動画

佐世保のスケートパークで動画撮影してきました

ずっと自分の中の撮影欲圧が高まるのを待っていた…!

動画を撮影するための機材を買ったはいいが、なかなか重い腰を上げることができずに気づけば数ヶ月。

先日は天気が良かったし少し時間があったので、友達を誘ってスケートパークでの撮影をさせてもらいました。

ということで出来上がった映像がこちらです!

4K動画重い

上記の動画は、パソコン環境であれば4Kでの視聴が可能なのですが、いかんせん4Kは重い。
ある程度のパソコン性能がないと4Kの動画はスムーズに動いてくれないようす。

編集のときも4Kは大変です。

4Kの動画は再生するだけで割と精一杯感があり、編集がスムーズにできない!

と思いきや、最近の動画編集は「プロキシー動画」という仕組みがありまして、これはオリジナルの動画よりも低画質の動画を使って編集作業をし、最後の書き出しのときに改めてオリジナル画質の動画で出力するという優れた機能です。

α7iiiはオリジナルの画質の動画に合わせて、低画質の動画も同時に生成してくれるので、編集の前準備に手間がかからず、とても便利です。

Adobe Premiereでα7iiiのプロキシー動画を活用する方法

PremiereとAfter Effects

動画の編集にはAdobe社のPremiereとAfter Effectsというアプリケーションを使います。

Premiereで動画を切ったり貼ったり繋げたり、簡単なテロップを入れたりできます。

もうちょっと凝った編集をしたい場合にはAfter Effectsの出番です。

出演者の顔を自動で追いかけてモザイクをかけたり、稲妻や炎といった効果を加えたり、完全に何もないところから動画を作ったりできます。

まあ…スポーツの追い撮りなんかにはあんまり出番ない感じです。

このアプリケーション、動画に対してプログラミングができたり、とても奥が深くて完全に使いこなすのはかなりのスキルが必要になります。

使っている機材

参考までに使っている機材の情報を置いておきます。

カメラ

レンズ

ジンバル

Pilotfly Adventurer 3axis Stabilizer
Pilotfly
売り上げランキング: 822,820

α7iiiでは4Kを60フレーム/秒では撮影できないのがネックですねー。

撮像素子(センサー)サイズが35mmフルサイズなので、データの転送速度などにボトルネックがあるんでしょうね。

ただ最近はGoproとかも本当にすごくて、ハイパースムージング(撮影した映像をソフトウェアで処理することによって手ブレをなくす機能)の映像を見るとジンバルいらねーじゃんっていうより、ジンバルよりすごくね?って感じました(笑)

ジンバルはその3軸安定化機構の限界として、上下方向の動きについては完全に消すことが難しいのです。

まあさすが、Goproはスケートボードなどを撮影する用途目的で作られているだけありますね!

とはいえ、センサーサイズのでかいα7iiiは、暗いところでの撮影や、色の階調の豊かさについてGoproよりも優れています。あとは大口径レンズならではのボケみとか。

あれ?言ってて気づいたけどスケートを追い撮ることについてα7iiiを使うアドバンテージがほとんどないな・・・

・・・(笑)

そんな感じで、本日もG線上のきりんにお越しいただきありがとうございます〜♪

それではまた!

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう
🍀

更新情報をお届けします

関連記事

  1. レビュー

    世界平和の実現には、すべての情報がオープンになればいい。

    京都の撮影にやってきたついでに、大阪の難波で3Dを超えた4DMXという…

  2. Linux

    僕がWindowsではなく、Linuxを使う3つの理由

    以前にも書きました通り、僕はパソコンが大好きです。…

  3. 教育

    金のさかなのお話

    彼女の妹はまだ小学4年生。学校の授業のなかでも道徳の時間が好き…

  4. お店紹介

    佐世保市広田町にあるハイセンス美容室「NUTS」の撮影

    先日、佐世保市広田町にあるNUTSにて、ほぼ初めての動画の撮影をやって…

  5. 日記

    生きることはそれ自体、すべてが仕事なのかも知れない。

    最近は仕事が面白くなってきた。やっぱりふと考えてみたときに、い…

  6. 日記

    考えてもどうにもならない、不安のこと

    人はどうやら、そもそもがマイナスの方向に考えかたが振れやすい生きものら…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

スポンサーリンク

  1. レビュー

    あなたはもうバーチャル・リアリティ(VR)の致命的な欠点を知っているか
  2. コンピューター

    この世界はシミュレーターの中であると、私が信じるに至った理由
  3. 日記

    いつの間にかのハロウィーン文化浸透
  4. 日記

    素敵なものにふれて美しいと感じる心はどこから来るのか
  5. こころ

    慣れること、飽きること、僕らはいつも新しいこと
PAGE TOP