レビュー

この価格帯でこの音質はすごいかも。Jayfi JA40を使ってみた感想

今回の記事は、Jayfiさんのご提供でお送りします。

というのも先日、Jayfiの方(@Jayfi_Japan)からJA40というイヤフォンのサンプルを送るのでレビューを書いてくださいという事を、お願いいただきましたためです。

この際だと思って図々しく「赤の方をお願いします」といった、僕のお願いを快諾していただいた事、感謝しています。

という事で、2日間使ってみた感想などをお伝えしたいと思いますよ!

Jayfi JA40

外観

まず見た目から入りたいと思います。

Jayfiのロゴ

Jayfiのロゴ

外箱はこんな感じです。

外箱はこんな感じです。

丁寧な印象を受ける梱包

丁寧な印象を受ける梱包

付属品に持ち運び用の小袋がついてくるのは嬉しい

付属品に持ち運び用の小袋がついてくるのは嬉しい

先端はアルミで出来ており、精巧な作りになっています。

先端はアルミで出来ており、精巧な作りになっています。

先端の裏側、細かな金属メッシュが見える。

先端の裏側、細かな金属メッシュが見える。

先端の耳にフィットさせるためのシリコンを外したところ。

先端の耳にフィットさせるためのシリコンを外したところ。

対応している機器なら、このボタンで再生・進む・戻るなどの操作が可能です。

対応している機器なら、このボタンで再生・進む・戻るなどの操作が可能です。

アルミで仕上げられたコネクター部。

アルミで仕上げられたコネクター部。

イヤフォンの先端とプラグ部分はアルミで出来ているようで、高品質な印象を受けます。

スピーカー部分の素材はもろに音質に影響することが考えられるので、JA40がこの部分をアルミで作っているのは音作りにおいても理由があるのだろうと思います。

ケーブルの鮮やかな赤と、アルミの輝きの組合せはかなり好印象。

また右側のイヤフォンのケーブルにはマイク兼、ボタンがついており、通常右と左の見分けにくいイヤフォンの左右を判別するのに一役かっています。

質感

ケーブルについては、多少太めだと思います。

ついでに表面が柔らかい感じのシリコン素材なので、総じてゴワゴワする感じです。

このイヤフォンを雑にカバンに突っ込んだりすると、ソッコーで絡まることが予想されます。

僕の場合はいつも絡まない巻き方でイヤフォンを収納していますので、絡むことについては心配がありません。

こんな感じに。

まあケーブルの太さ、柔軟性に関してはそのまま断線のしにくさに直結する部分なので、これは信頼性があるという言い方もできると思います。

マイク兼、操作ボタン

僕のスマートフォン(Experia Z3 compact)では、説明書どおりの動きをしてくれませんでした。

シングルクリックで再生・停止
ダブルクリックで次の曲
トリプルクリックで前の曲
長押しで音声認識

ということなんですけどね。

シングルクリックと長押しは認識してくれましたが・・・。

ちなみに、手持ちのMacbookProでは説明書どおりの動きをしてくれました。

長押しするとSiriが立ち上がるのにはちょっと驚きましたね。

MacbookでのSiriは先月末のOSアップデート(macOS Sierra)から使えるようになっていた機能だったので。

感度も良好でした。

しかしボタン部分のクリック感が微妙です。

きっちり「カチッ」ってときもあるし、「フニャ」って時もあって、「フニャ」の時は「押せてるのかこれ?」感がありますが、しっかり認識はされてる感じの。

ここはもうちょっといいボタン使ってくれた方がありがたい感じ。壊れやすそう。

音質について:はじめに

さて、一番触れたくなかったので最後に回しました。音質についてです。

ぼくはオーディオマニアというワケではないので、あんまりヘッドフォンやイヤフォンの音質の違いというのに、これまでこだわって来ませんでした。

昔FPS(一人称視点)の撃ち合いゲームをパソコンでやる時に、父が作曲に使っているSONYのマスタリング用のヘッドフォンを使ってみたことがあり、

それを使うと、敵が自分の周囲のどこにいるのか、音で判別しやすいなこれ!と思った事がありました。

それからというモノ、僕のなかの「良いヘッドフォン」というのは音の定位感がしっかりしているものという定義になってしまいました。

ちょっと話がそれてしまいましたが、音に関してズブの素人で、さほど先入観がないという意味で言えば、ぼくは優秀なモニターであるといえると思います。

