日記

440Hzとは別の可能性。A(ラ)の音の違いで変わる音楽の聞こえ方

A=432Hzが心地よいという説について

先日ギターのチューニングについて調べていたところ、最近はA(ラ)の音を432Hzにしたほうが心地いい。という様な風潮がある事を知った。

これまで僕はAの音が何Hzであるかなんて、考えた事もなかったけれど、ISO(国際基準)ではA=440Hzと定められているらしい。

僕らが普段ギターの音を合わせるのに使うチューナーを使えば、自動的にA=440Hzを基準として、他のBCDEGの音も決められる。

では実際のところ、A=440HzとA=432Hzではどのくらい音の違いがあるのか。

こちらの動画で検証されているので、是非みなさんの耳でご判断いただきたい。

どうだっただろうか。

音に対する感覚は完全に人それぞれだとおもうのだけど、僕はA=440HzよりA=432Hzの方がどちらかというと心地よく感じられた。

もっと言えば432Hzよりも、もうちょっと低くてもいいんじゃないかなあとすら思った。

多分、人それぞれ肉質の硬さ柔らかさ、水分含有量の多さ少なさ、骨と肉の割合、体重など、細かな要素で言えばキリのない所にまで音波の振動というのは影響して、心地よかったりよくなかったりするものだと思う。

なので何が正解とかいうのはないものだ、とは思うのだけど、こういう基準音の高低で、同じ音楽がより心地よく聞けたりするというのはなかなかおもしろい発見だった。

ここでA=432HzとA=440Hzの色々なサンプルを聴き比べる事ができる。

A=432Hz.com 432Hzチューニングは本当に気持ちがいいか?

ページの主が作曲しているのだろうか、好きな音楽だった。

これまで単純に音、音楽というのは相対関係だけですべて決まるものと思っていたけれど、言われてみたら基準音を元にどの音域で鳴らすかというのもとても重要な要素だよねーと思いましたよ。

本日もG線上のきりんにおこしいただきありがとうございます。

ギターの弦を耳で一音ずつ完璧にチューニングしても、和音で鳴らすと音のウネリがあらわれてしまう事について長年悩んでいたけれど、その理由が、ギターが平均律を基本として作られた楽器だからだという事がわかってしまった。

ギターでは完璧な和音は鳴らす事が出来ないらしいです。ほんの僅かなところ、ですけどね。
13568645665_1d2f67d562_c
それではまた〜♪

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう
🍀

更新情報をお届けします

関連記事

  1. 日記

    ニッポンのジレンマ。自動化される社会にベーシックインカムが必要な理由。

    先日夜、パソコンに向かって作業をしていると「ニッポンのジレンマ」という…

  2. 教育

    子供に何かを強いてはいけない。僕の水泳のおもいで。

    ぼくは物心がついた時にはもう泳いでいました。というのもぼくの父…

  3. 日記

    歳を重ねるごとに、自分にうそをつくのが難しくなってきたこと

    最近、自分の好きなこと、嫌いなことについてよく考えるようになった。…

  4. 日記

    32歳になりました

    2015年8月16日、僕は32歳になりました。32歳になってから既に…

  5. 日記

    将棋の一戦の中に見る、人間の知恵と哲学

    近頃は将棋を打てない人が増えているようなので、将棋の話などをしても共感…

  6. レビュー

    故障と、失敗の確率

    先日、土光敏夫さんという人について知りました。土光敏夫さん…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

スポンサーリンク

  1. 日記

    何歳から子供にスマホを与えようと思っていますか。私の考える携帯通信端末との付き合…
  2. スポーツ

    佐世保のスケートボーダー&BMXerの写真と、それをとりまく事情
  3. コンピューター

    プログラミングの勉強、上達を目指す人におすすめの方法
  4. マタニティフォトを撮影してきました。
  5. 日記

    美しい物は外にではなく、自分の中にある
PAGE TOP