日記

これにて一年分、365記事がようやく書けました

去年の8月から開始したこのブログですが、ようやく365記事目に到達しました。

意外と時間がかかってしまいましたねー。

まあ僕自身はあいかわらず楽しく書かせてもらっています。

このブログ、「ほぼ毎日」更新ブログとうたっているのですが、本心のところでは毎日欠かさず書きたいものだと思っているんですよ。

しかしこの「毎日欠かさず〇〇する」というのが本当に難しい。

そして何でもいい、自分の成長の糧になるような事を毎日欠かさずやる事が出来たなら、その人はいわゆる人生の達人になれる人なのだとおもいます。

こういう部分の安定感が自分にまだまだ足りていない部分だなあと感じています。

毎日淡々と、蛇口をひねるように物事をこなしたいものです。

どこかで見た誰かが言っていたセリフで、ぼくのなかに印象深く残っている言葉があります。

「無頼漢を気取って不摂生な毎日を送る人間の毒よりも、規則正しく毎日を生きる人間の毒の方が濃ゆい」

細かいところは違うと思うのですが、おおむねこういう意味のセリフでした。

ぼくは別に良質の毒が出したいというワケではないのですが、ここでいう「毒」というのは、いわゆる人間の厚みのようなものだと理解しています。

むかしは毎日街にでてワイワイみんなと酒を飲んで過ごしていたぼくでしたが、実際のところは酒の味も人のことも、自分のことでさえもさっぱり分からず日々を過ごしていました。

言ったら今でもぜんぜん分かっていないんですけどね!w

ただ、「分からない」という事が分かったくらいには、分かるようになってきた気がしています。

もちろんそれは自慢できるようなものではまったくないのですが、ひとつの事実としてね。

そして結局、自分を育てるのは寂しさを感じるような独りの時間なのではないかなあと思う次第です。

本日もG線上のきりんにおこしいただきありがとうございます。

「人間は自分の好きなことだけを、するべきだ」とか

「自分のとくいなものだけ伸ばせばいい」など、それは確かにひとつの理想なんですけどね!

理想はカンペキにはなし得ないということもまた真なりなのです。

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう
🍀

更新情報をお届けします

スポンサーリンク

関連記事

  1. レビュー

    終わらない青春と、眠らない体を。

    生きていると定期的にジャッキーチェンが見たくなること、みんなにもあるん…

  2. サイト紹介

    だれかを感動させるという事について

    「歌というのは誰かに届けようと思って歌わないと」という話を聞いた。…

  3. 日記

    スッキリ明解。出来れば皆に好かれたいと思っている人はこのイラストを見て考えて欲しい。

    みんな誰しも多かれ少なかれ「人から気に入られたい、それも出来れば全員か…

  4. レビュー

    全てのものは無言のメッセージを発している。情報過多の時代の僕らの生き方。

    先日、友人のHideさんから本を贈ってもらいました。ぼくたちに…

  5. 祝させぼ通信1周年。なぜ山頂の野良猫に餌を与えてはいけないのか

    させぼの出来事を市民のみなさんにお届けするウェブメディア「させぼ通信」…

  6. コンピューター

    歳をとってからの方が挑戦しやすいと思う理由。まだ間に合う、ちょっと未来の話。

    人間、結局のところ強みも弱みもないと思うんですよね。どんな弱みも強…

コメント

    • ロータス
    • 2016年 10月 12日

    365記事、おめでとうございます。

    素敵な写真と共に、

    考えさせられたり、
    日々の生活の生きるヒントが書いてあり
    勉強になります。
    素敵な感性ですね。
    これからも楽しく読ませて頂きます。

      • 920
      • 2016年 10月 12日

      心あたたまるメッセージをどうもありがとうございます。
      僕の感じたことを書くことが、ロータスさんにとっての楽しみになることは
      僕にとってこれ以上ないよろこびです。
      これからもどうぞよろしくおねがいします。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

スポンサーリンク

  1. レビュー

    今、白金を触媒にしたカイロが熱い(暖かい)!!使い捨てカイロとの比較など
  2. 日記

    「年末ジャンボ、10億円♪」が聞こえるたびにざわめいた胸の内について
  3. 人間関係

    背中合わせの優しさと臆病さ
  4. スポット

    春分の日の振替休日の日の写真
  5. 写真

    カトリック式、仏教式の両親それぞれの墓に新年の挨拶に行ってきました。
PAGE TOP