音質について

とりあえず手持ちのカナル型イヤフォンとくらべて見ました。

ネットで「安いわりに音質がいい」と囁かれていたイヤフォン。パナソニック製の「RP-HJE150-A」 今ならお値段627円です。

試聴楽曲はFour PlayのBali Runです。

※実際の試聴は320kbpsのMP3で行っています。

まず安い方の奴で聞いてみました。

感想は「あー、やっぱイヤフォン使うと細かい音もよく聞こえるもんだな〜」という感じ。

次にJA40を使ってみました。

「あ・・・ああ・・・」

やっぱりなんだろう、全然音が違いますね。

まずもってそもそも音量がちょっと大きくなりました。

これはおそらく、イヤフォン自体の電気的抵抗値が低いという事なんでしょうね。

そしてなにより全体的に音がクリアです。

高音部分の解像感が全然違います。

RP-HJE150-Aで聴き直してみると、紙一枚の向こう側で音が鳴っているように感じられました。

そして低音も実によくなります。

低音を聴いた時の胸のあたりに「ドゥン」ってくる感じあるじゃないですか。ドキっとする感じの。あれがあります。

このイヤフォンは低音がよくなる感じのチューンがされているのかな?という感じを受けました。

ビート感のある音楽にはよく合いそうです。

総評

見た目、質感、音質、ともにかなりいい感じのイヤフォンだと思いました。

再生、停止ボタンがついているのもありがたい。

買い物したときのレジなんかで音は切っておきたいですものね。

ただ、コネクタープラグ部分はまっすぐじゃなくてL字型のラインナップもあればより良いかなあと。

今の時代イヤフォンを使うのって、ポケットの中のスマホとかの場合が多いと思うんですけど、ストレートプラグだとポケットの中で折っちゃいそうなんですよね。

プラグが折れるほどの力がかかった場合、再生機器側のコネクターもタダじゃすみそうにないですし。

なので、僕はこのイヤフォンをノートパソコンとペアで使っていきたいなあと思いました。

本日もG線上のきりんにおこしいただきありがとうございます。

こういう「音が良い」と感じることのできるイヤフォン、一本あると心強いですね。

そんなに高価ではないので、コスパはよかろうと思います。

JayfiさんのJA40は、1年間保証付きの安心感もお得です。

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう
🍀

更新情報をお届けします

スポンサーリンク

関連記事

  1. ライフハック

    掃除の習慣を身につけたい人は、お掃除ロボを買うとよい3つの理由

    お掃除ロボの素晴らしさに引き続き感動するとともに、この機械のもたらす相…

  2. レビュー

    自分の記憶を外部に持つという発想。日記のすゝめ。

    いいなと思った事はとりあえずやってみようと思っていて、日記をはじめまし…

  3. レビュー

    Bluetoothイヤフォンをまだ持ってない人に見てほしい。Tenswall イヤホンレビュー

    先日Bluetooth(以下BT)のイヤフォンを買いました。BTと…

  4. ウェブサービス

    ながら聞きで学習できるAmazonの新サービスAudibleがすごい

    またまたAmazonがものすごい便利サービスを展開してくれました。…

  5. mvno格安SIM

    携帯料金が月々7400円お得になった。DocomoからMVNO “IIJmio” に乗り替えてから1…

    先月、2015年11月がDocomoの二年縛りの解約可能時期だったので…

  6. ライフハック

    理解を助けるノートに手書き。私が心からおすすめ出来るノートカバー

    コンピューターは便利だ。書き換えは簡単だし、どんな長文も簡単に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

スポンサーリンク

  1. 写真

    佐世保ぶらりチャリ旅
  2. コミック

    駄菓子のまんが「だがしかし」がかなりイケてたのでおすすめレビュー
  3. 写真

    2015年ヨサコイ佐世保祭りのお写真
  4. レビュー

    DJ10-46プロデュース、ラッパー「ホロンバイム」による「ローカリスト」
  5. 科学

    蓄音機の原理を調べてみた。デジタル世代の僕にはむしろレコードが謎でした。
PAGE TOP