toshirononaka_83 武雄にてトシロー氏の技巧にみとれる😁

A video posted by Kunio Yoshikawa (@nio920) on

すごいでしょう?(笑)

DJとしての出演依頼、音楽制作の依頼、彼は間違いない仕事をしてくれますよ。

彼の音源はこちら
*サウンドクラウド
10_46 | Free Listening on SoundCloud

その他SNS
*インスタグラム
トシロウノナカ (@toshirononaka_83) • Instagram photos and videos
*FB
野中 敏郎

会えばすぐにわかると思いますが、彼は人間的にも実に素晴らしい人です。

こういう人が周りに居てくれるというのはとても、幸せな事ですね。

本日もG線上のきりんにおこしいただきありがとうございます。

それではまた♪

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう
🍀

更新情報をお届けします

関連記事

  1. お店紹介

    Evernote使っている人は絶対買ったほうがいいiPhoneアプリ「Todayee」

    周りを見渡してみると、Evernoteを使っていない人の方が多い感じな…

  2. スポット

    行列よさらば!並ぶことなくディズニーランドを100%楽しむ方法

    先日、生まれてはじめてディズニーランドに行ってきた。前日の夜、TO…

  3. 動画

    「のぐちさん」と「たくみくん」先日のGoProで撮影した動画を編集してみた

    普段、動画の編集をしない僕にとって、かなりハードルが高く、撮影してから…

  4. レビュー

    シンプルな人生がお好みの方へ!初期仏教に関して僕が読んだ本一覧

    どうも〜。最近はすっかり見た目はカトリック、中身は仏教徒のわたしです。…

  5. レビュー

    肩すかしブレードランナー2049と”新米野郎!”の呼び声に秘められた愛につい…

    今月もまた映画の日につられてホイホイと映画を見に行くことにした。…

  6. レビュー

    スリにはご用心!東京で電車に乗る前に知っておくべき3つの事

    東京旅行に行ってきた。今日からしばらくは、5日間にわたった東京旅行…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

スポンサーリンク

  1. お金

    お金と責任と自由の話をしよう。
  2. イベント

    実はもくもく会は、いまでも毎月欠かさず開催されているんだよ
  3. 写真

    佐世保市鹿子前町にある古い建物の写真
  4. ウェブサービス

    Amazonキンドル(Kindle)アプリのおすすめの使い方
  5. 日記

    どこまでワガママなんだろう。僕がブログを書き続ける理由を語ります。
PAGE TOP