エッセイ

もう環境のせいにはできない – もしも世界が思い通りなら。

いくつかの心の世界についての本を読んでいて、僕のなかに生まれた一つの結論があります。

それは、人間は常日頃何を考えているかが重要であり、その「思考は現実化する」というのが、どうやら本当らしいという事です。

正直、プログラマーであり、論理の世界に生きる自分が、こんな非科学的な事を言ってしまうのには抵抗があるのは否めないのですが。

でも、だからこそ、今言うのかも知れません。

多分、ほんとうに「思考は現実化する」らしいと。

おっと、呆れてページを閉じるのはもう少し待ってください。

少しだけ、もし、本当に僕達が思い描いたものが”完全に”現実化するとしたなら、という世界を想像してみませんか。

思考が現実化する可能性

この世界を構成する最小の存在、全ての物質の根源である量子は、人の意識、精神によってその挙動を変えるかも知れない。という話があります。

現在、まだ確証はありませんが、そういった事実があるのかどうか、かのNHKもかつて注目して放送していたようでした。

これが果たして「思考が現実化」する事の根拠になるのかどうかはわかりませんが、もし本当であるならば、人の意識が長い間量子に対して影響を与え続けた結果、思い続けた世界を形作る事になるかも知れないという一応の筋は立ちます。

そこはスーパー自己責任の世界

もし本当に、完全に「思考が現実化」するならば、すべては自分の意思次第だという事になります。

そこに他人の干渉はありえないのです。全ては自分の思い通りであるワケなのだから。

自分の夢、希望があって、それが何かの外的要因によって絶たれたとしたなら、それは全て、自分がそう思った結果であるという事になります。

つまり自分の現状、環境は完全に自分に責任があるという態度がとれるようになります。

その世界では「(自分の生まれた環境がこうだったから)(自分の家族はこうだったから)(自分の会社はこうだから)・・・○○が出来ない。」とは一切言えないのです。

この世界観、自由で潔くて、好きだなあと思うんですが、いかがでしょうか。

トロフィーは多分、必要なだけ用意される。

5195546532_b4c085fecf_z

ひとつのトロフィーを狙う二人の人間AとBがいるとします。その二人ともトロフィーを手に入れる事に対する情熱が同じくらいだとした場合、多分、そのふたりともがトロフィーを手に入れる事ができるのではないかなと

つまり、Aがトロフィーを手に入れた世界と、Bがトロフィーを手に入れた世界に宇宙は分岐しちゃうんじゃないかな。なんていう事を最近は妄想しています。

並行宇宙なんていう言葉がありますが、宇宙は無限に分岐しながら存在しているんじゃないかと思うのです。

これは、僕達が必要とするものは全ての人に必要なだけ用意されているという事です。

だとすればさすが宇宙ですね。懐の広さ半端ないっていう。

こう考えると、なんだか平和でよい気分です。

本日もG線上のきりんにおこしいただきありがとうございます。

もしも世界が思い通りであるなら、そこは「あいつがああだから、こうなんだ。」とか「もしもあいつがもっとこうだったら。」という悩みとは無縁の世界であるわけです。実に清々しいですね~。

僕は本当に、世界はそんな仕組みで動いているような気がします。

8648217918_f34cd07893_z

それではまた♪

 

この記事がおもしろかったら
ポチリと押してみるボタン

更新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. エッセイ

    ぼくが自分の直感を信じずにバカを見たはなし

    先日、高速道路で鹿児島から佐世保に帰ってきている時のことです。…

  2. エッセイ

    歳をとってからの方が挑戦しやすいと思う理由。まだ間に合う、ちょっと未来の話。

    人間、結局のところ強みも弱みもないと思うんですよね。どんな弱みも強…

  3. エッセイ

    本当の意味でのプラスって存在するんだろうか。人間の価値は加減するような性質ではないと思う。

    最近よく思うんですが、本当の意味で「プラス」という物が存在するのかなと…

  4. エッセイ

    これからの時代のデジタルカメラの選び方

    結構カメラの事で相談される事があるんで、これからのカメラを買いたい人に…

  5. エッセイ

    土日の部活がなくなるかも?子どもたちはもっと広く可能性を探す事が出来る気がする。

    僕は中学生の頃、部活をやっていなかった。正確に言うと中学校の入…

  6. エッセイ

    虫とか出来れば殺したくないし、他者の命を閉じる時は覚悟をもって成すべきだと思う

    最近虫を殺す必要性をあんまり感じなくなりました。突然、近くを飛んで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

フェイスブックページ

最近の記事

月間人気記事

  1. コミック

    漫画ハルロックを読んだ感想 電子工作の楽しさと可能性を描いた漫画
  2. Linux

    bashからzshに変更しました。僕のたまごっち的な仕事道具
  3. エッセイ

    原発再稼働?廃炉?伊方原発再稼働に思うこと
  4. エッセイ

    大人になるということ。その過程で得るもの、失うもの。
  5. コンピューター

    アナログとデジタルの違いをわかりやすく説明
PAGE TOP