お店紹介

E・アーキテクト様の施工事例写真を撮影してきました

先日、佐世保市は赤崎町にある株式会社E・アーキテクト様から新築のお家の写真撮影をご依頼いただき、撮ってきました。

株式会社E・アーキテクト様のウェブサイトはこちら

・・・ 

家の写真を撮るのって、結構難しい部類だと思います。
とにかく常にパースを意識しながら撮影しないと、なかなか気持ちのいい写真にならないのが構造物の撮影です。
垂直にする部分、水平にする部分をまず決めて、画面を構成する技術ですね。

・・・

新築の香り、僕は好きです。
うちの実家も建ったときは新築だったのですが、もう22年以上前の話です。
現代建築は進んでいるものだと思わずにはいられませんでした。

そんな事を思いながら、写真を撮影してきました。

E・アーキテクト様設計の邸宅写真1軒め

こちらのお家は、3月から人が住み始められるということでバリバリの新築でした。

大きな窓をあしらったリビング。超明るい

リビングからの眺め

爽やかすぎるベランダ

吹き抜けになった玄関

どうやら電子施錠が可能な玄関。こういうの個人的に憧れます

浴槽の横に窓があるっていいな

シンプルな外装は現代を感じます

抜群の眺望
夜景と合わせて撮りたいレベル

この家、なんといってもこの眺望が素晴らしいなあと感じました。
僕もいつか家を建てる時は、海の見える丘の上に建てたいなあと思っている。
家の中も細部までこだわりを感じる作りとなっていました。
建てた人、早く住みたいだろうなあ。

E・アーキテクト様設計の邸宅写真2軒め

2軒めは既に人が住んでいるお家でした。
じつは、こちらの家のご主人は僕の昔からの先輩なのです。
昔から男気のあるかっこいい先輩だったのですが、今はお父さんとして奮闘されており、ときの流れを感じます。

とても静かそうな所に経っていました。

採光性はんぱなさそう

きりん発見です

キュートでポップなお家

家主さんのこだわりを感じますね

和室の間もありました。僕もかつてはフローリングがあればいいと思っていましたが、歳とともに畳も恋しいきょうこのごろ

ライトの位置がいい

ドラマチック吹き抜けからの景色

ご主人はサーファー

新築の家の、真白なキャンバスのような新鮮さも魅力ですが、やはり家は人が住んでこそという気がしますね。
こんな「早く家に帰りたくなるような家」があるというのは、家族にとってとても良いものだろうな、と感じました。

自分のお家を建てたいとお考えの方は、佐世保市の設計事務所「E・アーキテクト」様のウェブサイトを覗いてみてください。
対話を重ねながら、理想の家造りを手伝ってくださることだろうと思います。

本日もG線上のきりんにおこしいただきありがとうございます。

僕はこれまで、持ち家がほしいと思ったことがなかったんですが、少しだけ考えが変わった一日でした。

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう
🍀

更新情報をお届けします

関連記事

  1. 白黒写真をはじめたいと想います

    世の中見渡してみるともう本当にすごい写真ばかりで。すごいカメラ…

  2. お店紹介

    佐世保産のはちみつが美味しかった。長崎花蜜の話

    僕の中でいま、はちみつが小さなブームになっている。人生で二度目の出来事…

  3. スポット

    佐賀の九年庵に紅葉狩り、心の旅へ

    お店のイベントが重なり、昨日まで3週間以上休みなしで働いていた師匠と一…

  4. 写真

    佐世保市コミュニティセンターで開催されたのど自慢大会に行ってきました。暗い場所で良い写真を撮るコツ

    普段お世話になっている方が出場されるとのお知らせを受けたので、先日、佐…

  5. スポット

    【写真】長崎まで孔子廟に行ってきました。そして帰りに外海へ。

    今日は長崎の孔子廟まで撮影に行ってきました。天気もよくて絶好のドラ…

  6. ニュース

    生後まもなくのねこ画像。このこたちの里親募集中です。

    ぼくのともだちにねこ大好き人間がいるのですが、その彼の飼ねこが子供を産…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

スポンサーリンク

  1. コンピューター

    これからプログラミングの学習を始める初心者に送る、偉大なプログラマーの格言
  2. 人間関係

    僕の周りの立派な人がやっている、信用を得る方法
  3. こころ

    この心の底から湧きいでる、人に好かれたいという気持ち
  4. サイト紹介

    世界遺産に登録間近!長崎の教会群、旧外海町の出津教会の写真ほか
  5. コンピューター

    僕がテレビのレコーダーにナスネを選んだ理由
PAGE TOP