こころ

人は錯覚の中でしか生きられないけれど、それを選ぶことは出来る

先日、久々に友人たちと火を囲んでのバーベキューを楽しみました。
ここの所ずっと忙しかったので、こんなにのんびりした気持ちになったのは久しぶりで、本当に楽しい日でした。

その時に酔っ払って話した内容がちょっと印象的だったのでここに綴って置こうと思いました。

これが出来たら死ねるって事はある?

椅子に座って炭火を眺めていたら、友達が突然、「これが出来たら死ねるって事、ある?」と聞いてきました。
多分昔の自分であれば、何かしら、「あるよ」と答えただろうという気がします。
でも、今の僕にはないなあと思いました。
だから、「ないなあ」と答えたのでした。

思うに、「これが出来たら死ねる」という事は、それが達成できたとすれば、それはもう悔いなく死ねるくらいに楽しい嬉しいものなのでしょう。

であるならば僕はその時、逆に、「死にたくねえなあ」という気持ちになるんじゃなかろうかと。

せっかくこんなに面白くなってきたのに、ここで終わりなんて悔しいなあと感じてしまうのではないかと思うのです。

まあしかし、こうして今改めて考えてみると案外死ぬのも面白いのかも知れないですね。

幸せってなんだと思う?

それから友達は「幸せってなんだと思う?」と聞いてきました。
僕は「今ここにあるもの」と答えました。
友達は「そうだね〜、たしかに楽しいよね」と、皆が思い思いに過ごす目の前の光景を見ながら、笑って言いました。

僕には推察する事しか出来ないのですが、あの時彼は僕の「今ここにあるもの」という返答を違う意味で受け取ったのじゃないかなあと思いました。
つまり、「今日のバーベキュー楽しいね」という事を僕が言ったと思ったのではないかなあと。僕の言葉が少なすぎたので…。

その時僕が言いたかったのはつまり、幸せというのは、多分、どんなに酷い状況にあっても見つける事が出来るものなのではないかなあと言いたかったんですね。

幸せも不幸も、どちらも同様にこの世界を満たしていて、僕たちは、いつでもどちらでも選び取る事が出来るのだと思います。
ちょうど色々な電波が飛んでいる中で、あるチャンネルにラジオの周波数を合わせるように。

そういう風な考え方がある事は、以前から知っていた気がするんですが、最近はそれが肌感覚で分かって来たような気がしています。

僕たちは良くも悪くも自分の錯覚の中でしか生きる事が出来ないということを最近はつよく思いますね〜。僕らの心は「分かり合える」と「分かり合えない」の狭間で揺れています。

本日もG線上のきりんにおこしいただきありがとうございます。

事実は一つだとしても、その解釈の仕方は無限に用意されているという事は愉しいなあと思います。どんな錯覚の現実を生きるかというのは、本当にその人次第だと、最近はよく思うのです。

 

押されると
よろこびます
🍀

更新情報をお届けします

スポンサーリンク

関連記事

  1. お話

    世界には神も魂もない。初期仏教がじつに科学的なことに驚いたこと。

    最近ぼくは仏教に興味があるということを以前、記事に書きました。…

  2. コンピューター

    最近の僕の仕事と、プログラミングというものについて

    最近は人の血糖値を光を使って測定する装置のソフトウェアを作っているんで…

  3. 日記

    仕事の話の追記と、祭りの後の気持ち。はーとらんどにて。

    仕事についての話の続き前回、僕じゃなくても出来る様な事をやりたくな…

  4. こころ

    人を嫌いになってはいけない理由。嫌いになる前にできること。

    最近、人を嫌うということについて少し考えていたのですが、いつのころから…

  5. Linux

    僕がWindowsではなく、Linuxを使う3つの理由

    以前にも書きました通り、僕はパソコンが大好きです。パソコンというの…

  6. 日記

    海、耳抜きの実際が分かった34歳の夏

    小学生の頃には毎年夏休みになると、フェリーに乗って崎戸という島に渡った…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

スポンサーリンク

  1. 日記

    上手くやる必要はないから、とにかく表現を重ねて行くことが重要。公開が恐ろしいもの…
  2. 人間関係

    ものごとがうまく行かない時期の対処法
  3. 日記

    永遠は瞬間に達してループする
  4. スポット

    長崎県美術館のミュシャ展に行ってきました。
  5. レビュー

    故障と、失敗の確率
PAGE TOP