こころ

慣れること、飽きること、僕らはいつも新しいこと

最近は全然文章を書いていなかった。

というわけでもない。
毎日日記をつけるという習慣は、今も続いている。
ときに、2〜3日分の日記を書いたりもするけれど・・・。

最近、人生、命、というものは実によくできているものだということを考える。
つまりそれはどういう事かと言うと、人生とは、命とは「慣れ」と「飽き」の連続だということ。
また変な事を言い始めたとお思いの方も多いと思う。

例えばあるところに二人の – 貧乏な人間と金持ちの人間がいたとする。

金持ちはたくさんのお金を持っているが、お金を持っているという状態を維持するために、気苦労も多い。
逆に、貧乏人はどうかというと、守るものがないため実に身軽ではあるが、当座の食料を得るために気苦労が多い。

また別のところに、健康な人間と不健康な人間がいたとする。

健康な人間は毎日自由に動くことができるが、自由に動く自身の体についてことさら特別な感謝を抱くことはない。
逆に、不健康な人間は自由に動く事ができないが、かつて自由に動いた肉体のありがたみを心から感じることができるはずだ。

面白いのは、このそれぞれ対極の関係にある人間が、逆の立場になったとしても、果たして両方の立場を完全に知っている人間にはなれないという事だ。

貧乏な人間が金持ちになったとしても、不健康な人間が健康になれたとしても、
すぐにその環境に「慣れ」、「飽き」てしまう。
かつて辛かった事なんて、いつまでも覚えてはいられない。
すぐに別の満たされなさに目を向けてしまうのだ。
僕達は空腹の時には満腹を望み、満腹の時には空腹を望むのである。

だから – 実に陳腐な表現にすぎないのだけれど – 大切な事は無理やりにでも今この瞬間に満足をする事だ。
その心構えがないかぎり、どの道をどこまで行こうと心の平安が訪れることは決してないだろう。

ある還暦をすぎたミュージシャンが「きついというのは違う、そんなものは当たり前だ」と語っていた。

そう、僕達は当たり前に老いてゆき、病にかかり、数多の愛する人達と別れ、死んでゆく。
もう二度と来ない今日、もう二度と来ないこの一瞬。
そう感じることのできないだけで、瞬間瞬間、僕達は生まれて死んでいるのだ。
だからこそ、どんな状況に置かれているにしても今この瞬間を愛さねばならない。
今はまだ動かすことの出来るこの体と、今はまだ共に過ごすことのできる愛する人たちがいるのだから。

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう
🍀

更新情報をお届けします

スポンサーリンク

関連記事

  1. お店紹介

    二年越しの長崎ランタンフェスティバル

    ふと、長崎ランタンフェスティバルに行きたくなって、Googleで検索す…

  2. 日記

    生きることはそれ自体、すべてが仕事なのかも知れない。

    最近は仕事が面白くなってきた。やっぱりふと考えてみたときに、い…

  3. 日記

    もくもく会を終えて

    今日は、しょうしょう緊張しつつも、まちに待ったもくもく会でした。…

  4. 日記

    とつぜん尖った奥歯に脅かされた日常。己の舌のダイナミックさを知る34の冬

    先日ブラックベリーの種を噛んでいたら、突然奥歯に稲妻が落ちたような痛み…

  5. レビュー

    全てのものは無言のメッセージを発している。情報過多の時代の僕らの生き方。

    先日、友人のHideさんから本を贈ってもらいました。ぼくたちに…

  6. イベント

    実はもくもく会は、いまでも毎月欠かさず開催されているんだよ

    最近ぜんぜん書いてないですが、相変わらずもくもく会の活動は続いているん…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

スポンサーリンク

  1. コミック

    何かを追究している人が見るべき良作。東村アキコ氏著「かくかくしかじか」を読んで
  2. 日記

    海、耳抜きの実際が分かった34歳の夏
  3. 日記

    懐かしさのかおり
  4. 日記

    誤解を恐れずにいえば、私はもう頑張る事をやめようとおもった話
  5. 人間関係

    人に話す事は自分にいい聞かせる事だと思う
PAGE TOP