こころ

さよならの豚にありがとうの歌を

先日、車で道路を走っていたら、目の前に豚さんを運ぶ車があらわれた。

2階建てのトラックの1階部分に、豚さんたちは身を寄せあって、荷台から外を眺めていた。

私はといえば、妻を助手席に乗せてのんきにドライブをしていた。

あまつさえ私の胃袋はさっき寄った店で食った豚の角煮でいっぱいに膨れていた。

少し速度を上げると、豚さんのつるっとしたピンク色の肌がより鮮明に見えたので、私は思わずアクセルを踏む足をゆるめた。

私は今ご機嫌に、快適に道を走っている。

車窓には、太陽こそ隠れていはいるが新緑にもえた美しい自然が広がっている。

しかしあの荷台に乗っている豚さんたちはどうだろうか。

私達が走る道は、たしかにこの街の屠殺場へとつながっていた。

これはおそらく彼らにとって最期のドライブになるにちがいあるまい。

豚さんたちは命の奇跡に恵まれて生まれ落ち、母豚と別れ、兄弟たちと別れ、飯はたらふく食えたのだろうけど、今日のこの日にトラックの荷台に乗せられて最期の日を迎えるのだ。

そんなことを考えると、涙が出てきた。

悲しいのは、私のモノサシで彼らの気持ちを推し量ろうとするからだけど、

大人しく荷台に並び、檻の隙間から鼻を出して外の香りを嗅ぐ豚さんたちが、せめて今は、初めて経験するだろう走るトラックから、感じる世界に意識を奪われて

これから起こることを考えずに居られたらいいな、とか。

もしも、次の命にあずかることができたなら、きっと素晴らしい生涯を送ることできますように、とか。

そういうことを思って、おっさんは隣に座る妻に気取られぬよう、鼻をすすったのだった。

豚さんはどうしようもなく美味しい。

それこそ、豚さんがいない世の中なんて考えられないほどに。

だから本当は、運ばれてゆく豚さんたちを見て悲しい気持ちになることは許されないのだろう。

これからも豚さんを喰らって生きる自分は、それにふさわしい冷酷さを持つべきなのだろう。

しかし、気持ちと行動は矛盾をはらんだまま、私は今日も生きてしまうのだった。

申し訳ないって思ったらどこまでも申し訳ないから、ありがとうって思う。

そんなのは欺瞞だと言えばそれまでだけど、繰り返せばそれが本当になるかもしれない。

本当になるまで繰り返すしかないなあ。

だからこれからは、肉を食べるときは一回でも多くのありがとうを思おう。

そんなことを考えていた。

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう
🍀

更新情報をお届けします

関連記事

  1. こころ

    楽しかったあの頃のことは、世界中の金を積んでも買えない。

    だいたいの大切にされている古いものというのは、たくさんの人の命に触れて…

  2. 日記

    全体は細部を、細部は全体をあらわす。美しさと強さについて。

    先日、僕のFacebookフィードにあがってきたリンクに興味を惹かれま…

  3. 日記

    死について

    ひところ、今現在生きている人間の数はこれまでに死んだ人たちの数…

  4. 日記

    僕がテレビを見ない理由

    僕は家では、ほぼテレビを見ません。「テレビ見てない自慢」とか言われ…

  5. 日記

    誰だって、好きな事が仕事だったらもっと働きたいんだろう

    人間、生きていくには食べなきゃいけないわけで、ごはんを買うためのお金が…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

スポンサーリンク

  1. こころ

    人生が原理的にどこまでも自分の思い通りな件
  2. こころ

    私達が何を好きになるかは運次第だし、好きの気持ちに貴賤はない。
  3. 日記

    ネガティブな事には同じだけポジティブな要因が潜んでいる。
  4. レビュー

    七面鳥アホすぎ!w→人も大して変わりません。無意識下の刷り込みについて
  5. 日記

    お前変わらないよな〜って言われる時に思う事
PAGE TOP