日記

幸せになる事をやめた時、幸せは始まる。

怒るというのは大変なエネルギーを使う。

別にそれはいいのだが、感情をむき出しにするというのが僕はちょっと苦手だ。

我に返った時に恥ずかしいというか。これは僕の持つ弱みの一つかなと思っています。

そんなこんなで、怒りそうになる時は、スッと自分から引くんです。

この感じ、伝わるでしょうか。

自分から一歩離れて、第三者的な視点で自分を見るんです。

すると、少なくとも怒りで我をわすれるという事にはならないし、目の前の事がなんだかどうでも良くなってくるというかですね。

まあ皆、こういう事は多かれ少なかれやっていると思うんですけど、意識してやってみると自分の感情の昂ぶりが引いていく様を眺めるのが面白い。

この技を上手く使えるようになるには、多分、幸せになろうと思っちゃダメなんですよね。

人が怒るっていうのは、幸せから遠ざかっていると感じているとき、それに対する拒絶反応として起こるものだと思うのです。

だから、幸せになりたいという気持ちを一旦完全に横におければ、その時、人は怒る理由もなくなってしまうんですね。

まあこの完全に自分を捨て去るっていうのが難しいもので、きっと人生の極意なのだと思います。

このテクニックは焦りや不安にも使えますので、良かったらおのおの方、試して遊んで見られたらと思います。

幸せとは

多分、幸せっていうのはいつも結果にしか過ぎないものだと思うのです。

幸せになりたいと思った瞬間、同時に不幸も一緒に背負い混んでしまう事になります。

なぜならその2つは、ある物事の表と裏の存在であり、表なくして裏は存在せず、その逆もまたありえないからです。

幸せになりたいという気持ちが不幸のはじまりであるという事は実に皮肉なことに思えますが、おうおうにしてこういう事は多いもので、そういう所が面白いものだと感じます。

要は、今目の前の事がいかに自分に不利益をなすように見える事であっても、それは自分のやってきたことの結果であり、受け止めるべきで、それでも自分は大丈夫だという事を知っておく事が大切なことだと思うのです。

人生に対する信頼感というか、ですね。

「人間万事塞翁が馬」っていい言葉だなとおもいます。

本日もG線上のきりんにおこしいただきありがとうございます。

相手の為を思って怒れば、それは叱るという事になるようですが、その時は怒っているフリだけで、頭のなかは冷静なはず。

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう
🍀

更新情報をお届けします

関連記事

  1. 日記

    食事をしながら本を読むことについて。

    先日は昼過ぎに仕事を終えて、九州に住んでいる人であれば知る人ぞ知るファ…

  2. 文章テクニック

    書き言葉で受ける印象は。僕はですます調だけれども。

    最近のぼくは、ブログの文体をですます調で書くことが多いです。べ…

  3. ニュース

    配偶者控除の廃止に想う常識の移り変わり

    配偶者控除が見直されるらしいですね。そもそも配偶者控除ってなんでし…

  4. 日記

    上手くやる必要はないから、とにかく表現を重ねて行くことが重要。公開が恐ろしいものであればあるほど、い…

    ぼちぼち始めて3ヶ月くらいになるこのブログですが、たまに「書くことない…

  5. ニュース

    TPPが5分で大体分かった感じになるページ

    日本政府が環太平洋経済連携協定(TPP)交渉について大筋合意に達したと…

  6. こころ

    久々に思いきり風邪を引いてしまい困りはてた感想

    悲しいかな、私はあまり体がつよくはないのだろうなあという事を、最近よく…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

スポンサーリンク

  1. レビュー

    全てのものは無言のメッセージを発している。情報過多の時代の僕らの生き方。
  2. 日記

    いわゆるひとつのライアーゲーム。「人狼ゲーム」で男泣き
  3. 日記

    「若いね」って言われても微妙なきもちになってきたこと
  4. Mac

    Alfredを使って特定のアプリ(プロセス)の再起動をするスクリプト
  5. レビュー

    思った通りの結果が出ない時は、やり方に筋が通っているかを考えるとき
PAGE TOP