写真

私920の撮影した写真を、見やすく掲載する為のサイトを立ち上げました。

写真ポートフォリオ用のサイトを立ち上げました

これまでどおり、ブログで写真を紹介するスタイルも悪くなかったんですが、写真だけを集中して、まとめて見てもらえるサイトが欲しいなあと思ってつくりました。

920’s Portfolio

数えていないので正確ではないんですが、現時点でおよそ80枚くらいの写真をアップしていると思います。

かなり昔の写真なんかもあり、今見てみるともう少し上手く撮れたなっていう写真もあるんですが、全ては通過点に過ぎない事だし、納得行く写真が撮れるの待ってたら寿命で死ぬし、と思って全部載せしました。

いつも最新の作品を見てもらいたいなあと言う気持ちから、基本的にユーザーインターフェース(サイト内の目的の場所にすぐに行けるような仕組み)は、あえて雑にしてあって、最新の奴を見るのは簡単だけど、古い写真程見るのに苦労する仕組みにしています。

色をもうちょっとどうにかしようかなとか考えているんですが、一度盛大にデザインをぶち壊してしまってから、気持ちが萎えてしまいひとまずこの状態でリリースする事にしました。

出来ればパソコンで見ていただきたいサイトです。

「今日のわらしべの気持ち」を追加しました。

パソコンで見ると画面の右横に、モバイルで見ると本文記事の下の辺りに出てくるようになっていると思います。

範囲を選択_036

わらしべプロジェクト、満を持して(?)初めてみた訳ですが、いかんせん葉っぱの魅力に誰も気がついてくれていないようなので、その日その日のワラシベの気持ちを私が代弁して掲載していこうと思います。

シンプルに、露出が足りないのかなと。

今日も撮影したんですが、かなりいい感じに、練れた魅力が増しているような気がしました。

という事で、引き続きこのワラシベを交換してくれる御仁を探しております!

どなたか、この素敵なワラシベと何かを交換したいと思う方がいらっしゃれば、どうぞお気軽にお声かけください。

本当によろしくお願いします。

わらしべ長者伝説を現代に再現したい。プロジェクトWARASHIBE 始めます。

読んで面白かった本あげますプロジェクトで、一冊本が出ました。

東京の学生さんがJavaScript The Good Partsが欲しいとのコンタクトを取ってきてくれましたので近くお送りしようと思います。

さすが、ウェブ上だとプログラム系の書籍が最初にお嫁に行ってしまうわけですね。

という事で当該の本はリスト上から消させてもらいました。

本を送れる事にウキウキしています。
素晴らしい学びを得ていただきたいと思います。

それではまた。

 

この記事がおもしろかったら
ポチリと押してみるボタン

更新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. エッセイ

    自分の記憶を外部に持つという発想。日記のすゝめ。

    いいなと思った事はとりあえずやってみようと思っていて、日記をはじめまし…

  2. エッセイ

    小さな頃から世話になっているスゴイおじちゃんの夢

    そのおじちゃんは僕と直接血がつながっているのではないが、僕が物心つくこ…

  3. お店紹介

    【写真】マイナス10度のフラワーアイスカフェに行ってきましたinハウステンボス

    最後に行ったのはHISの運営にかわる前、3年以上前だったかと思います。…

  4. エッセイ

    極薄の今の今の今の瞬間を感じること。瞑想のテクニック

    瞑想やってみたさいきん、少々変な話なのですが、風呂に入るときに…

  5. 西の果てで夕日を浴び放題浴びてきました。長崎県西海市外海町の写真

    先日、年の暮れだし親孝行でもやるかと思い立ちまして。近くに住む両親…

  6. エッセイ

    人はなぜ眠るのか。30代になってから変わった睡眠に対しての意識

    最近はJazzが熱くてですね〜。ということでイカした1トラック、Ac…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

フェイスブックページ

最近の記事

  1. エッセイ

    本当の意味でのプラスって存在するんだろうか。人間の価値は加減するような性質ではな…
  2. コンピューター

    PCを持ち歩いたり、整理整頓が好きな人にぴったりのバックパック
  3. コミック

    世の男たちは猛男を見習うべし!映画化された「俺物語!!」の原作コミックが愛おしす…
  4. エッセイ

    スマートフォンの手帳型カバーの功罪
  5. エッセイ

    僕が読み終わった本を無償で誰かに送ってあげる企画を通して感じた事
PAGE TOP