日記

考えてもどうにもならない、不安のこと

人はどうやら、そもそもがマイナスの方向に考えかたが振れやすい生きものらしいです。

というのも、いまよりもっと恵まれていなかった時代、生き残るためには危機感を持っていなければならなかったのでしょう。

というよりも、危機感を持たなかった人々がみんな死んでしまった、という方がただしいでしょうか。

たぶんぼくたちは、進化の過程で危機感をそなえた人々の子孫であるということがおおむね、言えるのだと思います。

さて、かつては実に役に立ったであろう、この危機感ですが、現代においてはあまり必要でないのではないかなと思います。

僕らはまず、飢えて死ぬなんてことはよっぽど起こりそうにないし、むしろ不安になりやすいというのは日常生活をおくる上で結構マイナスなのではないかなと。

そう、問題は危機感によって引き起こされる、この「不安」なのだと、思うのです。

例えば、本当に起こるかどうかわからないことについて、ぼくは先日、おおいに悩みました。

結局はなるようにしかならないようなことを悩むことで、目の前の楽しいコトや、集中するべきコトが手につかなくなってしまうようなことです。

どうせ命を奪われるようなことではないのにもかかわらず、どうして悩んでしまうんだろう。

なんで不安なんだろう。

この「不安」の感情。

つまるところ人間のすべての負の感情はここから発せられるのではないかと思うのです。

泣く人、悲しむ人、怒る人、怒るだけにとどまらず、だれかを攻撃する人。

その根底に流れている感情は「不安」なんだろうと。

この不安というのは実にやっかいです。

まったく抗うことをしなければ、肉体のおとろえなどに応じて増すようにできているのです。

だからと言って最期の日までずっと不安に抗って生きていくことができるでしょうか。

たぶん、無理です。

おそらくこれは、抗うような性質のものではなく、寄り添って生きるようなものなのだと思います。

不安について考えても、もうどうしようもないので、そんな時は筋トレでもしたほうがだいぶマシってことに気づいたわけです。

12028111995_472bf02ea4_c

本日もG線上のきりんにおこしいただきありがとうございます。

もし今朝あなたが目覚めた時、病気でなく健康だと感じることができたなら、あなたは今週生き残れないであろう百万人のひとたちより恵まれている。

もし冷蔵庫に食料があり、着る服があり、頭の上に屋根があり、眠れる場所があるなら、あなたはこの世界の75%のひとよりも裕福で恵まれている。

もし銀行に預金があり、財布にお金があるなら、あなたはこの世界のなかで上位8%の裕福なひとの中にはいっている。

ぼくら日本に生まれただけでこんなにも幸運なはずなのに。

不安になる時はなるんだよなあ。

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう
🍀

更新情報をお届けします

関連記事

  1. 日記

    子どもたちの未来のためにできること

    子どもが生まれてからというもの、テレビや雑誌広告に踊る「子どもたちの未…

  2. 日記

    素敵なものにふれて美しいと感じる心はどこから来るのか

    ある学者の、顔に関する実験ある学者が、罪を犯す人を事前に見つけるこ…

  3. 日記

    Mac使いでブログを書くなら絶対損しないからMarsEditを買ったほうがいいよ

    正直、最近はブログを書くのがとても面倒に感じるようになってしまった。…

  4. ニュース

    トランプ新大統領就任で在日米軍の撤退はあるか。アジア、日本の価値とは

    なんと実業家ドナルド・ジョン・トランプ氏が第45代アメリカ大統領に選出…

  5. こころ

    ほんとうに必要なものは、少ししかないから。ぼくはモノを捨てまくる。

    ぼくはあまり、モノが好きじゃないのだ。いや、これはさすがに少し…

  6. 人間関係

    人は褒めて伸ばすべきか、叱って正すべきか。それを知るための一つの事実

    わたしには子供がいませんが、いつか子供が出来たとき、ほめて育てるべきか…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

スポンサーリンク

  1. レビュー

    クジラでっか!はじめてヴァーチャルリアリティーを体験してきたよ!
  2. 写真

    紫陽花の頃の写真コンテストで入賞をいただきました。
  3. コンピューター

    PCを持ち歩いたり、整理整頓が好きな人にぴったりのバックパック
  4. 日記

    永遠は瞬間に達してループする
  5. スポーツ

    佐世保のスケートボーダー&BMXerの写真と、それをとりまく事情
PAGE TOP