レビュー

自分のイビキの確認がしたい人へ。睡眠中の様子を見守るSleep Cycleが面白かった

私の年代はいわゆるデジタルネイティブの1世代目に当たるのではないだろうか。

物心がついた頃、家には既にスーパーマリオがあった。

昼から夜の間スーパーマリオに没頭していると母親が嫌な顔をする事を子供心にも感じていたので、早朝4時ごろには布団から抜け出し、ファミコン朝活をする事にした。

まだあたりの薄暗い中、テレビの中のマリオになりきった私が、マリオのジャンプに合わせて正座の姿勢のままジャンプを繰りかえす姿を見た母親が「狐が憑いた!」と狼狽したという話もさもありなん。

子供をこれほどまでに熱中させるファミコンという存在に、これまで虫捕りや魚釣りや木の実拾いに情熱を燃やす子供時代を送った親世代は、得体の知れない恐怖を感じたことだろうと思う。

スーパーマリオの地下ステージでマリオの股下にコインを持ってきて「キンタマリオ」と言っては繰り返し兄弟で大爆笑をしていたのも、ずいぶん心証がよくなかったのではないか。

ある日ファミコンは母親の手によって隠されてしまった。

そんな幼少期を過ごしてきた私であるので、今でもデジモノには目がない。

最近はわりと新しめのアイフォーンを手に入れた事で、好奇心を満足させる毎日を送っている。

iPhone7plusは各種のセンサーの完成度が素晴らしく、それらを駆使したアプリの出来の良さに連日舌を巻き続けているのです。

Sleep Cycle

特に気に入ったのが、「Sleep Cycle」という睡眠時間を管理するアプリ。

人間は睡眠中に、「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」という状態を行ったり来たりする事は皆さんもご存知であることだろう。

レム睡眠とは覚醒状態に近い浅い睡眠であり、この間に人間は記憶の整理を行うと考えられている。

一方ノンレム睡眠とは深い睡眠の事で、この間に人間は体力を回復させている。

このSleep Cycleというアプリは、マイクを使ってユーザーの睡眠を監視し、レム睡眠とノンレム睡眠のサイクルをグラフ化してくれるのだ。

そして指定した時間帯でもっとも眠りの浅いタイミングを狙って、雅(みやび)なメロディーの目覚ましを鳴らしてくれる。

実際、今朝「ぼちぼち起きる頃かな?」と目が覚めかけたタイミングでSleep Cycleの覚ましが鳴ったのには驚いた。

「見事にレム睡眠を見計らいおってこやつめ。ハハハ。」

という気持ちになり、朝からすこし浮かれた。

その上こいつには寝ている間のイビキを録音する機能までついている。

無料バージョンではイビキが録音されていることは分かるが、それを聞く事はできない。

「どうしても自分のイビキが聞きたい」

そう思ったオレは迷わず一ヶ月無料のフルバージョンを試す事にした。

そして今朝も3分に渡って録音された自分のイビキを聞きながら、人類のテクノロジーの進歩について密かに感動していた。

録音されたイビキ

寝ている間というのは自分であって自分でないような物である。

よく妻に「昨晩、あなたの放ったオナラの回数とその匂いには凄まじいものがあった」などと言われる事がある。

悔しいが確かに、オレの腸が人に比べて弱いところのある事は認めよう。

妻が嘘をついているとまでは言わない。

しかし証拠もないのにオレが睡眠中に夜通し屁をこいていたなどという不名誉を吹聴される事には少々寂しさを感じるのである。

このアプリを継続して有料バージョンとして使うには年間に3000円の料金がかかるらしい。

もしもこのアプリが寝ている間に屁の音を録音し、カウントしてくれるならば、オレは年間3000円も惜しくはないと思っている。

どうせそこまでするならば、歯ぎしりや寝言も録音してくれればいいと思う。

これらは全てオプションとして販売なんていうのはどうだろう。500円までなら出す。

Sleep Cycleの開発者の方々、こんな機能を付ける予定はないのでしょうか。

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう
🍀

更新情報をお届けします

関連記事

  1. ウェブサービス

    30日間無料でBD,DVD借り放題のTSUTAYA DISCASを試しに使わせてもらった

    ある日メールボックスを開くと、TSUTAYAの新しく始めた「TSUTA…

  2. 日記

    『こだわり』のこと

    モノゴトの意味は、見る角度のかずだけ存在しています。見る角度と…

  3. ライフハック

    不安な気持ちになった時に使う、不安の消しかた。

    不安とは期待の影です不安というのは、あとすこしで分かりそうなの…

  4. 日記

    祖母の命日

    先日、3月のよく晴れたある日、祖母が亡くなった。これにて私には…

  5. 日記

    ぼくが自分の直感を信じずにバカを見たはなし

    先日、高速道路で鹿児島から佐世保に帰ってきている時のことです。…

  6. 人間関係

    わざわざスピードを上げて、車線に入ろうとする車を妨害するドライバーについて

    先日、長崎県諫早市に向かう途中での出来事でした。同じ長崎県内で…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

スポンサーリンク

  1. 日記

    言葉に、色と形を与えること
  2. ライフハック

    子供の写真や動画を確実に未来に残すためのバックアップ方法
  3. 日記

    コロナウィルスの影響によるマスク買い占めについて思うこと
  4. レビュー

    ARCHISSのちょっといい静音キーボードを買ったレビュー
  5. こころ

    3.11から7年 – 嫌われ松子の一生の中に見る自己責任という無責任…
PAGE TOP