Riversidewangのひとびと

先日、Riversidewangというチームの撮影をさせていただきました。

Riversidewangはラップを得意とする人々の集まりで、最近は服飾ブランドとして全国に向けて、その独特のセンスを武器としたアイテムをリリースしているようです。

その中心的人物のジェシーとは旧知の仲で、僕が以前スタジオをさせてもらっていた頃、ラッパーとしての彼のアーティスト写真を撮影させてもらった事のある縁もあり、今回も撮らせてもらえる事になりました。

かつてスタジオで撮影したジェシーのアーティスト写真

かつてスタジオで撮影したジェシーのアーティスト写真

久しぶりに会った彼は、少し、いい意味で変わっていたように感じました。

でも、相変わらずなやんちゃさも残していて、それが懐かしくも感じました。

ニミッツパークの木の下で

ニミッツパークの木の下で

ジェシー

ジェシー

いっきゅうさん

いっきゅうさん

シューシュー

シューシュー

DJユーキ

DJユーキ

みんなでパールシーへ向かう

みんなでパールシーへ向かう

熊Thugさん

熊Thugさん

久しぶりの仲間たちとの再会に穏やかな時が流れる

久しぶりの仲間たちとの再会に穏やかな時が流れる

IMG_2760-Edit

鹿子前にある、ジェシーの特別な場所にて

鹿子前にある、ジェシーの特別な場所にて

IMG_2857-Edit

忘れてはならないのが、彼らの仲間の一人である、「田中達也(MOJA)」氏の存在。

彼は今、単身沖縄の石垣島に移り住み、そこで店をやって暮らしている。

地元を離れてしまった彼だが、冷めやらぬラップへの情熱を作品にして先日Youtube上でリリースしていた。

ここまでやるなんて大したものだという、感嘆とともに笑いが漏れました。

僕は彼の事を応援しています。


いくつになっても地元と仲間を大切にしている彼らの間に流れている空気はとても優しかった。

なにかの志をもてるという事は、素晴らしい事だと思う。

彼らは主にツイッター上で発信していて、最近はコアなファンがつき始めているようで、これからが楽しみだなあと思っています。

リバーサイドワン(@riversidewang)さん | Twitter

本日もG線上のきりんにおこしいただきありがとうございます。

「仲間との休日」の様な写真は初めて撮らせてもらいましたが、普段は彼らと一緒にいる事のない僕がレンズを向けても、暖かく受け入れてくれた事に感謝しています。

今から10年、20年の時が経ったあとに、彼らにとって「この写真懐かしいな〜」と笑いながら見返してもらえるような写真が撮れたとすれば、この上ない幸せですね。

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう
🍀

更新情報をお届けします

関連記事

  1. こころ

    あなたの生きているその瞬間に、花を添えたいんだよ

    今見てるぼくの景色は、他人の目を通してみるとまったく別の景色に写るもの…

  2. 祝させぼ通信1周年。なぜ山頂の野良猫に餌を与えてはいけないのか

    させぼの出来事を市民のみなさんにお届けするウェブメディア「させぼ通信」…

  3. レビュー

    DJ10-46プロデュース、ラッパー「ホロンバイム」による「ローカリスト」

    僕の同級生である彼の名前は「(10-46)トシロー」僕の20代はス…

  4. ニュース

    生後まもなくのねこ画像。このこたちの里親募集中です。

    ぼくのともだちにねこ大好き人間がいるのですが、その彼の飼ねこが子供を産…

  5. 動画

    佐世保のスケートパークで動画撮影してきました

    ずっと自分の中の撮影欲圧が高まるのを待っていた…!動画を撮影す…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

スポンサーリンク

  1. お店紹介

    【写真】美容室NUTSのオヘルさんと過ごした夜
  2. 日記

    僕が読み終わった本を無償で誰かに送ってあげる企画を通して感じた事
  3. お金

    コンテンツ制作に携わる人々のブルース。次回のもくもく会で話したいコト
  4. 日記

    何歳から子供にスマホを与えようと思っていますか。私の考える携帯通信端末との付き合…
  5. 日記

    無計画広島旅行記 原爆ドーム編
PAGE TOP