日記

多分全部がちょうどいい。「焦らない力」について

歳を取るごとに日々が味わい深いものに変わっているのを感じる。

若いころは、今まさに自分が体験している時間が貴重なものだという事に気づくことができなかった。

自分はずっと若いと思っていて、歳を取った後の事はなんとなくでしか想像できていなかった。

でも結局どうにか健康なまま32歳まで生きてみると、やっぱり歳は取るものですねえ。と感じる。

歳を取って、何が一番変わったかと聞かれれば、僕の場合は、ちょっとは余裕が持てるようになったことかと思う。

余裕と一口で言ってもいろんな余裕があると思うのだけど、別に実際がどうだから、とか言うのはあんまり関係ないのだ。

ただ、これまで生きてこられたという事がなんとなくの余裕につながる。

最悪な事が起こったとしても、どうせ長くは続かないという事を僕は経験として知ることができた。

こう考えると僕は、余裕が出来たというよりも、「焦らない力(りょく)」を獲得したと言ったほうがいいかも知れない。

そこそこのサイズの川をラッコのようにプカプカとずーっと流されていて、ときどき近くに綺麗なものが流れてくるけれども、見えた時にジタバタして近づこうとしても、大抵は川の流れには逆らえないのだ。

それを手に入れられるかどうかは、ほとんど運の様なものだと思う。でも、運を引き寄せるような事もあるのだろうなあと思う。

まあ、今までを振り返って見ると、本当になんとかなるものだと。

今年8月で33歳の僕は今、35歳の僕くらいまでは想像できるけれども、50歳の僕を想像できない。

でもその時は多分、健康でさえあれば約17年後にはしっかりやってきてしまうのだ。

え、50歳まであと17年しかないんですか?(笑)

うーん。驚きでありました。

本日もG線上のきりんにおこしいただきありがとうございます。

最近は素敵なものを見たり感じたりすると「この景色を後何度、見たり感じたりすることができるのだろうか」と悲しくもないのに涙目になってしまう事があります。

嬉し泣きに近いんですかね。

autumn-landscape-nature-golden-september-river

それではまた♪

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう
🍀

更新情報をお届けします

関連記事

  1. 日記

    僕が読み終わった本を無償で誰かに送ってあげる企画を通して感じた事

    一時期電子音楽にハマっていたが、最近はまた人の手による演奏のゆらぎに身…

  2. 日記

    幸せになる事をやめた時、幸せは始まる。

    怒るというのは大変なエネルギーを使う。別にそれはいいのだが、感…

  3. 日記

    焦らず一歩一歩を踏みしめながら大切な物を拾ってゆく2016年にしたい。

    昨日の夜は佐賀から友達が遊びに来てくれたので、一晩中酒を飲み交わしまし…

  4. 日記

    悲しみにむせび泣き!かじりついたあのベッドの香り

    「生きるとは苦しみである」こう語ったのはお釈迦さまであるが、お…

  5. プロジェクト

    2018年にやったこと、2019年にやりたいこと

    新年明けましておめでとうございます!今年もどうぞよろしくお願いします…

  6. 人間関係

    悲しい先入観はもたない。

    人との付き合いの中で、誰かのうわさ話を聞いてしまう事はよくあること…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

スポンサーリンク

  1. こころ

    慣れること、飽きること、僕らはいつも新しいこと
  2. 日記

    ぼくが20歳頃にであった不思議な体験
  3. 日記

    効率的な筋トレとダイエットの話
  4. お金

    ある動物の考える投資の結論
  5. スポット

    【写真】ハウステンボスでの撮影「白羊」と「黒羊」その2
PAGE TOP