日記

「若いね」って言われても微妙なきもちになってきたこと

あまり自覚はないのですが、僕は一般的な33歳よりも、雰囲気が若いらしいです。

初めて会った人には、わりと「若く見えますね」と言われます。

30歳くらいまでは「ああ、おれはまだ若いのだ」とその言葉に安心したりしていた節もありました。

しかし最近になっても言われるこの「若い」という言葉。

おそらく、そう言ってくださる人たちに他意はなく、単純に「若々しいですね」という社交辞令ていどのことなんでしょう。

でも、最近はそれを受け止めるときに複雑な心境になります。

若いって言われて、嬉しくなくなりつつあるんですよね。

というのも、そろそろ自分も中年にさしかかる中で、自分自身の「若さ」について特に価値を見いだせなくなってきはじめました。

若さというと、考えなしに突っ込んで行って、傷つきながらもそこから何かを持ち帰ってくるようなエネルギーだと思います。

でも僕はもう、そういうことあんまりしたくないし、そういうのが向いているとも思えないんです。

もう若くない自分は、勝つべくして勝つし、成功させるべくして成功させないといけない。

やってみました、ダメでした。経験になりました。

単にそれだけじゃ、もう済まされない。

みじめな思いをしたくないという以上に、余計な時間を使いたくないという気持ちです。

人生を積み上げていく段階に入ったのだなと感じています。

すこし寂しい気持ちもありますが、現実的なおはなしです。

もてる手札の中から、可能性を比較してきっていく。

そういう遊びかたができるようになってきたのが楽しいなあと思う最近です。

歳をとるといろんなものが俯瞰的に見えるようになってきます。

ぼくくらいの年頃は、ちょっとずつ見えはじめてきて、でも見えきっていないという一番おもしろいところなんじゃないでしょうか。

見えすぎちゃっても、面白みにかけますからね。

本日もG線上のきりんにおこしいただきありがとうございます。

young-man-standing-on-fence-with-bush-and-mountains-in-background

まあ若さと引き換えにして視界を手に入れているだけで、当然ながらどちらが良いというものではなく、単にタイミングのはなしです。

そして別に歳とって見られたいってワケでもない、出来れば若々しくありたい、複雑なおっさんのこころ。

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう
🍀

更新情報をお届けします

関連記事

  1. 日記

    「日々を大切に生きる」の具体的なこと

    このブログの読者の人たちは何歳くらいの人たちなのか。アクセ…

  2. 日記

    悲しみにむせび泣き!かじりついたあのベッドの香り

    「生きるとは苦しみである」こう語ったのはお釈迦さまであるが、お…

  3. 日記

    歳を重ねるごとに、自分にうそをつくのが難しくなってきたこと

    最近、自分の好きなこと、嫌いなことについてよく考えるようになった。…

  4. ニュース

    配偶者控除の廃止に想う常識の移り変わり

    配偶者控除が見直されるらしいですね。そもそも配偶者控除ってなんでし…

  5. 日記

    ぼくの、年々減り続けているプライドについて

    ぼくは、つくづく周りの人たちに助けられているなあと、おもう。あ…

  6. 健康

    夏に海で頭が痛くなる理由はこれだったのか。ビールによる脱水症に気をつけましょう。

    本日、金重島という佐世保市大潟町の沖にある無人島に遊びに行ってきました…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

スポンサーリンク

  1. 日記

    440Hzとは別の可能性。A(ラ)の音の違いで変わる音楽の聞こえ方
  2. コンピューター

    ディストピアを食い止める意思を。コンピューターの発展の先にある未来の話
  3. グルメ

    コスパ最高の70%カカオが香るチョコレート「スペリオールエクアトゥール」
  4. スポット

    【写真大量】佐世保市の軍港クルーズに行ってきました
  5. 文章テクニック

    ブログを書くときに使っている、人に伝わりやすい文章を書くためのテクニック
PAGE TOP