Riversidewangのひとびと

先日、Riversidewangというチームの撮影をさせていただきました。

Riversidewangはラップを得意とする人々の集まりで、最近は服飾ブランドとして全国に向けて、その独特のセンスを武器としたアイテムをリリースしているようです。

その中心的人物のジェシーとは旧知の仲で、僕が以前スタジオをさせてもらっていた頃、ラッパーとしての彼のアーティスト写真を撮影させてもらった事のある縁もあり、今回も撮らせてもらえる事になりました。

かつてスタジオで撮影したジェシーのアーティスト写真

かつてスタジオで撮影したジェシーのアーティスト写真

久しぶりに会った彼は、少し、いい意味で変わっていたように感じました。

でも、相変わらずなやんちゃさも残していて、それが懐かしくも感じました。

ニミッツパークの木の下で

ニミッツパークの木の下で

ジェシー

ジェシー

いっきゅうさん

いっきゅうさん

シューシュー

シューシュー

DJユーキ

DJユーキ

みんなでパールシーへ向かう

みんなでパールシーへ向かう

熊Thugさん

熊Thugさん

久しぶりの仲間たちとの再会に穏やかな時が流れる

久しぶりの仲間たちとの再会に穏やかな時が流れる

IMG_2760-Edit

鹿子前にある、ジェシーの特別な場所にて

鹿子前にある、ジェシーの特別な場所にて

IMG_2857-Edit

忘れてはならないのが、彼らの仲間の一人である、「田中達也(MOJA)」氏の存在。

彼は今、単身沖縄の石垣島に移り住み、そこで店をやって暮らしている。

地元を離れてしまった彼だが、冷めやらぬラップへの情熱を作品にして先日Youtube上でリリースしていた。

ここまでやるなんて大したものだという、感嘆とともに笑いが漏れました。

僕は彼の事を応援しています。


いくつになっても地元と仲間を大切にしている彼らの間に流れている空気はとても優しかった。

なにかの志をもてるという事は、素晴らしい事だと思う。

彼らは主にツイッター上で発信していて、最近はコアなファンがつき始めているようで、これからが楽しみだなあと思っています。

リバーサイドワン(@riversidewang)さん | Twitter

本日もG線上のきりんにおこしいただきありがとうございます。

「仲間との休日」の様な写真は初めて撮らせてもらいましたが、普段は彼らと一緒にいる事のない僕がレンズを向けても、暖かく受け入れてくれた事に感謝しています。

今から10年、20年の時が経ったあとに、彼らにとって「この写真懐かしいな〜」と笑いながら見返してもらえるような写真が撮れたとすれば、この上ない幸せですね。

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう
🍀

更新情報をお届けします

スポンサーリンク

関連記事

  1. 石橋建設有限会社さんの撮影をさせていただきました。

    先日、先輩から「新しくホームページを製作中の、会社の写真を撮影できるか…

  2. 写真

    2016年のヨサコイはーとらんどが始まりました〜の写真

    今日は友だちの家でこのブログを書いています。というのも友達が人から…

  3. スポット

    久々の土日スケート at 武雄白岩スケートパーク

    土曜日、想像以上に早く仕事が終わったことと、ものすごく良い天気だったの…

  4. 写真

    「誰かのため」と言うことが最高?私はあえて「自分のため」と言いたい。

    文章を書いていると、色んな人を思い出します。色んな人が私の心の中に…

  5. レビュー

    DJ10-46プロデュース、ラッパー「ホロンバイム」による「ローカリスト」

    僕の同級生である彼の名前は「(10-46)トシロー」僕の20代はス…

  6. 冬の早朝の国見峠、朝焼けキレイだけど寒すぎっす。国見湖畔公園でモデルさんの撮影写真と撮影テクニックの…

    スタジオ時代から懇意にしていただいている坂本さんと、国見峠の頂上付近に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

スポンサーリンク

  1. こころ

    ほんとうに必要なものは、少ししかないから。ぼくはモノを捨てまくる。
  2. レビュー

    限りなく無音に近い世界から放たれる音。音質と電池持ち良すぎなSONY WALKM…
  3. レビュー

    僕が戦争映画を見る理由。「FURY」を見た感想
  4. 写真

    友達の息子【写真】
  5. レビュー

    相手のわかりやすい言葉で語るという事
PAGE TOP