日記

鹿児島にやってきました。

今、鹿児島にやってきています。

鹿児島に来るのは人生で二度目なのですが、一度目は果たしてカウントしていいのかどうか、というくらい、ちょろっとしたものだったので実質的には人生初の鹿児島です。

現在、鹿児島市内にいるのですが、昨日の17時前くらいに出発して、休憩をはさみながらも車で移動しつづけ、12時くらいになったとき、限界を感じて熊本の人吉で宿を取りました。

そこから今朝の9時くらいに出発し、11時過ぎにようやく鹿児島市内にたどり着きました。

鹿児島、中心部は想像以上に都会で驚きました。

さすがは薩摩。です。

九州の南の果てのこの場所は、実に活気の溢れているところでした。

突然ですがぼくは大のバッグ好きで、今回の鹿児島商業地見物の時ついに、これこそまさに僕の求めていたものと言えるようなバッグを発見してしまいました。

今回でついに、より機能的なバッグを求める旅路が終わりをむかえそうです。後日ご紹介したいとおもいます。

それから、「とんかつ川久」というお店で黒豚を食べました。

鹿児島といえば黒豚、その味は噂にたがうことなく、実に美味しかったです。

運良く一席空いている時に入ったのですが、その後店員さんから「他のお客様との相席をさせてもらってもいいでしょうか」と尋ねられました。

佐世保の方ではあんまりないことなので、鹿児島には「相席文化」のようなものが、しっかりと根付いているのかなあと思いました。

それから、鹿児島に行くならここに行け、とおすすめされていたバーに行ってきました。

「ゆらぎ」というお店だったのですが、これまた想像以上に良いお店でした。

「俺、大人になって酒を楽しんでるーって気になれるよ。」との前評判通り、まさにそんな感慨深い感じをえることができました。

お酒は樽にいれた状態で数年、数十年熟成させるのですが、この時、樽の蓋をしめていても、年に 2〜3%ほどアルコールや水分が気化したものが抜けていきます。樽は水分を通さないけれど、気体は通してしまうからです。
この年に数%失われるお酒のことを「天使の取り分」と呼ぶそうです。

オツな呼び名ですネ。

1527877298_7af1a79372_z

本日もG線上のきりんにおこしいただきありがとうございます。

今回の旅の一番の目的は知覧に行くことです。

明日は、知覧特攻平和会館に行ってきます。

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう
🍀

更新情報をお届けします

関連記事

  1. こころ

    楽しかったあの頃のことは、世界中の金を積んでも買えない。

    だいたいの大切にされている古いものというのは、たくさんの人の命に触れて…

  2. レビュー

    肩すかしブレードランナー2049と”新米野郎!”の呼び声に秘められた愛につい…

    今月もまた映画の日につられてホイホイと映画を見に行くことにした。…

  3. 日記

    僕がテレビを見ない理由

    僕は家では、ほぼテレビを見ません。「テレビ見てない自慢」とか言われ…

  4. 日記

    仕事が大好きな職人だった、爺ちゃんの話

    僕のじいちゃんは、もう亡くなったんですが、ペンキ職人で、腕一本で沢山の…

  5. 人間関係

    背中合わせの優しさと臆病さ

    ぼくは基本的には人に対して「それは間違っていますよ。」ということは言い…

  6. こころ

    人は錯覚の中でしか生きられないけれど、それを選ぶことは出来る

    先日、久々に友人たちと火を囲んでのバーベキューを楽しみました。ここ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

スポンサーリンク

  1. ニュース

    ついに始まったAmazonプライムビデオの感想
  2. ウェブサービス

    Rawデータでもアップロード無制限!Amazonプライムフォトスタート!
  3. 【写真】近所の山に登って、初めて本気の夜撮影をしてきた話
  4. 写真

    朝自転車で通勤しながら写真を撮影する朝活はじめました。
  5. レビュー

    象印とサーモスの水筒を比べた。豊かさとともに穏やかなる象の容貌(かお)
PAGE TOP