日記

18銀行とふくおかフィナンシャルグループの統合について思うこと

来年4月に十八銀行とふくおかフィナンシャル・グループが合併してしまうというニュースをみました。

少し前に親和銀行が福岡銀行に経営統合されたのは記憶に新しいですが、ここでさらに十八銀行まで統合かあと。

この合併が完成すれば、日本最大の地銀になるという。

しかし、僕自身はこうなることは少しさびしいものだなあと思う。銀行だってたくさんある方がなんとなく賑やかでよいと思う。

銀行がひとつだけになってしまうと、どういう事が起こるだろうか。

おそらく競争がなくなる事によって、長い目でみると金利はあがり傾向になるだろうと思う。

今はマイナス金利の影響で銀行はお金を貸したがっているが、少し時間がたって状況が変われば銀行がお金を貸したがらなくなるかもしれない。

そうなった時に、土地の人たちに一つしか選択肢がないというのも、すこし寂しい。

でもそうやって銀行に融資を断られた人が信用金庫などを頼る事が増えて、力をつける信用金庫なんかも出てきたりするのかもしれない。

まあ銀行の査定でダメだった人にお金を貸すという行為はなかなかギャンブル性高そうだけれども、信用金庫や街金などの業界的にはちょっとしたチャンスなのかもしれない。

10207629_60139a82b4_o

これを書いているうちに思い出したんですが、先日兄と話していた時のこと。

僕は「もう今さら戦争なんて起きるわけないでしょう。戦争してもメリットないでしょう。」と言いました。

それに対して兄は言いました。

「今はたしかにそうかも知れない。でも10年後、20年後はどうかな。『百年兵を養うは、一日これを用いんがためである』だよ。」と。

なるほどなあと。

・・・あれ、あんまり関係ない話になってしまった気がしますね。

まあたぶん、あんまり統合されすぎて、誰かの一強になってしまうと色々と弊害が起こるものだと思いますよ。

選択肢は常に多く持ちたいものだなあと僕は思います。

こういう状況も、これからはフィンテックが解決してくれるのかな?

本日もG線上のきりんにおこしいただきありがとうございます。

それではまた♪

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう
🍀

更新情報をお届けします

関連記事

  1. 日記

    どの角度から見るかがすべてだと思う話

    先日書かせていただきました、こちらの記事http://giraf…

  2. レビュー

    堀江貴文氏著「ゼロ」を読んだ感想

    「35歳までに読んでおくべきビジネス書」という記事を見て、ランク入りし…

  3. レビュー

    スマートフォンの手帳型カバーの功罪

    この間画面バリバリになったスマホを交換してから、次は絶対に割るまいと決…

  4. こころ

    「幸せになる考え方」って間違ってはないけど、結構違うと思った話

    先日、地元のアーケードを歩いていると「幸福になる考え方」的な本が露店売…

  5. コンピューター

    最近の僕の仕事と、プログラミングというものについて

    最近は人の血糖値を光を使って測定する装置のソフトウェアを作っているんで…

  6. 人間関係

    人に話す事は自分にいい聞かせる事だと思う

    この曲はすばらしく美しい曲だと思います。流れるようなピアノのメロディ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

スポンサーリンク

  1. mvno格安SIM

    MVNO格安SIMに変更するなら、店頭での手続きをオススメする理由
  2. こころ

    あなたの生きているその瞬間に、花を添えたいんだよ
  3. イベント

    2分でわかる、九州ふっこう割と高速道路割引パスのまとめ
  4. 日記

    仕事が大好きな職人だった、爺ちゃんの話
  5. レビュー

    世界平和の実現には、すべての情報がオープンになればいい。
PAGE TOP