日記

考えてもどうにもならない、不安のこと

人はどうやら、そもそもがマイナスの方向に考えかたが振れやすい生きものらしいです。

というのも、いまよりもっと恵まれていなかった時代、生き残るためには危機感を持っていなければならなかったのでしょう。

というよりも、危機感を持たなかった人々がみんな死んでしまった、という方がただしいでしょうか。

たぶんぼくたちは、進化の過程で危機感をそなえた人々の子孫であるということがおおむね、言えるのだと思います。

さて、かつては実に役に立ったであろう、この危機感ですが、現代においてはあまり必要でないのではないかなと思います。

僕らはまず、飢えて死ぬなんてことはよっぽど起こりそうにないし、むしろ不安になりやすいというのは日常生活をおくる上で結構マイナスなのではないかなと。

そう、問題は危機感によって引き起こされる、この「不安」なのだと、思うのです。

例えば、本当に起こるかどうかわからないことについて、ぼくは先日、おおいに悩みました。

結局はなるようにしかならないようなことを悩むことで、目の前の楽しいコトや、集中するべきコトが手につかなくなってしまうようなことです。

どうせ命を奪われるようなことではないのにもかかわらず、どうして悩んでしまうんだろう。

なんで不安なんだろう。

この「不安」の感情。

つまるところ人間のすべての負の感情はここから発せられるのではないかと思うのです。

泣く人、悲しむ人、怒る人、怒るだけにとどまらず、だれかを攻撃する人。

その根底に流れている感情は「不安」なんだろうと。

この不安というのは実にやっかいです。

まったく抗うことをしなければ、肉体のおとろえなどに応じて増すようにできているのです。

だからと言って最期の日までずっと不安に抗って生きていくことができるでしょうか。

たぶん、無理です。

おそらくこれは、抗うような性質のものではなく、寄り添って生きるようなものなのだと思います。

不安について考えても、もうどうしようもないので、そんな時は筋トレでもしたほうがだいぶマシってことに気づいたわけです。

12028111995_472bf02ea4_c

本日もG線上のきりんにおこしいただきありがとうございます。

もし今朝あなたが目覚めた時、病気でなく健康だと感じることができたなら、あなたは今週生き残れないであろう百万人のひとたちより恵まれている。

もし冷蔵庫に食料があり、着る服があり、頭の上に屋根があり、眠れる場所があるなら、あなたはこの世界の75%のひとよりも裕福で恵まれている。

もし銀行に預金があり、財布にお金があるなら、あなたはこの世界のなかで上位8%の裕福なひとの中にはいっている。

ぼくら日本に生まれただけでこんなにも幸運なはずなのに。

不安になる時はなるんだよなあ。

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう
🍀

更新情報をお届けします

関連記事

  1. こころ

    複雑極まる価値観のるつぼ時代を生きる、僕らに必要な心構え

    師走の時期、また忙しい現代社会でありますから、まずは結論を述べさせてい…

  2. 日記

    中学生の頃に友達に催眠術をかけた話

    前回のエントリーで世界の果てまでイッテQ!の事にちょっと触れました。…

  3. 日記

    ニッポンのジレンマ。自動化される社会にベーシックインカムが必要な理由。

    先日夜、パソコンに向かって作業をしていると「ニッポンのジレンマ」という…

  4. 日記

    多分全部がちょうどいい。「焦らない力」について

    歳を取るごとに日々が味わい深いものに変わっているのを感じる。若…

  5. 日記

    この世はやるかやられるか…?僕がこの手にかけた命の話

    先日車でご機嫌なロードを快適なスピードで走行していた時の話です…

  6. 人間関係

    人間の幸福にとっても最も大切な要素

    Grunt Studyという実験、ご存知でしょうか。アメリカハーバ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

スポンサーリンク

  1. 日記

    温泉の良さは水風呂にあると見つけたり
  2. 日記

    善悪の基準と人間関係の話
  3. 日記

    大人の強みを活かしたい。30歳を超えた人の生き方。
  4. 日記

    市場の中での自分の価値を1/100万人に出来る話が面白かった
  5. ライフハック

    掃除の習慣を身につけたい人は、お掃除ロボを買うとよい3つの理由
PAGE TOP