日記

全体は細部を、細部は全体をあらわす。美しさと強さについて。

先日、僕のFacebookフィードにあがってきたリンクに興味を惹かれました。

【謎の快感】う、美しすぎる……素晴らしきケーブルの芸術

リンク先には、きれいにまとめられたケーブルの画像がたくさん掲載されています。

enhanced-buzz-15012-1453219391-7

僕はこういう物をみると、なんだか喜びを感じてしまいます。

美しいものは強い、強いものは美しい

以前、友人のお店の中に、スケートボードで遊ぶ為に使う「ランプ」という地形的な建造物を設置した時の事です。

ランプ参考画像

ランプ参考画像

骨組みは金属で頑丈に出来ているのですが、スケートボードに乗っている人が実際に体重をかける場所は、その骨組みにそって固定された、ベニヤ板を曲げて作った面でした。

金属の骨組みといえど、骨と骨の間には隙間があるので、そこにスケートボードの車輪が強く衝撃を加えると、よく割れてしまったものでした。

無題の図形描画-2

それで割れる度に、ベニヤ板も安いものではありませんから(一枚800円くらいだったと記憶しています)、お金がかかってしまうわけです。

しかし当時はとにかく割れた所を修復すればいいという考えでした。

割れる度にそこを後ろからネジ止めして押さえつけたり、すると別の場所が割れたりと、つぎはぎだらけで運用していました。

でもあまりにしょっちゅう割れるものでしたから、最後は割れた部分を避けて乗るというような遊びかたになったのを覚えています。

根本的な改善をしたときに現れた美しさ

あるとき、そんな状況を終わりにしようと、ランプの大改装が行われました。

これまで割れやすかった箇所を参考にして、金属の骨組みを利用しつつ、木枠を使って補強したのです。

出来上がった、ベニヤ板を支えるための木枠は幾何学的(きかがくてき)に組み上がり、見た目にも、とても美しく仕上がりました。

それを目にした時、なにか直感的に「もう大丈夫だ」という気がしたものです。

その枠の作り方が確立して以後、ベニヤ板の面が派手に壊れる事はなくなりました。

強い構造は自然と美しくなる事

「強い構造は自然と美しくなる事」

僕は、この事の最たるものが戦闘機のカタチだと思います。

14729414099_de0252af24_z

その用途こそ賞賛すべきものではないですが、このカタチに込められた意思は語らずとも伝わってくるものがあります。

神は細部に宿る

「神は細部に宿る」という言葉がありますが、これは「細部まで心を込める事」という意味です。

上に掲載した美しくまとめられたケーブルも、実際のところは別に、適当に繋がれていたとしても、とりあえずはちゃんと動くことでしょう。

しかし完璧に束ねられる事によって、よりトラブルに強くメンテナンスも容易なものになります。

そして何より賞賛すべきは、あのケーブル郡を面倒臭がらずまとめ上げ、確固たるシステムを作り上げたエンジニアの美意識だと思うのです。

美しいという事はそれだけで一つの、不朽の価値を提供するものだと思います。

この美意識というのは、そのままプロ意識と言っても差し支えがないようにも思えます。

本日もG線上のきりんにおこしいただきありがとうございます。
14910785913_c65b140d26_c

美しくまとめられたケーブルを見た時の感動は、美しく構築されたソフトウェア・プログラムを見た時の感動によく似ています。

真のプロフェッショナルが携わる仕事はいつも美しい。

そして美しいものを美しいと感じる心が、実は一番美しいものだったりするんですよね。

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう
🍀

更新情報をお届けします

スポンサーリンク

関連記事

  1. 日記

    上手くやる必要はないから、とにかく表現を重ねて行くことが重要。公開が恐ろしいものであればあるほど、い…

    ぼちぼち始めて3ヶ月くらいになるこのブログですが、たまに「書くことない…

  2. スポーツ

    僕が写真を始めた理由、これから撮りたいもの、情熱の在処

    今夜もチルアウト僕は当時、スケートボードに夢中…

  3. コンピューター

    ブログを始めたい人に今おすすめのブログシステム。ブログを書くという事の可能性。

    最近、僕がブログを書き始めたことで、ブログを書くという事に興味をもって…

  4. 日記

    440Hzとは別の可能性。A(ラ)の音の違いで変わる音楽の聞こえ方

    A=432Hzが心地よいという説について先日ギターのチューニン…

  5. 日記

    クルマのない日常

    今日はたっぷり時間をかけて部屋のそうじができました。部屋のそう…

  6. 人間関係

    人は褒めて伸ばすべきか、叱って正すべきか。それを知るための一つの事実

    わたしには子供がいませんが、いつか子供が出来たとき、ほめて育てるべきか…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

スポンサーリンク

  1. 写真

    初売り掘り出しツアーに行ってきましたヨ。新年の福岡中心街の写真
  2. 日記

    giraffeong.comは1歳になりました
  3. レビュー

    Tevaのサンダルを使ってみた感想!おすすめできない2つの理由
  4. レビュー

    本を集中して読むために使えるテクニック
  5. スポット

    【写真】ハウステンボスでの撮影「白羊」と「黒羊」その1
PAGE TOP