レビュー

G線上のきりん5周年、管理人37歳の近況

いったい何のめぐり合わせか、この世に生を受け、私という意識が芽生えてからもう37年が経ったようです。

今、ふと見返してみると、このブログは32歳の時に始めていて今年で5年目ということで、節目の年といえるでしょう。

ブログ自体はこのブログを始める以前から色々やっていました。

一番最初にやったのは、もう忘れてしまったんですがマイクロソフトのサービスだったかな。

そのあとMixiが出てきて、ある時期みんなそちらに移行してしまいました。

そしてMixiが廃れ、Facebookが台頭、Twitterが開始、SNSという言葉が生まれたのもこの頃だったかと思います。

はじめはネット上でしっかりと日記を書いていたみんなの文字数はどんどん減り、いつしかリアルタイム性が重視されるようになりました。

言葉数は少なくなった代わりに、太くなった回線にはたくさんの写真や動画が流れ始めるようになりました。

この間、いろんなブログサービスが生まれ、消えて行きました。

そんな時代の流れの中で私は、私だけの確固たる日記帳を仮想現実に持ちたいと願いました。

プラットフォームの意思に左右されない、永久にバックアップが可能な空間で、日々の自分の内的な出来事を記録しておきたい。

そうして生まれたのがこのブログでした。そして今、目的通りの役割を果たしてくれています。

最近のこと

最近は嬉しいことが2つありました。

一つは趣味でもある投資について。

これについて、これまでも色々なことを考えてきましたが、投資に関する持続可能性について、最近、一定の結論を得ました。

すでに悩みの時期は終わり、あとは行動に移すだけという段階に来たので、心配がないワケではないのですが、肚が決まったことで心は穏やかです。

それともう一つ、お盆の間は新型コロナウィルスの影響で、なるべく人との無用の接触を避けることを気がけていました。





感染症の社会的拡大を抑えるためには、一人ひとりが他者との接触を避けることが必要というのが建前ですが、私にとって今は妻と妻のお腹の中にいる赤ちゃんへのウィルス感染の可能性をいくらかでも低めたいというのが最大の理由です。

私は今年の冬、人の親になります。

今は生まれてくる我が子と出会う日がとても待ち遠しいです。

いつか大きくなってこのブログを見たりするのだろうか、なんて。

あ、そう言えばもう一つ。

最近読んでいる本が2つあるのですが、どちらも面白いので紹介します。

一つがこれ、まだ読み始めですが、さすが有名な本なだけあって引き込まれる内容です。

もう一つがこれ

これは今上巻を読み終わったところですが、この著者の人が私はすごく好きです。

このひとはこの本以前に「サピエンス全史」という本を書いているのですが、この本もとても良かった。

私がこれまでに読んだ本の中でも特におすすめできる本です。

「サピエンス全史」は人類のこれまでを、「ホモデウス」は人類のこれからを論じています。

ここまで書いて、もう一つおすすめを思いつきました。

少し前に取りざたされていた「MMT(Modern Monetary Theory / 現代貨幣理論)」についてとても分かりやすく書かれています。

看板に偽りなしの、まさに「目からウロコ」の内容でした。おすすめです。私も友達におすすめされて読みました。

さて、この記事でこのブログも553記事目となりました。

本日もG線上のきりんにお越しいただきありがとうございます。

5年間お付き合いいただいている方も、今日始めてここに来られた方も、健やかで、楽しみの多い人生を送られることを願っています。

スポンサードサーチ

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう
🍀

更新情報をお届けします

関連記事

  1. レビュー

    許すまじ宇宙ゴミ。アニメのプラネテスが面白すぎて紹介したい

    Amazonプライムに加入している。無料でお急ぎ便が使えるし、…

  2. コンピューター

    この世界はシミュレーターの中であると、私が信じるに至った理由

    先日無事入籍致しました。管理人のクニオですどうも〜。今日はかなりの…

  3. こころ

    気負う必要がないのは、人生がほぼ100%運ゲーだから

    夜に電話がなった。発信元を確認すると母からだった。この…

  4. 人間関係

    顎を触りながら唇を触る癖のある人は◯◯がしたいらしい。

    先日本屋に行くと、売れてる本の棚の中に一つ面白そうな本を見つけた。…

  5. レビュー

    長時間のバスなどの車中旅行の前に準備しておくと良いもの。A.首枕

    先日、ぼくは鹿児島県の東側の半島、大隅半島に向かっていました。…

  6. レビュー

    故障と、失敗の確率

    先日、土光敏夫さんという人について知りました。土光敏夫さん…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

スポンサーリンク

  1. 日記

    ぼくはずっと言葉に救われてきた
  2. 日記

    2020年を生きる
  3. 日記

    風呂の窓をぶち破って、落とし物を探して雨の中さまよっても元気
  4. 日記

    子どもたちの未来のためにできること
  5. お金

    三菱東京UFJ(MUFG)も扱い始める「仮想通貨」、時代は変わり続けるよ!
PAGE TOP