日記

大人になるということ。その過程で得るもの、失うもの。

社会人の人なら、同じミスを2回犯してはいけないという話を聞いたことがある人は多いと思う。

僕もかつてはその意見に賛成だった。

一度犯したミスは、対策を立てれば、2度と起きる事はないと。

でも最近、僕はこの考え方がつまらないものだなと感じてしまうようになった。

僕らは毎日なにかしらのミスをする。

毎日なにかしらのミスをして、そのミスを二度と犯してはいけないとすれば、やれる事は毎日減っていく事になってしまう。

僕らは毎日、ミスを犯す自由を奪われていく。

大人になる事の息苦しさなんていうものがあるとすれば、こういう所なのではないかとおもう。

こんな事をいうと、多分、ちゃんとした大人の人から「お前は甘ちゃんだ」とか言われたり思われたりするのだろうとおもう。

でも、人間に完璧なんてありえない。だったら機械化すればいい。いや、機械にすら完璧はありえない。

その証拠に、現代最高の間違いを起こさないシステムであったはずの原発が爆発してしまったんだ。

ミスを起こしてしまった時、ある人は「あなたが気を緩めていたのが悪い」と言うだろう。

でも僕は、ミスをした人の事を責める気になれないんだ。

たぶん、ミスを起こそうと思って起こす人はそういない。

みんな、その人なりの本気を出した上での結果だとおもう。

ある人は言うかも知れない「いや、そんなんじゃまだまだ本気とは言えない」

そういう人は、かつて自分がミスを犯した時、その事についてひどく責められた経験のある人なんだろうとおもう。

100%を達成すれば次は110%を、120%をと高くなり続ける要求は資本主義の原理で、誰かの犠牲を求め続ける。

僕は、出来れば全部が正解の世界になればいいなと夢想する。

そしてそんなものが無いことはわかりきってる、でも。

それに近い様な事を、頭の中で実現することはできる様な気がする。

いっそミスをした自分、怒られる自分、怒る他人を楽しむ他ないのかなと。

自分が世界に影響した事で起こった波紋の様なものを感じるというか。

まあ、我ながら不謹慎な話をしているものだという自覚はあるんだけれども。

人事を尽くせばあとは、天命を待つだけ。

人事と天命の割合は、9:1なのか、1:9なのか、それを知る術は僕らに持たされていない。

本日もG線上のきりんにおこしいただきありがとうございます。

8151075041_cafabea205_z

確実にミスの起こるこの世の中、人の生き死にに関わる仕事をしている人は偉大だとおもう。

あるいはみんな、人の生き死にに関わっているんだけどね。

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう
🍀

更新情報をお届けします

関連記事

  1. 日記

    もくもく会を終えて

    今日は、しょうしょう緊張しつつも、まちに待ったもくもく会でした。…

  2. プロジェクト

    2018年にやったこと、2019年にやりたいこと

    新年明けましておめでとうございます!今年もどうぞよろしくお願いします…

  3. Linux

    僕がWindowsではなく、Linuxを使う3つの理由

    以前にも書きました通り、僕はパソコンが大好きです。…

  4. 日記

    例えばあなたが署名を求められたとき、無意識の中で起こる「知っておくべきこと」

    人間の意識というのは顕在意識と潜在意識に分けられているといいます。…

  5. 日記

    全体は細部を、細部は全体をあらわす。美しさと強さについて。

    先日、僕のFacebookフィードにあがってきたリンクに興味を惹かれま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

スポンサーリンク

  1. 日記

    原発再稼働?廃炉?伊方原発再稼働に思うこと
  2. レビュー

    もっと早く買えばよかった。お掃除ロボットの素晴らしさに感動した
  3. コミック

    (親孝行も親不孝も)世のマザコンの皆さんにおすすめしたいと思った漫画
  4. 写真

    佐世保市コミュニティセンターで開催されたのど自慢大会に行ってきました。暗い場所で…
  5. コンピューター

    稀代の妙問「モンティ・ホール問題」をコンピューターでシミュレートしてみた
PAGE TOP