写真

プラスでもマイナスでもなく、あるがままに見ること

先日、父親から「時間のあるときに連絡をください。」という文面のメールを受け取った時は何事かと思いました。

物事というのは、具体的でないときが一番怖いものだとおもいます。

電話をすると「パソコンのことで分からないことがあるので教えてくれ」という内容だったのですが。

ぼくはよく、「ポジティブですね」みたいな言われ方をすることがあるのですが、自分自身は別にポジティブな方ではないと思っています。

単純に、事実を考えるようにしているだけです。

例えば、歳をとってから子供を持つと体力的に大変だから、早く作ったほうがいいよ。とアドバイスを受けることがあります。

それは確かにひとつの事実だと思います。

それと同時に、歳をとっているからこそ子供に教えてあげられることもある。という事実もあると思います。

まあ、そのどちらもじつは想像にすぎないんですけどね。

結局のところ、その時が訪れれば自然と、その人にあった問題が起こるだけです。

僕は最近、事実をただ事実としてみるという事を気がけてやるようにしています。

そこに自分の想像で作られた勝手なストーリーを差し挟むから、人は思い悩むのだろうと思うからです。

悲観的に考えるよりも、プラス思考のほうがマシであるとは思いますが、無理にプラスに考えようとすることは、すこしイビツなものに思えます。

心からそう思えるのであればいいんですが、無理はよくないなあと。

いずれにしてもプラス思考で考えた場合、もしも残念な結果になってしまった場合、その落差にくるしむことになります。

ものごとは「事実のみをあるがままに見る」ということが最も合理的なことだろうと。

というのも、最近仏教について書いてある本を読んだ影響が大きいのですが。

僕自身はカトリックなのですが、仏教について知れば知るほど、仏教面白いなと感じている昨今です。

この辺りについては近々、ひと記事書いてみたいとおもっています。

本日もG線上のきりんにおこしいただきありがとうございます。

img_48112

ぼくのご先祖にはお坊さんがいたらしいですし、先日は従兄弟が出家したらしいんですが、家系なんですかね。

ぼくはこころの仕組みとか、動きにとても興味があります。

けっきょくこの世の幸も不幸も、こころの動きひとつの話だと思うからです。

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう
🍀

更新情報をお届けします

関連記事

  1. こころ

    3.11から7年 – 嫌われ松子の一生の中に見る自己責任という無責任

    「嫌われ松子の一生」という映画を見たことがあるでしょうか。2006…

  2. 教育

    子供に何かを強いてはいけない。僕の水泳のおもいで。

    ぼくは物心がついた時にはもう泳いでいました。というのもぼくの父…

  3. 日記

    鹿児島の知覧にある、特攻平和記念館に行ってきました。

    鹿児島の知覧にある特攻平和記念館に行ってきました。…

  4. 日記

    例えばあなたが署名を求められたとき、無意識の中で起こる「知っておくべきこと」

    人間の意識というのは顕在意識と潜在意識に分けられているといいます。…

  5. ニュース

    Appleが広告ブロック機能を標準搭載した事で変わる、これからのネットの未来

    AppleがiOS9に、標準で広告ブロックを搭載したらしいですね。…

  6. 日記

    自分のために生きるという事の追記

    昨日書いた記事を今朝見なおして、言葉が足りていないなと感じたので付…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

スポンサーリンク

  1. スポット

    【写真大量】佐世保市の軍港クルーズに行ってきました
  2. レビュー

    巻爪ほぼ完全に治ったので巻爪ロボを褒め称えるの巻
  3. コミック

    科学が好きな人、真理を求める人におすすめ「決してマネしないでください。」を読んだ…
  4. スポット

    【写真】ハウステンボスでの撮影「白羊」と「黒羊」その2
  5. タクローツアー

    佐世保軍港クルーズの案内をする兄と別れ、平戸生月の大橋を撮影してきました。
PAGE TOP