日記

考えてもどうにもならない、不安のこと

人はどうやら、そもそもがマイナスの方向に考えかたが振れやすい生きものらしいです。

というのも、いまよりもっと恵まれていなかった時代、生き残るためには危機感を持っていなければならなかったのでしょう。

というよりも、危機感を持たなかった人々がみんな死んでしまった、という方がただしいでしょうか。

たぶんぼくたちは、進化の過程で危機感をそなえた人々の子孫であるということがおおむね、言えるのだと思います。

さて、かつては実に役に立ったであろう、この危機感ですが、現代においてはあまり必要でないのではないかなと思います。

僕らはまず、飢えて死ぬなんてことはよっぽど起こりそうにないし、むしろ不安になりやすいというのは日常生活をおくる上で結構マイナスなのではないかなと。

そう、問題は危機感によって引き起こされる、この「不安」なのだと、思うのです。

例えば、本当に起こるかどうかわからないことについて、ぼくは先日、おおいに悩みました。

結局はなるようにしかならないようなことを悩むことで、目の前の楽しいコトや、集中するべきコトが手につかなくなってしまうようなことです。

どうせ命を奪われるようなことではないのにもかかわらず、どうして悩んでしまうんだろう。

なんで不安なんだろう。

この「不安」の感情。

つまるところ人間のすべての負の感情はここから発せられるのではないかと思うのです。

泣く人、悲しむ人、怒る人、怒るだけにとどまらず、だれかを攻撃する人。

その根底に流れている感情は「不安」なんだろうと。

この不安というのは実にやっかいです。

まったく抗うことをしなければ、肉体のおとろえなどに応じて増すようにできているのです。

だからと言って最期の日までずっと不安に抗って生きていくことができるでしょうか。

たぶん、無理です。

おそらくこれは、抗うような性質のものではなく、寄り添って生きるようなものなのだと思います。

不安について考えても、もうどうしようもないので、そんな時は筋トレでもしたほうがだいぶマシってことに気づいたわけです。

12028111995_472bf02ea4_c

本日もG線上のきりんにおこしいただきありがとうございます。

もし今朝あなたが目覚めた時、病気でなく健康だと感じることができたなら、あなたは今週生き残れないであろう百万人のひとたちより恵まれている。

もし冷蔵庫に食料があり、着る服があり、頭の上に屋根があり、眠れる場所があるなら、あなたはこの世界の75%のひとよりも裕福で恵まれている。

もし銀行に預金があり、財布にお金があるなら、あなたはこの世界のなかで上位8%の裕福なひとの中にはいっている。

ぼくら日本に生まれただけでこんなにも幸運なはずなのに。

不安になる時はなるんだよなあ。

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう
🍀

更新情報をお届けします

スポンサーリンク

関連記事

  1. 日記

    自分のために生きるという事の追記

    昨日書いた記事を今朝見なおして、言葉が足りていないなと感じたので付…

  2. 日記

    まっすぐのまなざし

    人間、やはり誰かに対して後ろめたい事をしてしまう事があると思います。…

  3. コンピューター

    歳をとってからの方が挑戦しやすいと思う理由。まだ間に合う、ちょっと未来の話。

    人間、結局のところ強みも弱みもないと思うんですよね。どんな弱みも強…

  4. 写真

    写真コンテストで銀賞をいただきました。

    株式会社インターライフさん主催のコスプレ写真コンテストにて銀賞をいただ…

  5. お金

    コンテンツ制作に携わる人々のブルース。次回のもくもく会で話したいコト

    一ヶ月の早さを感じております。次回のもくもく会についてです。…

  6. 日記

    上手くやる必要はないから、とにかく表現を重ねて行くことが重要。公開が恐ろしいものであればあるほど、い…

    ぼちぼち始めて3ヶ月くらいになるこのブログですが、たまに「書くことない…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

スポンサーリンク

  1. レビュー

    失敗した買い物シリーズ〜macアプリ「OmmWriter」その致命的バグ〜
  2. こころ

    怒りを感じた時に唱えるとよい、最強のコトバ
  3. コンピューター

    ネットから家電を操作する未来が既に来ていたとは。しかも結構お安いのね。
  4. こころ

    ほんとうに必要なものは、少ししかないから。ぼくはモノを捨てまくる。
  5. 日記

    自動運転よ早くこい!車の未来の話をしよう
PAGE TOP