レビュー

DJ10-46プロデュース、ラッパー「ホロンバイム」による「ローカリスト」

僕の同級生である彼の名前は「(10-46)トシロー」

僕の20代はスケートボードとともにあったのですが、僕が何年も費やしてもなお、彼の足元にも及びませんでした。

佐賀のスケートボードをやる人間で彼の名前を知らない人はいない。そんなスケートボードの達人です。

そして彼は優れたDJであり、トラックメーカーでもあります。

僕は先日、彼の家に遊びに行きました。

ずっと前から彼の音楽には興味があって、一度作る所を見てみたいものだという気持ちからでした。

彼の家にはレコードがたくさんあります。そのレコードの数は、彼いわく「ちょっと部屋がゆがんで来ている」ほどの量です。

それらのレコードの音をサンプリング(コンピューターに取り込んで)して、彼は新しい音楽を作ります。

そんな彼が作った音楽が、先日CDとして完成しました。

IMG_0294

IMG_0295

ローカリスト
ローカリスト

posted with amazlet at 16.04.30
ホロンバイム
TRIP SOUND RECORDS (2016-01-27)
売り上げランキング: 453,195

彼の作った音楽の上にラッパー「ホロンバイム」が詩を乗せて歌っています。

アルバムのタイトルにもなったトラックNo.6「ローカリスト」の歌詞にはグっときましたね。

全曲彼のプロデュースしたバックミュージックは、彼らしい、実に味のあるサウンドでした。

彼の音楽は素晴らしいと思っていましたが、本当にCDになっちゃうなんて感慨深いです。

皆さんも是非、機会があれば耳をすませて聴いてみてください。

そして彼のスケートボーディングをそのうち撮影したいねっていう事で。

近々かっこいい彼の事をもっとみなさんに紹介できればと思っています。

ちなみに昨日スマホで撮った映像がこちら

@toshirononaka_83 武雄にてトシロー氏の技巧にみとれる😁

A video posted by Kunio Yoshikawa (@nio920) on

すごいでしょう?(笑)

DJとしての出演依頼、音楽制作の依頼、彼は間違いない仕事をしてくれますよ。

彼の音源はこちら
*サウンドクラウド
10_46 | Free Listening on SoundCloud

その他SNS
*インスタグラム
トシロウノナカ (@toshirononaka_83) • Instagram photos and videos
*FB
野中 敏郎

会えばすぐにわかると思いますが、彼は人間的にも実に素晴らしい人です。

こういう人が周りに居てくれるというのはとても、幸せな事ですね。

本日もG線上のきりんにおこしいただきありがとうございます。

それではまた♪

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう
🍀

更新情報をお届けします

関連記事

  1. レビュー

    これからの時代のデジタルカメラの選び方

    結構カメラの事で相談される事があるんで、これからのカメラを買いたい人に…

  2. レビュー

    川上量生氏著「ルールを変える思考法」を読んだ – ゲームをする事は具体的にどんな影響を人…

    私は1983年生まれなんですが、幼稚園生の頃には既に家にファミコンがあ…

  3. レビュー

    世界平和の実現には、すべての情報がオープンになればいい。

    京都の撮影にやってきたついでに、大阪の難波で3Dを超えた4DMXという…

  4. レビュー

    池上彰さんの「おとなの教養」を読んだ

    本屋に寄って平積みの本をざっと見た中で面白そうだったので買ってみました…

  5. コミック

    科学が好きな人、真理を求める人におすすめ「決してマネしないでください。」を読んだ感想

    僕は自然科学が大好きなんですよ。例えば何で夕焼けって赤く見えるか、…

  6. レビュー

    替刃が安くて嬉しいひげ剃り「サムライエッジ」を使った感想

    1年くらい前だろうか、Youtubeで「ジレットプログライド」というひ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

スポンサーリンク

  1. 写真

    ふくろう写真。ハウステンボスで見て触ってきました
  2. 世間話

    ひび割れた水瓶のお話
  3. こころ

    「幸せになる考え方」って間違ってはないけど、結構違うと思った話
  4. レビュー

    これからの時期の汗臭い人々に朗報。一本あれば3年持つコスパ最強の防臭用品
  5. こころ

    あなたの生きているその瞬間に、花を添えたいんだよ
PAGE TOP