日記

させぼ市民活動交流プラザのコンピューター講座に行ってきました。

今日は以前から楽しみにしていた、「サーバー3分クッキング」と題した講座に僕らは友人、知り合いこぞって5人で行ってきました。

僕ら以外の参加者は見当たらず、突然いっきに5人で現れたぼくらに、講師の人も少々驚かれていました。

あとから聞くと「誰も来ないと思っていた。」と。

サーバー3分クッキングの内容

そもそも講師の人はWindowsユーザー向けの講義を想定されていたようだったのですが、その日はたまたまぼくら5人、誰もWindowsを持ってきておらず、講師の人が簡単に事を進められるように用意してくれていたツール郡が使えませんでした。

その結果5人中4人が講義が始まって30分くらいでリタイア、残りの一人が頑張って内容を進めていき、周りの僕らは好き勝手な事をやるという会になりました(笑)

講師の人は「次はもっとちゃんと準備してきます。」と言ってくださったのですが、僕は全然いいと思うんですよね。

とりあえず出してみて、ダメなところがわかれば次やるときに上手くやれるもんだと思っていますので。

なにより、こういう事を自発的にやってくれる人が佐世保にいるという事がわかったことが何よりも嬉しいことだなと思いました。

「長崎や福岡の方ではもっとしっかりした感じでやってる人がたくさんいる。」との事だったので、ぜひ参加してみたいなと思いました。

ということで、本来の内容であるサーバー3分クッキングの内容については、僕の実力不足で全然消化できませんでした。w

集まってる人たちみんなが素晴らしかった

そもそもの勉強会の目的は果たせなかったとはいえ、それぞれみんな「目的をもって何かに打ち込んでる」人たちが集まってる感じはとてもいい雰囲気でした。

僕はわりと、普段は一人でもくもくとやるタイプなのですが、今回のように同じものに興味を持っている人たちが集まって意見を交換しあうのはとても刺激的なものだなと。

やっぱり同じ興味を持つ人達が集まるってすごく強いんですよね。

日進月歩で技術は進んでいくし、その分野も多岐に渡るので、同じ興味を持つ人たち一人ひとりが情報に網をはる事で、広い範囲をカバーできたりするのかなと。

会話をしながら色々なところに話がとびつつも、結局全部興味のある話題の時間というのは、嬉しいものです。

モチベーションが上がったのを感じつつ、ちょっとやりたい事もできたので、これからまたはりきって行きたいとおもいました。

そうそう、させぼ市民活動交流プラザ、とってもよかったですよ。

登録団体ならばほとんど無料で使えるようです。
駐車場もかなり大きめのものがありましたので、非常に使い勝手のよさそうな施設です。

今回使った会議室はこういうところでした。
51-4

借りる事のできる設備も良い感じ。
スクリーンショット 2016-02-20 21.45.34

本日もG線上のきりんにおこしいただきありがとうございます。

それではまた♪

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう
🍀

更新情報をお届けします

関連記事

  1. 日記

    風呂の窓をぶち破って、落とし物を探して雨の中さまよっても元気

    おとといの夜に「明日は早起きしてやろう!」と思いたち、昨日は朝6時に目…

  2. 日記

    心のままで話せるように

    僕は、苦手な事を克服する必…

  3. こころ

    恋人が欲しいひとへ送る、人から拒絶されない方法

    先日、友人と話していて彼は「恋人が欲しい気持ちはあるけれど、声…

  4. こころ

    複雑極まる価値観のるつぼ時代を生きる、僕らに必要な心構え

    師走の時期、また忙しい現代社会でありますから、まずは結論を述べさせてい…

  5. 日記

    近況的なこと – 地獄の引っ越し騒ぎをこえて

    最近はこちらのブログがすっかりなおざりになっており、たまには何か書くか…

  6. 日記

    これにて一年分、365記事がようやく書けました

    去年の8月から開始したこのブログですが、ようやく365記事目に到達しま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

スポンサーリンク

  1. グルメ

    コスパ最高の70%カカオが香るチョコレート「スペリオールエクアトゥール」
  2. スポット

    【写真】ハウステンボスでの撮影「白羊」と「黒羊」その1
  3. レビュー

    ヒトの心の探求を助ける名著「嫌われる勇気」と「幸せになる勇気」
  4. こころ

    楽しかったあの頃のことは、世界中の金を積んでも買えない。
  5. 人間関係

    あなたは私であり、私はあなたである。全ては自分自身だ。
PAGE TOP